「.COM」「.ORG」「.NET」の違いとは?ドメインの種類と選び方


.com .org .netの違いとは? TDL の種類と選び方

ホームページを開設するとき、悩むことが多いのが「ドメイン名」です。そもそも、「ドメインとは何か?」「種類によって違いがあるの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?


ドメイン名は自分のサイトの信頼性やユーザーに与える印象を大きく左右する重要な要素です。そこで、この記事ではドメインについてよく理解し、自分のホームページに最適なドメインが決められるように、それぞれのドメインの違いについて解説します。


ドメインとは?


ドメインとは、「インターネット上であなたのサイトの場所を表す住所」のようなものです。この「インターネット上の住所」は、実際には数字で表される「IP アドレス」 ですが、これを誰でもわかるように文字に変換したものが「ドメイン」です。


ドメインは、基本的に2つの要素で成り立っています。1つめは、ホームページの種類や特徴を表すトップレベルドメイン(TLD)と呼ばれる部分です。ドメイン名の最後、ドットの後に続く部分のことを指します。「.com」「.jp」「.org」と定番のトップレベルドメインは誰もが見たことあるはずです。


そしてもう1つの要素は、セカンドレベルドメインやサードレベルドメインとも呼ばれるカスタマイズできる名前の部分です。この部分はドメインの異なる階層を示し、コンピューターがサーバーから Webサイトの情報を探し出すために使われています。ブランドやビジネスの名前をURLに取り入れることで個性を出し、また言語ごとのページがある場合など管理しやすくします。


例えば、Wix 公式ブログのドメインは「https://ja.wix.com」となっています。

  • .com トップレベルドメイン

  • .wix セカンドレベルドメイン

  • ja サードレベルドメイン(サブドメインでもあります)


トップレベルドメインは、ドメイン拡張子とも呼ばれ、サイトの種類、国や地域、ビジネス分野によって区別するために使われます。ネット上で利用可能なトップレベルドメインは何千もありますが、もっとも代表的なものが 「.com」、「.org」、「.net」です。適したドメインを選ぶには、それぞれの意味を知り、長所や短所、ほかとの違いを理解するところからはじめましょう。

.com の特徴


トップレベルドメインの代表格である「 .com」 。圧倒的な人気をほこり、プロフェッショナルなイメージを打ち出すには、もっとも利用価値があるといえます。もともとは商業用サイトのために生み出されたものですが、現在ではあらゆるタイプのサイトでも使われています。他分野のサイト用に考案されたトップレベルドメインがたくさんあるにもかかわらず、「.com」 は依然として高い支持を得ています。


1990 年代、「ドットコム企業」という言葉が、新興 IT ベンチャー企業を表すのに使われはじめました。その結果、「 .com ドメイン」は「インターネット」の代名詞のようになりました。現在、世界の過半数が .com ドメインを利用しており、ホームページアドレスの事実上のデフォルトドメインとして認知されています。なぜ選ばれているのかというと、利用者にとって .com はとても覚えやすいという点が挙げられます。それに加え、別のトップレベルドメインを含む URL にしてしまうと、オーディエンスの誤入力を招きやすくなるという点もあります。


しかし .com の人気はとても高く、利用できるドメイン名はかなり限られています。なので、独自ドメインを取得しようとすると、もうすでに誰かに利用されている可能性が高いと言えるでしょう。この観点から、ビジネスを起業する準備段階で、ブランド名や会社名のドメイン名が取得できるのかどうかを確認しておくことが大切となります。


とはいえ、希望する .com ドメインが利用できないとなっても心配はいりません。状況によっては、積極的に別のトップレベルドメインを選択したほうがよい場合もあります。

.com .jp .org


.org の特徴


.org ドメインは「組織」を意味し、おもに慈善団体、NGO、オープンソースプロジェクト、教育プラットフォームなどの非営利団体のホームページ に使用されます。このトップレベルドメインは、1985 年に初めて導入されたドメインのひとつで、新しく登場してきたドメインよりも強力で信頼性が高いと評価されています。

.org はもともと、サイトの目的が、当時利用可能だったどのドメインとも一致しない組織のために作られたもの。つまり、ビジネスでもネットワークでもなく、大学や政府、軍事でもない組織のために考案されたドメイン、というわけです。時間ととともに、「.org 」ドメインは非営利団体専用となったものの、ドメインのレジストリが投資会社に売却されたあと、2019 年 8 月、この使用に関する制限は解除されています。


ですが、こうして営利団体が .org を購入し使用することが合法的に認められている一方で、これまでの基準を支持する世論の声は、いまもなお強く存在します。本来、「.org 」ドメインを使用していると、必然的に非営利団体とみなされるわけです。よって、もしあなたの組織が営利団体だとしたら、その事実をはっきりと開示することが重要です。さもなければ、厳しい反発を受けることになりかねません。


.org と .com の違い


.org と .com の違いはシンプルにいうと、一方は非営利団体用、そしてもう一方が営利団体用ということになります。非営利のホームページを作成する場合は .org ドメインを選び、オンラインビジネスを構築することが目的であれば .com ドメインを選ぶことをおすすめします。


しかし、もちろんすべてをはっきり区別することはできません。.com ドメインで使える名称が枯渇していくにつれ、企業は希望するドメイン名を使用するため、別のトップレベルドメインを選択するようになりました。現在、世界で登録されている .org ドメインは約 1000 万件と言われています。これは世界全体におけるサイトの 5 % 弱を占めるということになり、.org は .com に代わるドメインの選択肢のひとつとして、徐々に人気を増やしています。


厳密にいえば、実はどんな種類のビジネスや組織でも、きちんとしたマーケティング戦略を持っていることを実証すれば、.org ドメインを使用することができます。とはいえ、.org ドメインを非営利団体のみ対象にすべきだと考える人々はまだまだいます。それに備え、プロフェッショナルなビジネス戦略を示すことで、誤解を最小限に防ぐことができます。.org ドメインが、慈善団体や NGO 、教育プラットフォームなどに属するという概念は広く根付いています。それをふまえ、.org ドメインはあくまでも最後の選択肢として留めておくのがよいでしょう。


ビジネスやオンラインポートフォリオに、.com に代わる信用性の高いドメインを探しているのであれば、 .net を検討してみてはいかがでしょうか。




.net の特徴


.net ドメインは、二番目に人気のあるトップレベルドメインです。ドメイン名を購入しようとした時、それがすでに使用されていた場合、.com の代わりにおすすめのドメインが.netドメインです。全世界で登録されているドメインの約 4 % が、.net ドメインを使用していると言われています。.net ドメインは「ネットワーク」の略で、もともとは小規模サイトのポータルとして機能させる目的で考案されたものでした。


インターネット、Web ホスティング、データベース、コラボレーションツールなどのサービスを提供するビジネスのサイトには、通常 .net ドメインを使用します。.net を使うもうひとつの理由は、.com が利用できない場合。そのときに確認すべきことがあります。それは、同じ業界で、ドメイン名の名前部分が同じかつ、トップドメインが .com のビジネスが存在するのかどうかです。もし、このようなビジネスがすでに存在する場合、潜在顧客に誤解を与え、あなたのオーディエンスが、彼らの顧客になってしまうかもしれません。


.net ドメインを使用する理由がなんであれ、潜在的な訪問者に、アドレスの最後の文字が .net だと覚えてもらうこと、それが肝心です。まちがえてほかのサイトに行ってしまわないよう、万全の対策をとりましょう。ではそのために、なにをどうすればよいのでしょう。たとえば、ブランディングの一環として、トップレベルドメインをブランド名やビジネス名に入れ込んでしまう。この方法はとても効果があります。つまり、オーディエンスがブランドやビジネスの名前を覚えるとき、.net を含むかたちで自然と彼らの記憶に残ることになるわけです。実際、Upstream というマーケティングコンサルタント会社は、Upstream.net と社名を表記することによって、オーディエンスに正しいドメインを浸透させることに成功しています。

.net と .com の違い


.net と .com の一番の大きな違いは、「ネットワーク」用であるのか、それとも「商業サイト」用であるのかという、サイトを作る目的にあります。ユーザー投稿型掲示板(フォーラム)を作成するなど、オンラインベースのサービスやネットワーキング用プラットフォームを提供することが目的であれば、.net ドメインを購入することをおすすめします。


一方、個人ブログであれ、E コマースのウェブサイトであれ、オンラインでお金を稼ぐことが目的であれば、.com ドメインを購入するのがよいでしょう。しかし、全ドメイン名の約半数が .com で登録されていることから、.net ドメインが、その代替手段の筆頭となっているのも事実です。最近は、これらの違いはかなり少なくなってきており、本来、サイトの目的を識別するために作られたトップレベルドメインですが、その違いの区別があいまいなってきています。仮に、2022 年という今現在の .net と .com を比較したとすれば、そのもっとも大きな違いは、それぞれがモバイルサイトに与える影響だといえるでしょう。

.net .com 違い


ドメイン選択と SEOについて


.net または .com のいずれを選択しようと、SEO への影響はありません。しかし、モバイルブラウザの UI デザインとなると別の話です。UI デザインは、.net ドメインのサイトに悪影響を与えてしまうことがあると言われています。ほとんどのスマホのキーボードには、トップレベルドメイン専用のボタンがあります。お気づきかもしれませんが、そのデフォルトのオプションは常に .com 。その結果、.net ドメインのサイトの検索に時間がかかってしまします。現在日本では、オンライントラフィックの 75% ほどがモバイルからのトラフィックであり、モバイル検索する際の、不便さは無視できません。サイトへのトラフィックに大きな影響を与える可能性があります。


もし、オンラインビジネスを拡大させる予定があるのなら、オンラインプレゼンスを最大化するためには、.net と .com の両方のトップレベルドメインを購入することをおすすめします。ドメイン取得のコストは、年間約 1000 〜 3000 円ほどです。


ふたつ目のドメインを購入、保持することで、訪問者がまちがって、似たドメイン名を持つ競合他社のサイトに行く可能性が減ることになります。つまり結果として、高い投資収益率を得られるのです。最初に登録したドメイン名、この中のトップレベルドメイン部分を追加購入したものに置き換え、こちらのドメイン名を登録するだけで OK です。


先ほど少し触れましたが、最終的にどのドメインを選択するかにおいて、SEO との関連性を深く考慮する必要はありません。Google のジョン・ミューラー(John Mueller)氏は、ドメインの選択がサイトの SEO に与える実質的な影響はないと重ねて述べています。ミューラー氏は「 SEO に関していうならば、新しいトップレベルドメインは、.com のような他の gTLD と同等です。好きなものを選んでください。今は選択肢がたくさんあるのですから」と語っています。

特定の種類のドメインを選ぶ理由はさまざまですが、SEO への影響を懸念する必要はないということですね。


ドメインの選択のポイント


このように、URL の最後を飾る、トップレベルドメインは、URL に含めるビジネス名と同じくらい重要です。ネット検索に影響を与えるだけでなく、オーディエンスのブランドに対する認識にも大きな影響を与えます。


このことを念頭に置き、.com、.org、.net のなかからトップレベルドメインを選択するプロセスは、ビジネスの構想やブランドイメージの構築と同時に考えることが賢明です。そうすることで、最初から一貫したオンラインプレゼンスを構築することができます。


それぞれのトップレベルドメインの意味と一般的な用途をだいたい理解できたでしょうか。次の章では、選択肢の長所と短所を比較検討し、URL を最大限に活かすことができる、ベストなドメインを選びましょう。



トップレベルドメインの未来


.org、.com、.net は、現在においてももっとも多く使用されているトップレベルドメインです。2022 年度末時点でのトップレベルドメインの人気トップ 5 は以下の通り。

1 位 .com

2 位 .ru

3 位 .org

4 位 .net

5 位 .ir


この状況がすぐに変わることはないでしょう。しかし、ドメインの取得競争が激化するにつれ、一部の企業では、あまり人気のないトップレベルドメインの採用を検討するようになっています。


たとえば、国コードトップレベルドメインに注目が集まっており、2022 年におけるその人気は、.ru、.ir、.uk、.au、.in、.ua、.de が、世界のトップ 10 ドメインにランクインするほど。 現在、.org、.com、.net が人気トップレベルドメインの三強であることにまちがいはありませんが、この位置付けが変わっていく可能性は十分にあると言えます。


一方で、新しい gTLD も増えています。近年、新しい TLD の中で、特に人気な TDL が .xyz です。2021 年には .xyz を使用したドメインが、200 万以上登録されました。また、.site や .top といったドメインの利用も増加の傾向にあります。作成されるホームページがふえればふえるほど、トップレベルドメインの種類も、今後ますます増えていくことになるでしょう。



まとめ


ホームページの目的やビジネス、業界によって、選ぶべきトップレベルドメインは異なります。この記事を参考にして、ホームページにあったドメイン名を取得しましょう。一番重要なポイントは、サイトに訪れる人に覚えてもらいやすいか、ブランドイメージを反映しているか、競合他社で似ているドメインを取得している事業者がいないかどうかです。後悔がないようによく確認してからドメインを取得しましょう。


もうすでにホームページはお持ちですか? ドメインを取得しなくても、すぐにオンライン公開が可能な Wix で、いますぐホームページを作成しましょう!


編集者:Miyuki Shimose

ブログ コンテンツマネージャー

ja03.png