ホームページ作成時に参考にしたい Web サイトの種類 50 選


Web サイトの種類を紹介する見出し画像

ホームページ作成と一口に言っても、サイトの種類はさまざまです。


そこで今回は、目的や用途に合ったホームページ作成に向けて 「Web サイトのアイデア 50 選」を紹介します。


本格的なビジネスサイトの構築、個人のポートフォリオ作成、自分の知識を共有するブログサイトの開設など、豊富な Web サイトの種類からあなたにぴったりのインスピレーションを探してみましょう。



01. e ラーニングサイト


得意とする分野や専門的な知識とそれに関連する経験やアドバイスがある場合、 e ラーニングサイトの作成がおすすめです。学術系のオンラインコースから生活シーンで実用化できるラーニングコースまで、関連トピックをシリーズ形式にした動画をサイトに掲載します。いくつかの動画は無料で公開し、より長編で深い内容のコンテンツは有料化するなど工夫を凝らして視聴者の興味をそそりましょう。このようなチュートリアル動画はオンラインで収益化するために効果的です。本格的なオンライン教育向けサイトテンプレートの中から好みのデザインを選んで、e ラーニングサイトを作成してみましょう。


e ラーニングサイト向けの事例


02. EC サイト


「ハンドメイド作品を販売したい」「特定の消費者に向けたこの商品を販売したい」など販売主として事業を始めたい方は、ネットショップを開設してビジネスチャンスを広げましょう。チェックアウト機能や決済機能といったオンライン販売に必須の機能を追加して、本格的な EC サイトを作成します。サイトのデザインアイデアを探すには、豊富な種類のネットショップテンプレートが参考になります。



03. ブログサイト


ブログはウェブサイトの一部としてあらゆる種類のサイトで重要な役目を果たしますが、コンテンツ投稿を中心とする独立型のブログサイトも多く存在します。ブログサイトは趣味やビジネス知識、家族や生活習慣など多種多様なトピックをブログにできます。ある分野に精通した魅力的な文章が書ける場合は、有益かつ質の高いコンテンツで差別化をはかりブログをマネタイズして、ライターとして生計を立てることができるかもしれません。


ブログサイト向けの事例


04. ハウツーサイト


ある特定の分野に関する内容を掘り下げてノウハウや知識をハウツー記事として発信するサイトです。多くの読者にとって有益だと考えられるテーマを選んでサイトの訪問者数を伸ばしていきましょう。ハウツー動画、インフォグラフィック、電子書籍、ブログ記事など、さまざまなコンテンツ形式を活用することができます。



05. インフルエンサーサイト

あなたが SNS インフルエンサーとして活躍しているのであれば、SNS とは別に個人のホームページを持つことでさらにオンラインでの存在感を高めることができます。個人サイトは、SNS との架け橋です。サイトにあなたの Instagram、Facebook 、YouTube 、Twitter などの SNS アカウントをリンクして、 一方 SNS アカウントにサイトの URL を記載すれば SNS とサイト間でシームレスに遷移できます。また、自分の個性を表現したり自分自身についてより詳しく紹介することで、ファンがあなたのことを更に知ることができる絶好の場となります。



06. 非営利団体サイト


チャリティや非営利団体を運営している場合は、団体のホームページを開設してその大義についての認知度向上、ボランティアの採用、寄付の受け付けなどを行うことができます。専任の Web デザイナーがいなくても、非営利団体向けのテンプレートから好みのデザインを選んで編集しサイトの作成を始めることができます。



07. ファッションサイト


モデルやファッションデザイナーに限らず、ファッションが趣味という方はファッションサイトを開設して自身のスタイルや作品を披露することができます。ファッション写真やモデルのポートフォリオなど自分流のスタイルをアピールできる画像素材を上手く使ってユーザーを魅了しましょう。また、紹介アイテムを購入できる場所やスタイリングのコツなどサイト訪問者の興味をそそる情報を併せて発信するのもおすすめです。まずはファッション・スタイルテンプレートから気に入るデザインを見つけてカスタマイズを始めましょう。



08. ビューティサイト


コスメに興味がある方なら、メイクアップからスキンケアやヘアスタイルまで美容に関する情報発信を専門とするサイト開設がおすすめ。豊富な画像に加え、あなたが YouTube、Vimeo、その他プラットフォームにアップロードしたチュートリアル動画をサイトからでも視聴できるようにすることも可能です。サイト作成のインスピレーションをかき立てるスタイリッシュなデザインアイデアが詰まったメイク・化粧品テンプレートを参考にしてみてください。



09. ファイナンスサイト


節約術や経済的なライフスタイルに関するサイトの人気が近年高まっています。ファイナンスに精通している方なら、ブログ記事、動画チュートリアル、電子書籍などの様々なコンテンツ形式を駆使してサイトを作成し、マネーに強くなるための戦略をユーザーに届けましょう。また、大学生や起業家といった特定のオーディエンスに向けた金銭管理のアドバイスなど、斬新な見解を発信し続けて自分の得意分野における競争性を維持しましょう。



10. フィットネスサイト


パーソナルトレーナー、フィットネスジム、ヨガスタジオ等のビジネスをお持ちの方は、フィットネス専門のサイトを開設しましょう。自身の専門分野をアピールできるだけでなく、見込み顧客を引きつけてビジネスの成長につなげることができます。優れたフィットネスサイトには通常、トレーニングレッスンの動画や、専門的なアドバイスを交えたブログ記事、クラスのオンライン予約システムが含まれています。ビジネスサイトを持つことでフィットネスビジネスに伴う予約やスケジュールの管理、クライアントとのコミュニケーション、支払いの受け付けなどの業務を効率的に完結でき、本来注力すべきコア業務により多くの時間を注げるようになります。


フィットネスサイト向けの事例


11. レビューサイト


あるアイテムや商品のレビューを専門とするサイトです。IT ガジェットや映画、ペットのおもちゃなど、興味のあるものを批評して消費者の参考になるサイトを作りましょう。商品そのものを販売しなくても、戦略的にマーケティング施策を練ることでサイトから収益を得ることができます。



12. カウンセリングサイト


カウンセラーやセラピストの方向けのビジネスサイトです。サイトで自分の専門知識を紹介できるほか、潜在的な顧客があなたを Web 上で見つけるためにも役立ちます。予約機能を追加すれば、クライアントは簡単に予約ができるようになり、サイト運営者はスケジュール管理を効率的に行うことができます。カウンセリングは顧客ひとりひとりと向き合う極めて個人的なサービスであるため、カウンセリングを利用した方の感想や体験談をサイトに載せ、見込みクライアントに信頼と信用を与える工夫も施すと良いでしょう。



13. 自己啓発サイト


自己改善、マインドフルネス、自信の構築など、自己啓発に関するテーマに着目したサイトです。この種のサイトは主に、何らかの成果に繋がる手引きや提案を綴るブログ記事で構成されています。モチベーションアップのためのヒントから、充実感や幸福感を得るための実践的なアドバイスまでさまざまなトピックを取り上げて発信することができます。



14. ポートフォリオサイト


アーティスト、フォトグラファー、ファッションモデル、デザイナーなど、視覚的な作品づくりに携わる職業の方はポートフォリオサイトの開設がおすすめです。オンラインポートフォリオを持つことで、サイトを通じてビジネス機会へ繋げることができるほか、自身のファン層の構築も期待できます。ポートフォリオを作成する際は、Instagram フィードをサイトに埋め込んで日頃の投稿をサイトで表示することもできます。また、Instagram アカウントのプロフィールには Web サイトのリンクの追加も忘れずに。



15. 履歴書サイト


履歴書(レジュメ)サイトは、これまでの経験を披露する場です。あなたのプロフィールと職務経歴、仕事内容を大衆に伝えるための「名刺」のようなものと捉えると良いでしょう。サイトを通じて将来的なビジネスパートナーや雇用主に信頼性を与えることもできます。分野を問わずプロとして活躍するためにはぜひ持っておきたいサイトです。履歴書テンプレートのデザインを参考に、履歴書サイトの構成を考えてみましょう。


履歴書サイト向けの事例



16. 栄養関連サイト


プロの栄養士の方や食生活の改善を推進したい方は、栄養・健康に関するアドバイスやコツを発信する専用サイトの開設を検討してみてはいかがでしょうか。ライフスタイルで気をつけるべきポイントから簡単なヘルシーレシピまで、健康維持や栄養管理に関連するあらゆるトピックをブログで発信しましょう。また、ポッドキャストや Vlog (動画ブログ)を通じて情報を届ける手段も考慮すると良いでしょう。



17. 音楽サイト


音楽業界で活躍したい・しているアーティストやミュージシャンにおすすめしたいのが音楽サイトです。自分の楽曲をオンラインで宣伝したり、新しいファンの獲得に役立てたりするだけでなく、ライブ活動を行う際にポートフォリオとしても有効活用できます。豊富に揃った音楽サイトテンプレートから好みのデザインを選んでカスタマイズしてみましょう。Wix ミュージックを追加すれば、サイトにオリジナルのプレイリストを統合することもできます。



18. 写真サイト


写真ポートフォリオサイトの作成も良いアイデアです。都市写真や風景写真から、ブライダル写真まであなたが専門に撮影する写真を掲載するポートフォリオサイトを作成。どのようなカテゴリーでも、あなたの傑作作品をホームページのメインとして中央に配置し、ビジュアル要素を主軸に置いたデザインに仕上げるのが鉄則です。また、画質とサイズを最大限に活かし、ページ数を最小限に抑える写真サイトがトレンドです。



19. ウェディングサイト


あなた自身や身近な人が結婚式を控えている場合、その特別な日に向けたウェディングサイトを作成してみてはいかがでしょうか。ウェディングサイトがあれば結婚式のスケジュール管理、出席確認、場所や日程などの詳細情報を手軽に共有できるので便利です。結婚式が終わった後も、オンラインフォトアルバムとして活用して、思い出をいつでも見返すことができたり、参列者へリンク 1 つで写真共有ができたりとみんなが楽しむことができます。まずは結婚式テンプレートを参考にして、デザインのイメージを固めていきましょう。



20. イベントサイト


会社のミートアップ、音楽フェス、会員制パーティーなどのイベントを企画中という方にはイベントサイトの作成がおすすめです。Wix イベントを使用すればイベントカレンダーの管理、イベント詳細の告知、チケットの販売などすべて 1 つのプラットフォームで行うことができます。こちらのイベントテンプレートを参考に、デザインのアイデアを考えてみましょう。


イベントサイト向けの事例


21. アーティストサイト


画家、イラストレーター、彫刻家など、アートを生業にしている方にとって自身の作品を披露するためのハブは欠かせません。あなたの作品に焦点を当てたビジュアル重視のサイトを意識して作成に取りかかり、個性が秀でるウェブデザイン要素を取り入れたサイトに仕上げましょう。第一線で活躍する話題のクリエイターが作成したポートフォリオサイトからデザインのアイデアが得られるかもしれません。



22. 詩人・文筆家サイト


詩やエッセイ、小説など、文章を書くのが好きな方は Web の活用を検討してみてはどうでしょうか。Web サイト上で自身の作品を公開することで、あなたの言葉をより多くの人に届けて、読者を魅了する機会を高めることができます。執筆した文章にオリジナルのイラストや画像を組み合わせて視覚的に楽しめるデザインに仕上げるのもひとつのアイデアです。



23. 法律事務所サイト


法律事務所を運営しているのであれば、迷わずウェブサイトを開設すべきです。ウェブサイトはあなたの専門分野において信頼と信用を構築するための重要なツールです。法律サイト向けのテンプレートを利用すれば、美しいデザインの本格的なビジネスサイトを短時間で作成することができます。



24. 飲食店サイト


飲食店オーナーにとってお店のホームページを持つことは、美味しい料理と快適な空間を提供するのと同じくらい重要な要素です。食欲をかき立てる絶品フード写真やメニュー、お店の場所や連絡先、または開業時のストーリーなども一緒に掲載してお客様を引きつけましょう。また、オンライン予約や注文システムの導入も検討し機能的なサイトに仕上げることも意識すると尚良いでしょう。



25. フードサイト


飲食店オーナーやプロのシェフでなくても、料理やグルメが好きという方も多いはず。そのような場合は、フードブログを開設して独自レシピを公開したり、探求した食べ物の食レポをシェアするなど、食に特化したサイトの作成ができます。フードサイトには、今にも食べたくなってしまうような読者を魅了するフード写真が欠かせません。


フードサイト向けの事例


26. 瞑想サイト


瞑想サイトを作成して、心の平穏を得るためのコツをシェアしましょう。マインドフルネスの実践法やモチベーションを上げる言葉などブログで発信するのも効果的です。読者が増えたら、自身の瞑想クラスを開き、対面または非対面でレッスン指導を行うのも良いでしょう。



27. ビジネスサイト


業界や職種に問わず、すべてのビジネスは強固なビジネスサイトが不可欠です。あなたがビジネス運営者であれば、自社ブランドのイメージを反映した適切なコンテンツとそれに見合う視覚的要素でサイトを構築しましょう。まずはプロのデザイナーによるビジネステンプレートを参考にして、ブランドの価値観に合うものを探してみましょう。



28. デジタルマーケティングサイト


デジタルマーケティングを意識したブログは近年人気を博しています。この流れに乗ってサイトを開設してみてはいかがでしょうか。SEO やコンテンツマーケティング、SNS マーケティングなど、読者のオンラインプレゼンスの向上に役立つさまざまなマーケティング戦略を発信しましょう。ブログが軌道に乗ったらポッドキャストや動画ブログ、またはメルマガ配信と組み合わせるのも策です。


デジタルマーケティングサイト向けサイト


29. 起業家ブログ


あなたがビジネスオーナーやコンサルタントといった確立した事業を持っている場合、ブログを中心に起業家向けのコンテンツサイトを開設し知識を共有しましょう。デジタルマーケティングサイトと同様に、この種のブログでは他のビジネスオーナーや将来有望な起業家に役立つ豊富な情報の発信が目的です。起業家になるためにはどうすべきか、作業効率をアップするためにはどの時間管理アプリがおすすめかなど、個々の成長に向けたお役立ちヒントを中心に執筆するのがコツです。



30. リーダーシップサイト


起業家ブログとリーダーシップブログはよく似ていますが、ひとつ決定的な違いがあります。起業家ブログはビジネスオーナーや起業家に特化したものですが、リーダーシップブログはビジネスから NGO、行動主義(アクティビズム)まで、あらゆる分野のリーダーを対象とします。リーダーシップブログをはじめる場合は、インスピレーションをかき立てるトーンで明確かつ実行可能なアドバイスを発信するよう心がけましょう。ブログトピックのアイデアとして、「チームのモチベーションを高めるコツ」のようにリーダーに不可欠な教えを伝授、または、やる気スイッチが入るようなポッドキャストの配信も効果を期待できるかもしれません。



31. フリーランスサイト


フリーランスとして活動している方は、クライアントを獲得するために自分を売り込む個人サイトが欠かせません。サイトにあなたの専門性や過去に手がけたプロジェクトについて掲載しアピールします。また、LinkedIn、Twitter、その他の SNS から Web サイトへのリンクを張り、サイトにはソーシャルバーを追加して相互リンクを設定しておきましょう。



32. 診断サイト


気軽なエンタメサイトを開設するなら質問形式の診断サイト。特に、若いオーディエンスには性格診断サイトが人気です。サイトのコンテンツを充実させるために、ユーザーに独自の質問の作成と投稿を募るのも良いでしょう。



33. ユーモアサイト


極めてシリアスなテーマを扱うホームページがある反面で、シンプルに笑いを狙うサイトがあっても良いのでは?純粋にユーモアやエンターテインメントを追求するサイトの作成ができます。思わず笑ってしまう GIF やミーム、ツイートなどをテーマごとにまとめて掲載。業界や専門領域にかかわらず、面白いことが好きな人なら誰でも挑戦できるサイトの種類です。



34. 統計サイト


独自の調査に基づく統計データを発信するサイト。単調なサイトのように聞こえますが、統計サイトはさまざまなコンテンツフォーマットを利用できるまたとない場です。インフォグラフィックやチャートを含むブログ記事の作成に注力しましょう。これらの情報はライターやブロガーにとって価値が非常に高いため、トラフィックの促進が期待できます。信頼性を維持するために調査をしっかり行い、情報の出典を正確に記すことが重要です。



35. 名言集サイト


歴史上の人物や文学、科学、エンターテインメント関連の名言を集めたサイトです。良質な格言が詰まったサイトはブロガー、インフルエンサー、SNS マーケターにとっての貴重なリソースとなります。ユーザーが欲しい情報をすばやく、簡単に見つけられるよう、テーマ別に名言をまとめましょう。



36. ライフハックサイト


作業をより効率化するための新しく、より良い方法を学びたいという人のためのサイトです。生産性向上のためのライフハック、時短レシピを紹介する料理ハック、Instagram のスゴ技ライフハックなど種類を問わず SNS でシェアされやすい人気のコンテンツ。コンテンツをもとに気軽さと楽しさを融合したライフハック動画の制作も良いでしょう。



37. ショッピング比較サイト


最近では、多くの消費者は商品を購入する前にインターネットで調べて商品を比較しています。そこで重宝するのが、比較サイト。おすすめ商品やレビュー、商品の長所と短所、実物の写真、購入先へのリンク紹介などユーザーが参考にできる情報で構成されるサイトです。記事を書く前に自分でその商品を試しておくのが理想的です。



38. デザインサイト


ファッションやインテリアデザインなど、自分のデザイン作品を掲載するポートフォリオサイトを作成してオンラインプレゼンスを高めましょう。ブランドテーマと一貫性のあるサイトを作成することで、ブランドの認知度向上にもつながります。ポートフォリオサイトのテンプレートからデザインインスピレーションを探してみましょう。



39. 映画サイト


映画監督や映像プロデューサーが自主制作映画の告知や宣伝に活用できるサイト。お気に入りのクリップをトップページに掲載してサイト訪問者の視線を惹きつけましょう。おすすめの動画編集ツールの利用や映像業界の最新トレンドを把握するなど、動画コンテンツの向上も忘れずに。


映画サイト向けの事例


40. 劇場サイト


劇場やコンサートホール、シアターを運営しているのであれば、劇場用のサイトを作成してみましょう。既存の演劇ファンの関心を引くために役立つだけでなく、公演スケジュールや上演内容をオンラインで公開することで潜在的な観客に足を運んでもらえるチャンスを作ることができます。また、サイトを通じて予約や支払いを受け付けることで、顧客のチケット購入手続きも格段に便利になります。



41. ダンスサイト

ダンススタジオを経営している方やダンサーとして活躍している方はダンス専門のサイトを作成してみてはいかがでしょうか。ダンスレッスンの提供やダンス公演を行っているのであれば、オンラインでレッスンの予約や公演スケジュールを公開したり、チケットを販売したりできます。個人で活動している方は、ダンスオーディションに向けて自身の出演作品や経歴を記載した履歴書サイトとしても役立てることができます。


42. メモリアルサイト


大切な人の一生の思い出を称えるメモリアルサイト。オンラインフォトアルバムとして機能する Web サイトを活用し、懐かしい写真の数々や感動的なエピソードを形として残すことができます。親しい友人や家族が遠方にいてなかなか会えない状況でもサイトを通じて思い出を共有することができます。



43. 町内会コミュニティサイト


町内会や自治体が地域住民に向けて地元のイベント情報など告知事項を伝えるためのサイトです。月間イベントをまとめたイベントカレンダーの掲載や、住民が質問やコメントを投稿できるフォーラムを追加して電子回覧板として活用することができます。また、ブログやメルマガを通じて地域便りや地元の最新ニュースを発信するなどコミュニティを盛り上げるための工夫を施すことができます。



44. 学校・教育サイト


幼稚園、中学校、高校、大学など、学校や教育機関のウェブサイトも多数存在します。在籍学生や保護者向けに、休暇日程やスポーツイベント、文化祭、募金活動といった最新の情報を伝える上で重要な役割を果たします。また、オンライン授業を行っている場合は、クラス専用のサイトを別途作成するのも良いでしょう。教育&レッスンテンプレートを参考に、それぞれ教育機関の特色に適したデザインを考えてみましょう。



45. 動物関連サイト


キュートな動物を集めたサイトは、幅広い世代から愛されることでしょう。犬、猫、ナマケモノ、レッサーパンダなど、可愛い動物たちの写真で訪問者の心を癒す動物専門のサイトを作成するのもアイデアの 1 つです。特定のテーマでサイトを作成したいという場合は、動物保護に目を向けたサイトや、動物の習性や行動などの学びを得ることができる図鑑サイトなども良いでしょう。


動物関連サイト向けの事例


46. スポーツチームの公式サイト


公式サイトの開設は有名スポーツチームだけの特権ではありません。学校内のチームや少年野球チーム、地域のスポーツクラブなど、どのようなスポーツ団体 / チームにとっても意義のあるものとなります。近日開催される試合日程のお知らせや興味のある訪問者の心を掴むため魅力的な写真の掲載など、チームを最大限にアピールしましょう。



47. 観光サイト


ツアーガイドの方におすすめのサイトです。ツアー日程、予約機能、ガイド歴を盛り込んだツアー予約サイトを作成しましょう。Instagram フィードとサイトを同期させて、観光地の写真やツアー参加者の楽しい様子を掲載します。プロの Web デザイナーが作成した旅行&観光テンプレートをチェックして、サイト作成のインスピレーションを引き出しましょう。



48. 旅行サイト


これまでに訪れた旅先の思い出をサイトに記録しましょう。旅行先の写真はもちろん、その体験を綴ったブログを執筆して、家族や友人にあなたの旅の思い出をシェアすることができます。また、トラベルブロガーとして世界中を旅しながら旅の体験を発信し、サイトをマネタイズできる可能性もあります。



49. 不動産サイト


不動産エージェントにもウェブサイトが必要不可欠です。こちらの不動産テンプレートから好みのものを選び、ニーズに応じて簡単にカスタマイズすることができます。各物件の紹介ページには魅力的な写真を添付して、新規クライアントを惹きつけましょう。



50. 個人サイト


これまであらゆる種類の Web サイトアイデアを紹介しましたが、最後に、誰にでも当てはまるのがこの個人サイトです。趣味や職業、目標に関わらず、個人サイトの開設はすべての人にとって大きなメリットとなります。自分自身のストーリーや最近取り組んでいるプロジェクトの紹介、手作りの工芸品やグッズの販売、ビジネスにおける専門知識の共有、または単にオンラインプレゼンスを構築したいというだけでも Web サイトは大いに活用できます。


個人サイト向けの事例


次のステップ


50 種類の Web サイトのアイデアからあなたが作成したいサイトは見つかりましたか?答えが「はい」なら、さっそくそのビジョンを実現するために行動に移しましょう。


まずは、プロのデザイナーによる豊富なアイデアが詰まったホームページテンプレートをチェック。作成するサイトの種類に関わらず、どのテンプレートも自分好みにカスタマイズすることができます。また、ドメイン名の選定、適切なカラースキームの設定、ブランドロゴの作成など、細部に至るまで漏れのないように作業することが大切です。


Web サイトを作成する醍醐味は、作成できる種類がもはや無限大にあることです。この記事を読んでアイデアとインスピレーションを得たら、それを具体的にするためウェブサイトに落とし込んでいきましょう。



ライター: Wix Team

ja03.png