独自ドメインの取得方法と登録の流れをわかりやすく解説


独自ドメインの取得と登録の流れ

パララックススクロールやフルスクリーン動画などの流行の Web デザインを取り入れたホームページを持つことは、見事な成果を果たしていると言えます。しかし、刻一刻と進化する Web 業界で注目を集め、競合他社との差別化をはかるためにはサイトにもう一工夫してよりプロ並に近づける必要があります。そのひとつの方法は、ドメイン名に着目することです。小さな一歩ではありますが、独自ドメインの取得はあなたがその業界で存在感を増すための強固な基盤を構築し、露出を増やすという点で大きな力を発揮します。この記事では、ドメイン名の基礎知識から作成したホームページにドメイン名を取得・登録する方法までわかりやすく丁寧に解説します。


ドメイン名とは?

ドメイン名は、ユーザーがインターネット上であなたのホームページを見つけるために必要な住所のようなものです。それぞれのホームページに固有のドメイン名が割り当てられるため、たとえば「wix.com」という同じ名前のサイトが 2 つ存在することはありません。ドメイン名はホームページの名前(「Wix」など)を表す SLD(セカンドレベルドメイン)と、URL の末尾の部分(「.com」など)の TLD(トップレベルドメイン)で構成されています。TLD はドメイン拡張子、ドメインエクステンションとも呼ばれます。


拡張子とはドメイン名の最後につく文字のことです。最も一般的な「.com」をはじめ、「.info」、「.org」、「.biz」など実にさまざまな拡張子が存在します。また、日本の企業なら「.jp」、ドイツなら「.de」のように、どの地域に属するサイトかがすぐにわかるようなドメインを選ぶこともできます。Wix で利用可能なドメイン拡張子の一覧はこちらをご覧下さい。

ドメイン名って重要?

ビジネスをオンラインで拡大させたければ、答えは「イエス!」です。独自ドメインを持つことは、サイトとビジネスの双方にとってさまざまなメリットをもたらします。


  • サイトの第一印象が格段に向上する:デジタル社会となった現代では、見込み客とあなたのビジネスとの最初の接点が「ホームページ」ということも少なくありません。この場合、独自ドメインを取得しておくことで、業界のプロとしての印象を訪問者に与えることができます。オンライン上での信用を構築するという意味で、独自ドメインを持っておいて損はないでしょう。

  • 強固なブランド基盤を構築できる:オリジナルのロゴデザインやソーシャルメディア戦略などと同様、ドメイン名の取得も自社のブランディングを強化するための重要な要素です。アイキャッチで覚えやすく、その他の自社マーケティングアセットとも同調する独自ドメインを設定することでブランド認知度の向上に役立ちます。

  • SEO 対策を強化する:ドメイン名を購入することで検索順位が直接的に変わるわけではありませんが、優れたドメイン名のサイトは SEO(検索エンジン最適化)に好影響を与えることができます。ブランド名を冠したドメインを設定する、ドメイン名にキーワードを入れ込む、ユニークで覚えやすいドメイン名を選ぶなど、優良なドメイン名にするためにはこのような策を施すと良いでしょう。



ドメイン名登録の流れ


さて、ドメイン名が重要ということをお分かりいただけたところで、さっそく実際にドメインを取得してみましょう。ドメイン名の取得から登録のプロセスはとてもシンプルです。



01. ドメイン名を選ぶ


まずは自分のサイトに適切なドメインを選ぶことからはじめましょう。ドメイン選びで考慮すべき要素はいくつかあります。ウェブサイトのデザインやロゴ、その他のアセットのトーンと一貫性のあるブランドアイデンティティを反映させた名前であることです。そして、ブラウザのアドレスバーにも直接入力できるくらいの短めでキャッチーな名前が良いでしょう。


また、SEO 効果を高めるためには、ドメイン名にあなたのブランドに関連するキーワードを組み込むとより良いでしょう。たとえば、イラストレーターの場合は自分の名前と「illustration」を組み合わせたり、Delicious という名前のベーカリーの場合は「deliciousbakery.com」といったドメインが考えられます。


アイデアが浮かんできたら名前の候補をリスト化し、そこからさらに絞り込んでみましょう。使いたい名前が他のサイトで既に使用されていることもあるため、いくつか候補を持っておくことが大切です。


あなたのホームページに適切なドメイン名を選ぶ方法をさらに詳しく学びたい方はこちらをご覧下さい。


02. ドメイン名の取得可否を調べる


使いたいドメイン名が決まったら、そのドメインが取得可能かを確認する必要があります。無料で使えるドメイン名検索ツールに希望のドメイン名を打ち込んで、検索してみましょう。検索したドメイン名が既に使用されていることもありますが、その場合は希望に近い候補の一覧が表示されます。ずらりと並んだ候補に目を通すことで、自分では考えつかなかったアイデアが見つかるかもしれません。


使いたいドメイン名が既に使用されていた場合は、同じ名前で異なる拡張子のものに空きがある可能性があります。必ずこのドメイン名を使いたい!というこだわりがある場合は異なる拡張子で試してみましょう。また、ドメイン名にキーワードを追加したり、ビジネス名の略称を使用するといった手もあります。(ビジネスやブランド名がまだお決まりでない場合は、Wix のビジネス名生成ツールも活用してみて下さい)


先ほど挙げたベーカリーのサイトの例の場合、希望のドメインが利用できない場合は拡張子を国や地域に特化したものに変更したり、単語の位置を差し替えたり、所在地名を足したりと、さまざまな工夫を行うことができます(deliciousbakerylondon.com → bakerydelicious.co.uk など)。


独自ドメインの取得可能を調べる


03. レジストラを選ぶ


希望するドメイン名の取得可否を確認したら、次にドメインの登録処理を行う認定レジストラを選びます。レジストラとはあなたに代わって登録に必要な各種手続きを行ってくれる機関・事業者のことで、オンラインでのドメイン名の申請から保護まで全てのプロセスを管理してくれます。そして、ドメイン名に関するあらゆる業務は ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)と呼ばれる組織が取り行っており、レジストラがあなたの代理として ICANN とのやり取りを行います。


ドメインレジストラは複数存在します。Wix.com は、Web ホスティングサービスの提供だけでなくレジストラとしての役割も果たすことができるため、ホームページの作成や独自ドメインの購入をWixでまとめて行うことができます。さらに、Wix のプレミアムプランでは初年度のドメイン契約料が無料になります。ほかにも お名前.com、バリュードメイン、ムームードメイン などのレジストラがあります。それぞれのレジストラで価格帯やプランが異なるため、比較して自分に合ったレジストラを選びましょう。



04. ドメインを登録する


最後に、Wix でドメイン名を登録する方法をおさらいしておきましょう。


  1. Wix のドメイン検索ページを開きます。

  2. 希望するドメイン名を入力して「Search」をクリックします。

  3. 入力したドメインが空いていれば、「Get It」をクリックしてさっそく取得しましょう!既に使用されていた場合は、希望する名前に似た候補の一覧から使えそうなものを探すか、検索バーに他の名前を入力して再度検索します。気に入ったものやビジネスに適したものを見つけたら同じく「Get It」から購入しましょう。

  4. 次に、登録する期間を 1 年、2 年、3 年の中から選びます。期間が長いほど費用はお得です。契約期間を選択したら「Continue」をクリックします。

  5. 画面上のフォームに必要な情報を入力し、支払いに進みます。

これでドメイン登録の手続きは完了です!




ライター: Wix Team


ja03.png