top of page

フリーランスのホームページの作り方:案件受注の可能性を広げるための 10 のステップ


フリーランスホームページの作り方

この記事は 2018 年 7 月 17 日に公開、2021 年 6 月 22 日に更新しています。


フリーランスや個人事業主として活動している方は、 口コミや SNS アカウントでの情報発信、クラウドソーシングサイトでの仕事の受注をしている方が多いでしょう。でもさらに案件受注の可能性を広げるために、ご自身のホームページを作ってみませんか?あなたの実績やスキル、成果物を最高の状態で目にしてもらえるホームページは、顧客やクライアントに自分を売り込む営業ツールになります。


この記事でフリーランスのホームページの作り方を 10 のステップに分け、わかりやすく解説していきます。


フリーランス向けホームページの作り方ガイド

10 のステップに沿ってフリーランスホームページサイトを作成してみましょう。


  1. フリーランス向けホームページテンプレートを選ぶ

  2. ドメインを登録する

  3. ブランドを構築する

  4. 必要なページを追加する

  5. デザインパーツを追加する

  6. 適切なビジネスツールを活用する

  7. ブログを開設する

  8. SEO 対策を行う

  9. モバイル向けにサイトを最適化する

  10. サイトを宣伝する

まとめ



01. フリーランス向けホームページテンプレートを選ぶ


まずは、ホームページの作成に入る前に自分の理想的なサイトレイアウトを決めましょう。「サイトで目立たせたい要素は何か」「サイト訪問者が最初 / 最後に目にするコンテンツは何か」「ページ間の導線はどのような設計にするか」など、自分が思い描くサイトのイメージを固めましょう。


ホームページの作成は白紙の状態からはじめることも、あらかじめデザインされているホームページテンプレートを活用することもできます。Wix では各業種向けにデザインされたテンプレートを無料で提供しています。フリーランス向けホームページテンプレートでは、プロのフリーランサーとしての実績やスキルを効果的に魅せたり、個性を存分に発揮できるデザインやコンテンツを網羅したテンプレートが揃っています。あとは、あなたの専門職種に合わせてカスタマイズするだけです。あなたの好みのサイトデザインを見つけたり、デザインのインスピレーションを見つけるために、Wix のホームページテンプレートを参考にしてみましょう。



Wixのフリーランス向けホームページテンプレート一覧


02. ドメインを登録する


次に、あなたのホームページのドメイン名を選びましょう。ドメインは、あなたのビジネス名と業種がわかる語句を含む文字列が理想的です。たとえば、書籍のデザイン会社のサイト「Midnight Whimsy Designs(https://www.midnightwhimsydesigns.com/)」は 屋号名とサービス業種の両方をドメイン名の中に使用しています。独自のブランド名「Midnight Whimsy」を維持しながら、提供するサービスの種類である「デザイン」を連想させる良い例です。このようにしてドメイン名候補をいくつか決めたら、その中でどのドメイン名が利用可能かを確認します。


併せて、Google や SNS、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)などを使い、あなたの選んだ名前が既に商標登録されていないか確認することも大切です。



03. ブランドを構築する


ドメイン名を取得したら、あなたのブランドを作り込んでいく番です。


まずは、オリジナルのブランドロゴを作成しましょう。ロゴはブランドとして確立したいイメージを視覚的に表現するのにもってこいです。


続いてサイトのフォント、カラー、スローガンを決めます。ここでのポイントは、あなたのブランドアイデンティティを明確にし、一貫性をもたらすことです。そうすることで、競合他社との差別化を図ることができ、新規クライアントの目にはあなたのサービスが魅力的に映るでしょう。


上記のようなブランディングの基礎は、あなたの作るホームページや SNS を含むどのプラットフォームに対しても同じことが言えます。すべてのコンテンツは、ブランディングの方向性に沿って統一感を持たせることを意識しましょう。



フリーランスホームページのトップページデザイン


04. 関連ページを作成する


いよいよフリーランスのサイトを構成する中身のページの作成です。サイトに掲載したい情報をすべて洗い出し、戦略的に各ページに振り分けましょう。ページやセクションはいくつでも追加できますが、押さえるべき最も重要なページを下記に紹介します。


トップページ

訪問者が一番最初に目にするページです。美しい背景画像に加えて、なんのビジネスのサイトなのかが分かる説明文も追加しましょう。クライアントがこのページを見てすぐに「あなたが何者なのか、何をしているのか」を理解できることが重要です。テキストや写真、動画などすべての要素を吟味して、第一印象の良いページとすることを意識しましょう。


商品 / サービス

どのような商品やサービスを提供しているのか明確に説明するセクションを作成します。顧客からの注文や電話相談を受け付けたい場合は、ページに注文フォームや予約カレンダーを追加して連絡を募りましょう。


プロジェクト(実績)

これまで手掛けたプロジェクトと取引先の一覧を掲載して、プロとしての実績と仕事のクオリティを強調しましょう。あなたがアーティストやデザイナーであれば、Wix プロギャラリーをサイトに追加して作品を紹介するのも手です。


ネットショップ

あなたのビジネス活動の一環として、オンライン販売できるものがあるのであれば、サイト内にネットショップのページを追加してみましょう。案件の受注の他に、収益を得るための絶好の場となります。Wix アートストアを使えば、フリーランスのグラフィックデザイナー、フォトグラファー、アーティストが自らの作品を手数料無料でデジタル販売できます。


お客様の声(レビュー)

商品やサービスに満足したお客様の体験談は、最も効果的なマーケティング材料のひとつです。体験談を通じて、そのクライアントの友人や SNS のフォロワーにあなたのビジネスについて知ってもらえるチャンスが広がります。顧客にレビューの執筆を依頼して、ポジティブな感想をサイトに掲載しましょう。レビューはビジネスの信頼性を高め、サイトを訪問した潜在的なクライアントにも良い印象をもたらします。


プロフィール / About ページ

訪問者にあなたについて知ってもらうためのページです。「ビジネスについて」「あなたの個性」「仕事をする上でのポリシーや価値観」など自分自身を最大限にアピールしましょう。あなたの人柄をより良く理解してもらうことで、クライアントとの関係を深めることにつながります。


お問い合わせ

あなたに興味を持った訪問者があなたに簡単に問い合わせができるよう、お問い合わせ情報を忘れずに追加しましょう。フッターなど分かりやすい箇所に連絡先を掲載するのも良いですし、問い合わせ専用のページを作成するのも効果的です。後者の場合、お問い合わせフォームとして使える Wix フォームと併せて、あなたのメールアドレス、電話番号、SNS アカウントの情報も記載すると良いでしょう。



05. 洗練されたデザインパーツを追加する


フリーランスのホームページでは、あなたの才能とクリエイティビティを存分に表現し、視覚的にも魅力的なサイトに仕上げることが重要です。サイトをより良く見せるデザイン機能を洗い出し、無理なく取り入れられるものを試してみましょう。


気になるデザインパーツをすべて追加する必要はありません。ホバーエフェクト、カスタムグリッド、パララックス・スクロール、アニメーションなど、自分のサイトにうまくフィットするものを選ぶことが大切です。それぞれのデザイン効果について、サイトをはじめて訪問する人にどう見えるか、それを追加することで何をもたらすか考えてみましょう。



06.適切なビジネスツールを活用する


ビジネスにおいて時間とコストは有限です。顧客とのコミュニケーションから商品のマーケティングまで仕事に関する一連の業務はつきものです。個人で事業を行っている方や、デジタルノマドとしてオフィス以外のさまざまな場所で働く方にとってはこのような側面が課題になる場合もあるでしょう。


そんなときは、作業を簡素化し、業務を効率化するビジネスツールを活用してみましょう。たとえば、Wix チャットを使えば潜在顧客と簡単にやり取りができたり、リアルタイムで問い合わせに対応したりすることができます。この機能を追加するとサイトにチャットボックスが表示され、訪問者があなたにすぐにメッセージを送信できるようになります。



フリーランスホームページのチャットツール

また、スケジュール管理ツールを活用すれば、ホームページを通じてオンライン予約や安全なオンライン決済を受け付けたり、メールを自動送信したりなどビジネスをよりスムーズに遂行できます。


このほかにも Wix アクセス解析のようなツールを使って、サイトのトラフィック測定ができます。アクセス解析を通じてサイトのパフォーマンスを把握し、良い点や改善点を見つけ出し、顧客のニーズに合わせてサイトの現状を調整することができます。



07. ブログを開設する


ブログの開設もまた新規顧客開拓には効果的です。コンテンツ量を増やすことでサイトへのトラフィックを増やしたり、業界での知名度をあげたりといったさまざまなメリットが期待できます。


また、ブログは読者に価値ある情報を無料で提供できるため、見込み客を魅了するためにも役立ちます。ブログ記事を通じてユーザーはあなたのことや、あなたのビジネスを知ってもらえるきっかけとなります。また、ブログにコメント欄を設けることで読者と直接コミュニケーションを取ることもで切るでしょう。



08. SEO 対策を行う


あなたのホームページは、潜在顧客に見つけてもらってこそ価値があるものです。そこで、サイトの SEO 対策が重要となります。クライアントにインターネット上であなたのホームページを見つけてもらえるよう、 Google の検索上位に表示するための対策をする必要があるからです。


ホームページの SEO 対策は、一度行ったら終わりというものではなく、コンテンツを定期的に更新しながら、長期的に行っていく必要があります。まずは、あなたの活動やビジネスを見つけるために、あなたの潜在顧客が検索につかう検索ワードが何であるかを絞り出しましょう。その上で、それらのキーワードを ホームページのコンテンツ内に含めるようにします。


特定の地域を対象に活動しているフリーランサーの場合は、ローカル SEO 対策もかならず行いましょう。まずはホームページにビジネスの所在地を追加し、Google マイビジネスに登録するところから始めるといいでしょう。また、同じ地域のビジネス団体と関係を構築し、そのサイトにあなたのホームページのリンクを張ってもらうことも有効です。こうすることであなたのサイトの検索順位が向上する確率が高まります。



09. スマホ向けにホームページを最適化する


モバイル端末からインターネットを利用する人の割合は Web トラフィック全体の 50 % にものぼります。そのため、作成したホームページが PC だけでなくスマートフォンの小さな画面でも美しく見えるよう配慮する必要があります。


サイトで使用するフォントやカラーにも気を付け、スマホでの視認性・可読性が高いか確認しましょう。モバイル版サイトでは、操作を容易にするために検索バーを設置すると良いでしょう。Wix でホームページを作成するとモバイル版のサイトが自動的に生成され、画像ギャラリーの表示なども見やすく調整されます。



フリーランスホームページのモバイル最適化

上記 9 つのステップを終えたら、サイトを公開しましょう!ただし、ここで終わりではありません。最後にもう 1 つ、重要なステップがあります。



10. 作成したホームページを宣伝する


ホームページの公開後、顧客獲得のためにサイトを宣伝し、フリーランスとしてのあなたを広めていきましょう。あなたの SNS でホームページをシェアし、各 SNS アカウントのプロフィール欄にもホームページのリンクを追加します。また、ホームページの URL が入った名刺を作成したり、メールの署名にホームページ URL を入れたり、既存クライアントに連絡する際についでに告知したりするのも良いでしょう。



まとめ


上記のステップに沿って「完璧」なフリーランスホームページを作成しても、それはゴールではありません。継続して受注の可能性を広げるホームページにするには、コンテンツの更新や新しい機能の追加、最新の Web デザイントレンドを施していく必要があります。常にユーザーエクスペリエンスを向上させるつもりで、サイトを育てていきましょう。



ライター: Wix Team

ja03.png
bottom of page