SEO 対策とは?定義から実践方法まで 27 個の疑問にお答えします



ホームページブログ記事をオンライン公開した後は、検索エンジンに表示されるか、何位に掲載されるか、とても気になりますよね。Web ページを上位表示させるためには、少なからず SEO の知識が必要です。しかし、巷には SEO に関する情報が溢れ、何が正しい情報なのかわかりにくく、もどかしく感じている方は多いのではないでしょうか。


そこで今回は、SEO 用語の定義から SEO 対策の実践方法に関するものまで、Wix のSEO チームがよくある 27 個の疑問に一問一答形式でお答えします。



目次

  1. SEO 対策とは?

  2. SEO がビジネスに重要と言われる理由は?

  3. SEO と SEM はどう違うの?

  4. Google 検索エンジンはどのような仕組みで動いているの?

  5. 検索結果にページを表示させる方法は?

  6. SEO 対策にはコーディングの知識が必要ですか?

  7. SEO キーワードとは?

  8. 被リンクとは?

  9. 内部リンクとは?

  10. メタタグとは?

  11. 見出しタグとは?

  12. リダイレクトとは?

  13. ローカル SEO とは?

  14. SEO 対策で一番重要なポイントは?

  15. 正しい SEO キーワードを選ぶ方法は?

  16. SEO キーワードはサイトのどこに挿入すべき?

  17. ブログ記事に挿入すべき SEO キーワードの回数は?

  18. ブログ記事の理想的な文字数は?

  19. ブログ記事の理想的な投稿頻度は?

  20. 検索結果にサイトが掲載されるまでにかかる時間は?

  21. 画像の SEO 対策は効果がありますか?

  22. サイトの UX はなぜ SEO に影響するの?

  23. SNS でのシェア数は SEO に影響するの?

  24. サイトのドメイン名は SEO に影響するの?

  25. SEO の成果の計測方法は?

  26. SEO の最新動向のオススメの情報源は?

  27. Wix で作成するウェブサイトは万全な SEO 対策ができますか?



<SEO の基礎>

01. SEO 対策とは?


SEO 対策とは、自身の Web ページを関連する検索ワードで検索結果に上位表示させて、検索者にページを見つけてもらう機会を増やすための施策です。SEO は「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略。検索エンジンで上位表示させるために Web ページを最適化すること、と覚えておくといいでしょう。



02. SEO がビジネスに重要と言われる理由は?


SEO 対策をしっかり行いホームページを上位表示させることができれば、広告費を抑えながら、長期的にオンライン集客ができるからです。一方で検索結果で上位表示をすること自体には経費はかからず、しっかり対策を行えば順位を長期的に維持するこが可能です。一方で、広告を打てばそれなりのアクセス数を集めることができますが、広告予算が底をつくと同時に集客効果は無くなってしまいます。



03. SEO と SEM の違いは?


SEM は「Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)」の略で、検索エンジン上で行うマーケティング活動全般のことを指します。SEO も SEM の中に含まれますが、SEM には検索広告(リスティング広告とも呼ばれ、検索結果にユーザーが検索したキーワードに連動して広告を掲載するもの)も含みます。つまり、SEM は SEO と検索広告の両方を合わせたもの、と覚えておくとよいでしょう。



04. Google 検索エンジンはどのような仕組みで動いているの?


Google は数百種類の独自のアルゴリズムを駆使した複雑な検索プラットフォームですが、簡潔にまとめると、クロール、インデックス、ランキングの 3 ステップで動いています。なお、それぞれのステップは同時に起こるのではなく、それぞれに時差があることに留意しましょう。例えば、サイトのインデックスが完了したのち、実際に検索結果画面に表示されるまでには数日〜数ヶ月かかることがあるので、注意が必要です。


(1)Google クローラーがインターネット上のページをクロール(巡回)する

(2)サイト情報を Google データベースにインデックス(登録)する

(3)サイトのランキング(検索順位)を決定する



05. 検索結果にページを表示させる方法は?


検索結果にサイトが表示されるための前提として、サイトがクロールされ、Google にインデックスされている必要があります。そのためには下記のステップを踏みましょう。


(1)Google サーチコンソール でサイトの所有権を手動で確認する

サイトの所有権を確認する方法はこちらの記事で詳しく解説しています。


(2)サイトマップを提出する

サイトマップとは、サイト全体のページ構成を一覧形式で記述したもので、サイト内のページ同士がどのようにリンクされているかを示します。サイトマップを提出することで、Google クローラーがより早く、効率的にサイト内のページを巡回することができるようになります。Google サーチコンソールでサイトマップを提出する方法はこちらの記事で解説しています。


(3)サイトがインデックスされているか確認する サイトが検索エンジンにインデックス(登録)するには、「site:自分のサイトの URL」というクエリで検索をかけてみましょう。(コロン「:」は半角で、前後にはスペースは無し)。


Wix SEO Wiz なら、手間のかかる上記の (1)、(2) のステップをクリック 1 回で完了させることができます。



06. SEO 対策にはコーディングの知識が必要ですか?


いいえ。SEO で結果を出すためにコーディングのスキルは必須ではありません。今日 Web サイト作成自体にコーディングは必要なくなってきているのと同様に、SEO 対策にコーディングの知識は必要ではなくなってきているのです。もちろん、HTML の基本的な知識は Web ページの構造を理解し SEO に役立てることは可能です。



<SEO 用語の定義>


07. SEO キーワードとは?


SEO キーワードとは、検索エンジン上でユーザーが検索スペースに入力する語句のことです。ビジネスオーナーの観点で SEO キーワードを定義すると、「まだあなたのビジネス名やホームページ URL を知らない潜在顧客が、あなたのサイトを探し当てるのに使う検索語句」のことです。正しい SEO キーワードをサイトのタイトルやコンテンツに含ませることで、当該キーワードで検索が行われた際に、上位表示をさせやすくなります。



08. 被リンクとは?


被リンクとは、外部サイトやページからあなたのサイトへのリンクが貼られることです。被リンクはいわばあなたのサイトに対する「支持票」なので、被リンクが多いほど信頼性と権威が高いサイトとして Google に評価されます。被リンクを獲得するための方法については「Google 検索上位を獲得するための被リンク対策」の記事にて詳しく解説しています。



09. 内部リンクとは?


内部リンクとは、あなたのサイト内でページ同士をつなぐリンクのことです。Google クローラーはリンクを辿って Web ページを巡回することから、Web サイトの内リンクを充実させることで Google クローラーが効率よくサイトを巡回できるようになります。結果としてサイト全体の評価を上げることに効果があります。



10. メタタグとは?


メタタグとは、SEO タイトルと SEO ディスクリプションの両方を総称したもので、 ドメイン名と同様に検索結果に表示されるものです。検索結果画面上でユーザーが一番最初に目にする情報であり、クリック率(CTR)に大いに影響するため、メタタグは慎重に作成しましょう。



11. 見出しタグとは?


見出しタグとは、H1、H2、H3、H4、H5、H6 で表され、Web ページのタイトルと見出しを定義するものです。文章コンテンツの階層構造を整理できるので、ユーザーと Google クローラーの双方にコンテンツをわかりやすく伝えることができるようになります。


H1 はコンテンツのタイトルに設定し、H2 は大見出し、H3 は中見出し、H4 は小見出しに設定します。H1 はページのタイトルなので 1 ページに 1 回のみ設定するのが基本です。H2 以降のタグは必要に応じて何回設定しても構いません。見出しタグは通常 HTML マークアップで記述しますが、Wix ならコーディング作業は省いてクリックのみで設定することができます。



12. リダイレクトとは?


リダイレクトとは、サイトリニューアルなどにより URL が変更された時に、旧 URL から新 URL へ閲覧者を自動的に転送する仕組みです。「301 リダイレクト」と呼もよばれ、この設定をきちんと行えばページの URL が変更されたことを検索エンジンに伝え、旧ページの SEO 評価を新ページに引き継げることがメリットです。



13. ローカル SEO とは?


ローカル SEO とは、地名や駅名を含むキーワードで検索された際に、自社サイトが上位表示されるように SEO 対策を行うことを指します。地域密着型ビジネスや、実店舗を持つビジネスにとってとても重要な SEO 対策です。


ローカル SEO においては、ぜひ Google マイビジネスの設定も併せて行いましょう。Google マップ上にあなたのビジネスを表示させることができ、ローカルパック(検索結果画面の一番上に、検索ワードに関連するビジネスが 3 つ表示されるもの)にも掲載される確率が高まるので、検索画面上での露出度を高めることができます。



<SEO 実践編>


14. SEO 対策で一番重要なポイントは?

Google は 200 以上の評価基準を使って個々のサイトを評価し検索順位を決定していますが、最も重要と言われているのが下記の 3 点です。


(1) 良質なコンテンツ

最新の SEO トレンドでは、Google はサイトを評価する際、コンテンツの質を最重要視しています。あなたのサイト上のコンテンツは良質で、ユーザーにとって読みやすくわかりやすい内容になっていますか? コンテンツは定期的に更新され、常に最新の状態に保たれていますか?モバイル端末でもストレスなく読めるようになっていますか? ユーザーにとって価値がある情報を提供し、利便性の高いコンテンツを作り込むことは、SEO で成果を上げるために最も重要なポイントです。



(2)被リンクの獲得

SEO の世界では、被リンク(外部サイト上にあなたのサイトのリンクが貼られること)はいわば、あなたのサイトに対する「支持票」です。被リンクを多く獲得できるほど検索順位が向上する傾向にあると言われています。ただし、やみくもに被リンクを集めれば良いという訳ではありません。あなたのサイトと関連のあるサイトからの良質なリンクのみが評価されます。現在では無関連なサイトからの大量の被リンクはペナルティの対象になっており、サイトのランキングが落ちる原因となるので要注意です。


(3)テクニカル SEO テクニカル SEO は、サイトをクローラが効率よく巡回できる構造にすることを目的とした SEO 対策です。SEO の手法がユーザーファーストにシフトしているとはいえ、サイトの情報を効率的に Google クローラーに伝えることは、SEO で結果を出すためのに必須です。素晴らしいコンテンツを用意したページでも、クローラが巡回しづらく適正な評価を行えないページは、本来あるべき順位よりも下位に表示されてしまうからです。代表的なテクニカル SEO の手法には、SEO タイトルやディスクリプションの設定、ヘディングタグによる文字コンテンツの階層の整理、などがあります。



15. 正しい SEO キーワードを選ぶ方法は?

正しい SEO キーワードとは潜在顧客があなたのビジネスやサービスをインターネット上で探す際に使う検索語句です。まずは、あなたの潜在顧客が使う可能性の高い語句を考えてみましょう。ここで気をつけたいのは、ビジネスオーナーであるあなたが自分のビジネスを定義する際につかう語句と、お客様が検索でつかう語句は異なることがあると言う点です。SEO キーワードは、あくまでお客様が使う語句をえらぶべき点に注意しましょう。 次に、それらの語句を実際に検索ボックスに入力してみましょう。検索結果にあなたの同業者や競合相手のホームページが表示されていれば、その検索語句はあなたのサイトにとって正しい SEO キーワードと言えます。



16. SEO キーワードはサイトのどこに挿入すべき?

正しい SEO キーワードを選定したら、戦略的にサイト内に散りばめましょう。SEO キーワードの挿入箇所と回数の目安は下記の通りです。なお、SEO を意識するあまりキーワードを詰め込み過ぎてしまうことは逆効果になるので、注意しましょう。


(1)SEO タイトル・・・1 回

(2)ページコンテンツ・・・複数回。ファーストビューには必ず 1 回挿入。

(3)画像の代替テキスト・・・サイトに掲載する画像のうち、数枚は必ずはキーワードと直接関連するものを選び、キーワードを代替テキストに含ませましょう。



17. ブログ記事に挿入すべき SEO キーワードの回数は?

記事内に含めるべきキーワードの回数は、記事トピックやキーワードの競争率により異なるため、一概に言うことができません。ただし、記事タイトルに 1 回、導入部分と第 1 パラグラフも最低 1 回ずつは含めるようにしましょう。ブログ記事に置ける SEO キーワードは、その記事のトピックでもあるので、当該トピックに関する良質な記事を執筆していれば、自然とキーワードの回数はついてくるはずです。また、記事中で同じキーワードを繰り返しすぎていると感じる場合は、いくつかを類義語に置き換えても構いません。Google は類義語や関連トピックを理解できるので、類義語に置き換えても問題はありません。



18. SEO に効果的なブログ記事の文字数は?

Google は記事を評価する際に、長さではなく質を重要視しているため、SEO に効果的なブログ記事の長さというものは定義されていません。適切なブログ記事の長さは、業界やトピック、想定する読者層によって異なります。一方で、ユーザーが求める情報を網羅した良質な記事は必然的に文字数が多い傾向にあることから、文字数の多い記事が上位表示されているという調査結果があるのは事実です。ただし、これはあくまで質の後に文字数がついてきているのであり、長ければ長い程よいという意味ではないことに注意しましょう。SEO に効果的なブログ記事を書くコツは、読者が最後まで読みきってくれるような、充実した内容の記事を執筆することです!

19. ブログ記事の理想的な投稿頻度は?

ブログ記事の投稿頻度は多ければ多いほど良いですが、あなたの読者に価値のあるコンテンツを用意できることが前提です。毎日ブログ投稿する必要はありません。最低月 2 本、質の高いブログ記事を投稿するように努め、余力があれば 1 週間に 1 本のペースを目標としましょう。焦らずに、他業務と両立できて、無理なく続けられる執筆リズムを確立しましょう。



20. 検索結果にサイトが表示されるまでにかかる時間は?

ウェブサイトを公開し、Google クローラーにサイトをクロールされインデックスされても、キーワード検索で検索結果にサイトが掲載されるまでには時間がかかります。検索結果への掲載までにかかる日数は一概に言うことができず、数日〜数ヶ月かかることがあります。業界や狙う SEO キーワードの競争率、サイトコンテンツの質や鮮度、SEO 対策状況などの色々な要因によって異なります。


また、仮に SEO 対策が万全なサイトであっても、公開してすぐに高ランクすることはありえません。Google クローラーがサイトのコンテンツを理解し評価するまでには時間がかかるからです。SEO はよくマラソンレースに例えられます。短距離走のように一度全速力で走ったら終わり、というものではありません。継続してコンテンツを追加したり更新したりしながら、試行錯誤を重ねて上位表示を勝ち取っていくものなのです。



21. 画像の SEO 対策は効果がありますか?

はい。画像の SEO 対策をすることで、画像検索結果に表示させることができるようにり、そこからのトラフィック流入も期待できるからです。画像検索は Google 検索の約 3 割りを占めると言われており、この効果は無視できません。また、画像も含めてきちんと SEO 対策されたサイトは、クローラーが効率よくクロールし内容を理解できるため、より高く評価される傾向にあります。 Google は実際に画像を視覚的に「見る」ことができないので、Google に画像の内容を伝えるにはテキスト化して伝えてあげる必要があります。これの役目を果たすのが「代替テキスト」です。サイト内に挿入している画像、写真、図表などの非テキストコンテンツには全て代替テキストの設定をしましょう。

もっと詳しく知りたい方は「画像と動画の SEO 対策をマスターしよう!代替テキスト設定のコツ」を参考にしてみてください。



22. サイトの UX はなぜ SEO に影響するの?

はい。ユーザーがサイトコンテンツをどのように体験しているかを表す「ユーザーエクスペリエンス(UX)」も Google アルゴリズムの一つです。Google がサイトUXの良し悪しを判断する際には、主に下記の 3 点を基準にしていると言われています。UX を向上させるには、コンテンツの質はもちろん、機能性やナビゲーションのしやすさにも気を使うことが重要です。

(1)サイト滞在時間

(2)サイト内の閲覧ページ数

(3)直帰率(最初にたどり着いたページだけを見てサイトから離脱する割合)



23. SNS でのシェア数は SEO に影響するの?

SNS での Web サイトリンクのシェア数は Google の評価基準ではありませんが、間接的にはSEOに好影響があるのではないかと SEO 業界では議論されています。Google は、たくさんのトラフィック流入があるサイトを「良質なサイト」と認識します。サイトが SNS でシェアされた際に、良質なサイトはシェアが伝播し更なるトラフィックを生むため、シェア数の多いサイトは「トラフィック流入の多いサイト」というシグナルが Google に伝わります。結果として SNS のパフォーマンスが間接的に SEO に影響すると考えられています。



24. サイトのドメイン名は SEO に影響するの?

はい。ドメイン名は Google クローラーがサイトの内容を理解するために手がかりとする要素です。ドメイン名に SEO キーワードが入っていれば、より早く Google クローラーがサイトのトピックを理解できるので、入っていない場合に比べその早く検索順位を上げられる確率が上がるでしょう。よって、新しくサイトを立ち上げる際は、まずはサイトの SEO キーワード選定を行い、ドメイン名に反映させると良いでしょう。



25. SEO の成果の計測方法は?

SEO の成果計測ツールは数多くありますが、まず使い方を覚えたいのが Google サーチコンソールです。Google サーチコンソールは、Google がサイト運営者向けに提供する無料ツールで、狙ったキーワードで何位にランクされているか、どのくらいの集客ができているかを確認することができます。サイトと接続済みの Googleサーチコンソールにログイン後、左メニューから「検索パフォーマンス」をクリックします。「クエリ」のタブで、キーワードごとに検索順位、自然検索でサイトに流入したトラフィック、表示回数、クリック率を確認しましょう。もし狙ったキーワードが上位表示できていなかったら、当該キーワードに関するコンテンツをサイトに追加するなどの対策を講じましょう。



26. SEO の最新動向をチェックするためのオススメのメディアは?

Wix 公式ブログでは SEO に関する最新情報を定期的に更新・発信しています。そのほか、下記のメディアも正確な情報を発信しており、オススメです。


(1)Google ウェブマスター向け公式ブログ

(2)Web 担当者 Forum の Moz - SEO とインバウンドマーケティングの実践情報 (3)海外 SEO 情報ブログ



27. Wix で作成するウェブサイトは万全な SEO 対策ができますか?

はい。Wix エディターは、コーディング作業は一切不要で、新しいページを追加したり、ページコンテンツを更新することができます。Google は定期的に更新される良質なコンテンツを評価して上位表示させるため、ページの追加・更新のしやすさは SEO を考える上で重要です。 また、Wix のオリジナル SEO ツール「Wix SEO Wiz」を使えば、ページごとにテクニカル SEO に必要な項目をチェックリスト形式にまとめて表示するので、初心者でもテクニカル SEO を万全にすることができます。



いかがでしたでしょうか。SEO に関し上記以外の疑問や質問がある場合は、ぜひ下記コメント欄にご記入ください!



ja03.png