飲食店ホームページの作り方:美味しさが伝わるサイトの制作ガイド


飲食店ホームページの制作


飲食店を評価するポイントは「美味しい料理」だけではないはずです。思わずよだれが出そうなインパクトある盛り付けや、細やかな接客、店内の完璧な雰囲気など、優れた飲食店に必要な要素はたくさんあることでしょう。


レストラン経営の中でも、特に意識しておいていただきたいのが飲食店ホームページの作成です。本格的なホームページを作成して強力なオンラインプレゼンスを確立することで、レストランのマーケティング活動を強化できます。ホームページがあれば、ネット上で座席予約や料理の注文を受け付けることができますし、あなたのお店を気に入った顧客が SNS でサイトをシェアしてくれるかもしれません。


Wix なら、コーディングやデザインの専門知識がなくても、プロ仕様のレストランホームページが簡単に作成できます。


そこでこの記事では、ナチョスとワカモレが人気のメキシコ料理専門店、朝食のトーストと抹茶ラテが看板メニューのカフェなど、あらゆる種類の飲食店で使えるホームページを作成するための手順を詳しくご紹介します。以下のステップを参考にして、思い描いたアイデアをさっそく形にしてみましょう。



飲食店のホームページ制作の手順


目次

  1. インスピレーションとアイデアを集める

  2. 作成するコンテンツの構想を練る

  3. おいしそうな外観のテンプレートを選ぶ

  4. サイトをブランド仕様にカスタマイズする

  5. モバイルサイトを調整する

  6. SEO 対策を行う

  7. 周りの人に意見を求める

  8. サイトを公開して拡散する

おいしそうなレストランサイト事例 4 選



01. インスピレーションとアイデアを集める


まずは、作りたいサイトのアイデア収集から始めましょう。インスピレーションやアイデアは、厨房にいなくても得ることができます。空き時間を活用して Web デザインの最新トレンドに目を通し、気に入った飲食店のホームページを閲覧してみましょう。特に、近くにあるお店や、同じようなスタイルの店舗のサイトをチェックしてみてください。また、飲食店向けのホームページテンプレートも参考にして、あなたのお店の雰囲気をどう表現できるかをイメージしてみましょう。


飲食店のホームページやテンプレートを見ながら、なぜ魅力的なのか、どうすればもっと良くできるかを考えてみてください。事前にさまざまな情報を吸収しておけば、自店舗のホームページ作成にも生かすことができます。その上で、サイトの画面いっぱいに写真を表示させるのか、店舗のロゴのみを表示するか、サイト内を移動できるようにナビゲーションメニューを設置するのか、それとも縦長の1ページ構成にして訪問者にスクロールしてもらうのかなど、自分のサイトで試してみたいアイデアを書き出します。アイデアが固まってきたら、それをもとにサイトの構成を考えましょう。



飲食店用ホームページのテンプレート


02. 作成するコンテンツの構想を練る


新しいレシピを開発する時は、まずどの材料を使うかをざっくり考える必要がありますよね。「料理は材料があってこそ」というのは Web デザインでも同じです。実際にエディタを開く前に、まずはホームページに含めるページやセクションを決めておく必要があります。この段階で、訪問者に提供したい情報(営業時間、フォトギャラリーなど)と、ホームページ上で最終的に行ってほしいアクション(席の予約など)をざっと考えましょう。


飲食店ホームページを作成する際におすすめのページとしては、以下のようなものがあります。まず始めてみたいという方は、以下のリストを参考にしてみてください。もちろん、店舗の特性に合わせて新しいページを追加したり、不要なページを削除してご自身のビジネスに最適なサイトを作成することができます。


トップページ:サイトの入り口となるトップページは、第一印象を左右する重要なセクションです。このセクションには訪問者にすぐに伝えたい最も簡潔な情報のみを記載し、すっきりとした見やすいレイアウトでまとめましょう。レストラン名(ビジネス名)は目立つように配置し、その後に短いキャッチフレーズを追加して提供しているサービスを説明します。最後に目を引くビジュアルを1~2枚追加して、訪問者を惹きつける魅力的なデザインに仕上げましょう。


メニュー:料理は飲食店ビジネスの本質であり、やはりホームページ上でも目立たせたいものです。訪問者の食欲を刺激する美味しそうなメニューと、価格やおすすめなどの情報を掲載しましょう。Wix Restaurant Menu アプリを追加すれば、PC でもモバイルでも見栄えが良く、SEO にも強いメニューを簡単に作成することができます。メニューの価格を決めたら料理の写真を追加し、メニューをセクションごとに分割するなどして、顧客がパッと見てわかりやすいようにレイアウトを工夫しましょう。



ホームページに載っているメニューの例


ギャラリー:顧客はあなたの店を訪れる前に、まずその雰囲気を「目で」味わいます。美味しそうな料理の写真はもちろん、きれいに整った店内や、普段は見られない厨房内の様子まで、美しい写真であなたの店舗をアピールしましょう。さまざまなレイアウトから選べる Wix プロギャラリーは、PC とモバイルの両方で高画質の写真を表示するのに最適なオプションです。飲食店公式の Instagram アカウントを持っている場合は、Instagram フィードをサイトに連携して、SNS を更新する度にサイトにも最新の画像を表示させることができます。

予約:顧客にホームページを訪問してもらうなら、そこから座席の予約ができるのがベストです。どんなビジネスであっても、通りがかりの来店や電話予約だけに限るのは効率が良いとは言えず、潜在的な可能性を掴むことも難しいものです。Wix Reservations をサイトに追加すれば、時間、曜日、来店人数を選択してもらった上で座席予約を受け付けることができます。予約が確定したら、確認メールとテキストメッセージが自動送信されます。オンラインですべての予約を管理し、顧客情報を収集できるのでビジネスの効率化に役立ちます。手数料は一切かかりません。


wix レストランの予約アプリ


デリバリー注文:テイクアウトやデリバリーに対応している店舗であれば、ホームページの開設はさらに多くの顧客にアプローチするための絶好のチャンスです。Wix レストラン ネット注文を使用してユーザーフレンドリーで分かりやすい注文画面を作成し、顧客がデリバリーメニューから直接好きな料理を選択できるようにしましょう。あらゆるデバイスから使用でき、オンライン決済、割り勘、事前注文なども可能です。手数料は完全無料のため、使い方はあなた次第。配達エリアの設定、注文の受信通知、アプリでの注文受付・管理など、さまざまな機能が揃っています。

お問い合わせ:サイトを見た顧客が「食べたい」と思ったらすぐに情報を閲覧できるよう、店舗の連絡先を目立つ位置に追加しておきましょう。連絡先をすべて記載したページやセクションを別途作成し、営業時間、住所、電話番号、メールアドレス、SNS アカウントへのリンクなどを記載します。また、お問い合わせフォームやニュースレターの購読フォームなどがあればそれも追加しておきましょう。

お問い合わせページを作成するだけでなく、重要な連絡先情報をページのフッター(サイト上のすべてのページに表示)に記載し、どのページからも便利にアクセスできるようにします。フッターにも同様に、営業時間、電話番号、住所、SNS リンクなどを追加すると良いでしょう。

概要:「会社概要」や「これまでの歩み」ページを作成して、店舗のユニークな点を紹介しましょう。ビジネスを始めるきっかけとなったストーリー、専門分野、ミッション、価値観などについて説明します。また、チームメンバーやスタッフの写真と、それぞれのバックグラウンドを掲載するのも良いでしょう。あなたの店舗とそこで働く人々、お店を始めた思いをサイト訪問者に伝え、実際に来店する前から親しみを感じてもらいましょう。

お客様の声:これはオプションですが、ある顧客が「これまでで一番美味しい衝撃のマカロン」としてあなたの商品を絶賛していたり、雑誌などに店舗の優れたサービスを称賛するレビューが掲載されていたりする場合は、ぜひサイトに追加しましょう。このような第三者レビューの掲載は、無料であなたのビジネスを宣伝するまたとないチャンスです。顧客は公平な目線で書かれるレビューを信頼性の高い情報源として見ているため、高評価のレビューをサイトに追加することで店舗のイメージがぐっと上がります。また、レビューをした人の名前や雑誌・メディア名などを添えることでさらに信頼度が高まります。


03. おいしそうな外観のテンプレートを選ぶ

食欲を刺激するデザインのホームページを作成するために、Web デザインのスキルを学ぶ必要はありません。デザイナーが手がけた Wix の飲食店&グルメホームページテンプレートの中から、あなたのビジネスやニーズに合ったもの、また好みのデザインを探してみましょう。どのテンプレートもカスタマイズが可能なため、そのまま使うのはもちろん、自分のアイデアを色々と試すためのキャンバスとしても活用できます。テンプレートを少し手直しするのも良し、本格的にリニューアルするも良し、豊富に揃ったデザインテンプレートを活用して店舗独自のサイトを作成しましょう。


04. サイトをブランド仕様にカスタマイズする

次のステップは、サイトにあなたのレストランのブランド要素を反映させることです。飲食店を開業するにあたって、ナプキンやテイクアウト用の紙バッグはブランドカラーで揃える、本日のおすすめメニューは黒板にチョークで手書きするなど、きっとさまざまなこだわりがあったことでしょう。このような店舗のブランディング方針やビジュアル要素をホームページのデザインに落とし込むために、押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

ロゴを追加する:サイトのブランディングの第1ステップは、ブランドロゴを追加することです。ロゴがあれば、ホームページがあなたの店舗のものであることが顧客にはっきりと伝わります。表示面積としては小さいですが、そのブランディング効果は絶大です。まだロゴをお持ちでない場合は、Wix ロゴメーカーで簡単に作成できます。また、ロゴに続いてファビコン(ブラウザの上部に表示される小さなアイコン)も追加しましょう。同じロゴの小さなバージョンや、ロゴの一部(イニシャルのみなど)で構いません。

キーとなるビジュアルランゲージ(視覚要素)を定義する:ブランディングは、ホームページ上のすべてのパーツに対して行う必要があります。つまり、同じビジュアルランゲージの範囲内でまとまっている必要があるということです。そのために、あらかじめ使用するカラーパレットとフォントの数を決めておきましょう。メインカラーを1色、アクセントカラーを2〜3色に絞り、統一感を持たせます。また、同じく重要なのは店舗のイメージを反映する適切な色を選ぶことです。たとえば、オーガニックコーヒーのお店なら、健康的でフレッシュな印象を与えるグリーンやニュートラルカラー、ピザ専門店の場合は赤や黄色などより温かみのある色調を選ぶと良いでしょう。

この考え方は、ホームページで使用するフォントにも当てはまります。使用するフォントは多くても3種類ほどに留めるのが鉄則です。1つはタイトルやヘッダーで使用するプライマリーフォント、もう1つは本文(文章の大部分とすべての段落)で使用するセカンダリーフォント、そしてオプションとして、サブヘッダー、ボタン、ナビゲーションメニューなど、限られた部分のみで使用する3つ目のアクセントフォントを選びます。

ドメインを取得する:ドメイン名とは、ja.wix.com のような、あなたのホームページのアドレスのことです。ドメイン名には店舗の名前と、できれば業務に関連するキーワード(提供する料理の種類や地域の名前など)を含めると良いでしょう。詳しくは、ホームページに適切なドメイン名の選び方ガイドをご覧ください。

飲食店ホームページのブランディング


05. モバイルサイトを調整する

最近ではスマートフォンからインターネットを閲覧する人が急増しています。外出先からでも(または、リビングのソファに寝そべって贅沢な料理をデリバリーしたいときなど?)手軽にサイトにアクセスできるよう、スマホ最適化は今や不可欠な要素となってきました。Wix で制作したすべてのサイトは自動的にモバイル版に変換されますが、公開前にモバイルサイトのレイアウトを確認し、適宜変更を加えておきましょう。

モバイルで理想的なユーザーエクスペリエンスを提供するための鍵は、コンテンツとナビゲーションをできる限りシンプルにすることです。余分なコンテンツを省き、必要最低限のものだけに絞り込むことで、モバイルの小さな画面でも快適なブラウジングを実現できます。フォントサイズ、色などもスマホで読みやすいよう調整しましょう。

メニュー、注文、予約アプリなど、Wix Restaurants の機能はすべてモバイル用に最適化されているため、どのデバイスからでも簡単にビジネスを展開することができます。


飲食店のモバイルサイト

06. SEO 対策を行う


ホームページの見た目がどれだけ素晴らしく、使いやすいものであっても、顧客を呼び込むためには検索結果で上位表示されるための対策が必要です。サイトの SEO(検索エンジン最適化)対策を行っておくことで、誰かがあなたのようなビジネスを Web で検索したときに検索結果にあなたのサイトが表示される可能性が高まります。

Wix SEO Wiz は、ニーズに応じてパーソナライズされた SEO 戦略を作成してくれる便利なツールです。手順に沿って設定していくだけで、サイトの検索キーワード選定や、画像への代替テキスト(alt 属性)追加などのプロセスを簡単に行うことができます。SEO に関する詳しい情報は、Google 上位表示のための対策ガイドをご覧ください。

飲食店の場合は、特におすすめしたいのがローカル SEO です。今いる場所の近くのコーヒーショップ、人気のアイス店など、外出先でこの後行く場所を決めるのに Google 検索に頼る人は多いのではないでしょうか?自身の店舗を Google マイビジネスに登録し、このようなユーザーニーズに応えられるようにしておきましょう。「東京 アイス」「都内 アイス 人気」などで検索されたときに、潜在顧客に見つけてもらえる可能性が高まります。


07. 周りの人に意見を求める

さて、ここまで来ればホームページはほぼ完成です。最後に、公開前に必要なチェックを行っておきましょう。サイトのプレビューを表示して、リンク切れ、スペルミス、その他のエラーがないかを確認します。その後、サイトを公開し、大々的に周知する前に信頼できる友人数名にリンクを送り、しっかりと内容を確認してもらいましょう。

この段階ではナビゲーションの問題はなかったか、他に間違いはなかったか、など率直な感想を聞くのがポイントです。さらに、座席予約や料理の注文など、オンラインで一通り手続きをしてもらい、すべてがスムーズに、予期した通りに進むかどうかをダブルチェックしてもらうのも良いでしょう。お客様のサイト訪問時に不具合が起きるよりも、気心知れた友人や家族と今の段階でミスを発見しておく方がずっと安心です。


08. サイトを公開して拡散する

飲食店ホームページを無事公開したら、お客様にもそのことを知らせましょう。まず、SNS 投稿でホームページ開設のニュースをシェアします。Instagram アカウントをお持ちの場合は、ブランドイメージを反映した魅力的な画像を作成して顧客を惹きつけましょう。すべての投稿画像に一貫性を持たせるのがポイントです。また、Instagram の自己紹介欄や Facebookのページ情報など、各 SNS チャンネルのプロフィールセクションから店舗ホームページへのリンクも忘れずに。メルマガも活用し、購読者に新しいサイトができたことを周知します。



飲食店のSNS投稿

名刺やデリバリーメニューなど、店舗のブランドアセットにも URL を追加して、オフラインでアピールすることもできます。このほかにも、無料でできるホームページの宣伝ガイドでいくつかのポイントをご紹介しています。

また、サイトを公開した後のメンテナンスにも気を配る必要があります。時々、新しいコンテンツを追加してサイトを更新しましょう。たとえば、秋限定のメニューができたら美味しそうな写真とともにホームページに追加します(時期が終わったら削除することを忘れずに)。

営業時間の変更、新店舗のオープン、その他の最新情報がある場合には、ホームページ上の情報を修正し、常に新しい情報を掲載しておくよう心がけましょう。これからネット予約や注文が殺到することも考えて、そのための体制づくりも考えておくと安心です。本格ホームページを基盤として、店舗のオンラインビジネスを軌道に乗せていきましょう。



おいしそうなレストランサイト 4 選


レストランサイトを作る用意はできましたか?ここでは、Wix ユーザーのおいしそうなレストランサイトを紹介します。ぜひ、Web サイトデザインの参考にしてみてください。


The Pickle Jar >>

The Pickle Jarのホームページ

蕎滋庵 Kyojian >>

蕎滋庵のホームページ

チレス メキシカングリル >>

チレス メキシカングリルのホームページ

ベーカリー・エピドール >>

ベーカリー・エピドール のホームページ

まとめ


いかがでしたか? レストラン経営はただでさえ忙しく、web サイトを構築する時間なんて捻出できない...そうお考えではありませんか? Wix の飲食店向けテンプレートを使用すると、パワフルなレストラン経営ツールがそのまま利用できます。飲食店のホームページを手軽に、コスパ良く作成したいなら、まずは飲食店向けテンプレートをお試しください。


これからはレストランもオンラインで集客する時代です。Webサイトを作成して、より多くの人にお店を知ってもらいましょう。


他にも、Wix のプラットフォームなら様々なビジネスに対応した Webサイトがノーコードで作成できます。飲食店のみならず、ウェブサイト例はこちらの記事からご覧ください。


参考記事:ホームページ作成時に参考にしたい Web サイトの種類 50 選



編集者 Miyuki Shimose

編集者: Miyuki Shimose

ブログ コンテンツマネージャー

ja03.png