ドメインとは?ドメイン名の決め方と種類を図解で学ぶ


ドメインとは?その仕組みとメリットを詳しく解説


ドメイン名はあなたのサイトを見つけやすくするだけでなく、ユーザーがサイトをクリックするかどうかを判断する情報の一つです。オーディエンスが安心して、あなたのサイト URL をクリックできるようなドメイン名を考えましょう。


ドメインについて、選び方のコツを知らないまま、ドメインを購入してしまうと後から後悔することになるかもしれません。

あなたのサイトに最適なドメイン名を選ぶため、サイトの開設前に、ドメインとは何か、ドメイン名はどのように機能するのかについて理解を深めましょう。


この記事ではドメインの基本だけでなく、インターネットにおけるドメインの役割、そしてあなたの Web サイトに最適なドメイン名を見つけて購入するためのポイントまで詳しくご紹介します。


その前に、そもそもホームページとはなにか、基礎から知りたい方は、こちらの記事を先にお読みください。それでは、早速ドメインについて解説していきます。


目次

  1. ドメインとは?

  2. ドメインの仕組み

  3. ドメインとホスティングの違い

  4. ドメインの種類

  5. ドメイン名の決め方

  6. ドメインの購入方法

  7. まとめ


01. ドメインとは?

ドメインとは、「インターネット上であなたのサイトの場所を表す住所」のようなものです。この「インターネット上の住所」は、実際には数字で表される「 IP アドレス」 ですが、これを誰でもわかるように文字に変換したものが「ドメイン」です。


ドメインは、ユーザーがサイトを開くためにブラウザに入力する URL を構築します。住所と同じく、ドメイン名はそれぞれの Web サイトに固有のもので、他のページと共有したり複製したりすることはできません。そのため、人気のドメインは 早い者勝ちで、すでに所有されているドメインを購入することはできません。

先ほども触れましたが、ドメインは インターネット上で Web サイトの場所を表す IP アドレス(インターネットプロトコル)にアクセスするためのわかりやすい方法として作られました。IP アドレスとはすべてのコンピューターに割り当てられる数字列で、0から255までの4つの10進数をピリオドで区切る形で構成されています。この数字はこの一見ランダムに羅列されたように見えますが、コンピューターが処理する上ではとても役に立ちます。ただ、人間にとっては覚えやすい文字を使う方がずっと簡単であるため、考案されたのが英数字を使用する「ドメイン名」です。ちょうど、携帯電話の番号同僚の名前で連絡先に登録するのと同じことです。ドメイン名を使えば「172.217.3.196」という IP を「google.com」として記憶することができます。

すべてのドメイン名登録は ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)によって監督されています。ICANN は IP アドレスの割り当て、ドメインレジストラの認定システムの運営、すべてのドメイン名とその IP の集中型データベースの保持などを行っている組織です。この記事の後半でも詳しく説明しますが、ICANN は新しいドメイン拡張子(TLD)の承認、管理に加えて、決められたルールに従わない場合にサイトを閉鎖するといった権限も持っています。

ドメインは一般的に URL(Universal Resource Locator)、または Web アドレスと呼ばれることもありますが、厳密に言うとその一部に過ぎません。ドメイン名の基本形は、名前と拡張子という2つの要素で構成されています。このサイトの場合は、「wix」が名前で、「.com」が拡張子です。しかし、ブラウザのアドレスバーを見てみると、URL に含まれているのはこの2つだけではないことがわかります。下の画像で URL に含まれるパーツとそれぞれの機能を見てみましょう。


URLとドメインの違いを図解


02. ドメインの仕組み

インターネットは、世界中のコンピューターを海底ケーブルで接続した巨大な世界規模のネットワークです。これらのコンピューターは、スマホなどの個人用デバイスか、またはサーバーであるかにかかわらすべて IP アドレスによって識別され、相互に通信しながら Web データを送信・検索・取得しています。

上記でも触れた通り、ドメイン名はこの IP アドレスを人間にとって使いやすくしたもので、特定の Web サイトに接続されています。しかし、コンピューターが正しいウェブページを見つけるためにはドメインを再度 IPに戻す必要があります。そこで登場したのがドメインネームシステムです。

ドメインネームシステム(DNS)は、ブラウザで入力されたドメイン名をコンピューターが認識できる IP に変換するための仕組みです。このシステムは無数の人の電話番号が記載された電話帳のようなもので、 ICANN が監督しています。今の時代であれば、スマホの連絡先リストに大量の連絡先が登録されている様子をイメージすると良いでしょう。

Web ブラウザにドメイン名を入力すると、DNS サーバーにリクエストが送信されます。DNS サーバーは、その特定のドメインに接続されているネームサーバーを検索してリクエストを転送します。これらのネームサーバーは Web ホスティングプロバイダー(レンタルサーバー)によって管理されており、関連する IP を見つけた後、Web サイトのファイルが保存されているサーバーにリクエストを送信します。Web サーバーは IP を使用してそれに関連するすべてのファイルを検索し、わずか3秒ですべてのデータをブラウザに送り返します。

図解:ドメインの仕組み

03. ドメインとホスティングの違い

ホームページを作成するには、ドメイン名とレンタルサーバー(Web ホスティングサービス)の両方が必要です。この2つは切っても切れない関係にあり、同じ会社から提供されていることが多いため、混同されやすいかもしれません。

まず、「Web ホスティング」とは何でしょうか。ドメイン名との違いを理解するために、Web サイトを集合住宅に、それぞれの部屋がサイトに属するページであると想像してみてください。この住宅が存在するためには、まずそれを建設するための土地が必要です。インターネットで集合住宅(=Web サイト)を構築するために必要となるこの土地が Web ホスティングです。サイトを構成するすべてのファイルとデータは集合住宅の基礎のようなもので、訪問者がサイトを開いたタイミングで Web サーバーからサイトへと送信(=画面に表示)されます。

しかし、ユーザーにサイトを訪問してもらうためには、「サイトの住所」を知らせる必要があります。この記事の冒頭でも述べた通り、技術的にはサイトの IP アドレスがあれば目的は果たせます。また、すべての道路や建物に名前や番号を付ける代わりに、地理的な座標を共有することもできるかもしれません。こういった「場所の情報」をユーザーにわかりやすい形で表したものがドメイン名で、先ほど例に挙げた集合住宅の住所としての役割を果たします。

さらに一歩進んで、訪問者をあなたのサイトの特定のページに誘導したい場合は、ドメイン名の後にパスを追加することができます(ブログページであれば「/blog」など)。これは住所(URL)の最後に部屋番号(パス)を追加するのと同じ仕組みです。

ユーザーはあなたが住む仮想空間上の住宅を訪れるために、インターネットという道を通って来るというわけです。


図解:ドメインのコンセプト

04. ドメインの種類

DNS は分散データベースシステムを管理するために、反転木(木が逆さになったような形)の階層構造を採用しています。階層の最上位に位置するドット(.)がルートドメインです。これ以下のドメインネーム空間は、ルートドメインからの参照位置に応じて異なるレベルに分割されます。

各レベルに属するドメインは次の通りで、それぞれ種類と目的が異なります。

  • トップレベルドメイン(TLD)

  • セカンドレベルドメイン(SLD)

  • サードレベルドメイン


トップレベルドメイン(TLD)

トップレベルドメインは、一般に TLD またはドメイン拡張子と呼ばれるものです。ドメイン名の一番右端にあるパーツ(最後のドットの後に来る部分)で、場所や目的といった Web サイトのアドレスの特性を示す役割を果たします。

現在登録可能な TLD は1,503種類あり、その大半は過去10年間に追加されたものです。いくつかのタイプがある中で、特によく使われるものを見てみましょう。

分野別トップレベルドメイン(gTLD)

分野別トップレベルドメインは3文字以上で構成され、誰でも登録することができます。gTLD はドメインの拡張オプションの大部分を占めており、ICANN の新 gTLD プログラムを通じて近年1000以上追加されています。利用可能なオプションは、従来の .org、.com、.net から、.icu、.app、.wyz などの新しいオプションまで多岐にわたります。

スポンサー付きトップレベルドメイン(sTLD)

スポンサー付きトップレベルドメインはその名の通り、民間組織が支援・監修するドメインです。利用できる sTLD の数は極めて限られており、すべての登録は担当する機関や企業の承認が必要であるほか、事前に定義されたコミュニティテーマの概念に準拠する必要があります。

国別トップレベルドメイン(ccTLD)

国別トップレベルドメインは特定の国や地域を2文字の文字列で識別するもので、現時点で312種類存在します。

国別トップレベルドメインは本来、特定の地域で活動する企業や個人を対象としたものですが、ブランディングや特典目的で ccTLD を登録するサイト所有者も少なくありません。AI(人工知能)業界の企業で特に人気のある .ai(アンギラ)や、ゲーム業界で人気が急上昇している .gg(ガーンジー島)などの拡張子はその一例です。

最も注目すべき事例は、トケラウの .tk ドメイン拡張子のケースです。トケラウはニュージーランド領の小さな島ですが、個人や企業がいくつでも無料でドメイン名を登録することができ、長年にわたって最大の ccTLD および全体で2番目に大きな TLD として知られてきました。Verisign の最新レポートによると中国がついにこの島の記録を抜いたようですが、下のグラフにある通り、.tk の登録ドメイン数はランキングの次のドメイン拡張子よりも1,000万近く多く、圧倒的な差が開いていることがわかります。


トップレベルドメインのランキング

セカンドレベルドメイン(SLD)

セカンドレベルドメイン(SLD)は、トップレベルドメインの前に来る部分です。SLD は一般的にドメイン名のカスタムセクションを指し、ブランドや Web サイトを表現する固有の言葉が入ります。たとえば、「www.wix.com」のセカンドレベルドメインは「wix」です。

レジストリ(ドメイン情報のデータベースを管理する機関)が TLD の特定の用途を示すために SLD を使用する関係で、場合によっては SLD がドメイン拡張子の一部だとみなされることもあります。これは、ccTLD を使用するサイトでは特に一般的で、この場合は地域内のサイトの種類を示すためにセカンドレベルドメインが使用されます。ドメインレジストリによっては、これらの SLD は gTLD と一致する場合もあれば、それらを少し変化・適応させた形で使用されることもあります。たとえば、ビジネスサイトのドメイン拡張子はスペインでは .com.es、イギリスでは .co.uk として登録されている場合があります。同様に、学術機関の場合はそれぞれ .edu.es、.ac.uk となります。

セカンドレベルドメインとは

サードレベルドメイン

サードレベルドメインは、セカンドレベルドメインのすぐ左側に表示される部分のことです。多くの場合に当てはまりますが、ドメインが3レベルしかないケースでは一般に「サブドメイン」と呼ばれます。サブドメインは、独立したサイトを作成するためにドメイン名に追加される接頭辞です。ネットショップやブログなど、独自の階層を必要とする大規模なサイトを管理するのに役立ちます。

また、コストゼロでサイトを公開できる「無料のドメイン名」としてサードレベルドメインが提供されている場合もあります。たとえば、Wix でサイトを構築する場合、無料サイトの URL 形式はユーザー名を含むサブドメイン(例:username.wixsite.com/siteaddress)になります。独自ドメイン名を購入した後は、独自のサブドメインを作成してサイトに接続することができます。

通常、サードレベルドメインはサブドメインと同じだとみなされますが、必ずしもそうとは限らないため注意が必要です。セカンドレベルドメインのセクションでもお伝えした通り、特定の TLD は複数のノードを持ち、レベル数の多い長いドメイン名になることがあります。たとえば、news.bbc.co.uk のような4レベルドメインや、www.village.fairport.ny.us のような5レベルドメインも存在します。1つのドメインが持つレベルの数は事実上制限されていませんが、4つ以上のレベルは非常にまれなケースです。

サードレベルドメイン


5. ドメイン名の決め方

Verisign の最新の業界レポートによると、すべてのトップレベルドメインで3億6,600万件のドメイン名が登録されており、毎日のドメイン登録件数は数千件以上にものぼるそうです。これだけの数があれば、あなたが使いたかったドメインがすでに使用されてしまっていることも否定できません。アイデアとして温めていた名前が他の誰かに登録されるのも時間の問題だと言えるでしょう。

自身のブランドやコンセプトを完璧に表現する(そして、まだ使われていない)ドメイン名を見つけるには、創造性、SEO の知識、先見性、運、そしてベストプラクティスに関する幅広い知識を駆使する必要があります。そこで、この記事の後半ではドメイン名を決めるにあたって最も重要な3つのステップをご紹介します。

「入力しやすい」「読みやすい」が鉄則

珍しい名前の人は綴りを間違えられたり、なかなか覚えてもらえなかったりといった経験が多いのではないでしょうか。ドメイン名も同じで、入力・発音しやすい名前であることがとても重要です。

ドメイン名にはアルファベットしか使用できません。アイデアを考えるときは、スペルに注意して決めましょう。発音と表記が違う単語(アネモネ = anemone やクロワッサン = croissant など)や、スペルを間違いやすいもの(メンテナンス = maintenance など)は避けるべきでしょう。また、「four」ではなく「4」と書いたり、「ok」なのか「okay」なのかユーザーが迷うような、略語やスペルのバリエーションが多い単語も控えるべきです。

納得のいくアイデアを思い付いたら、次は簡単なテストをしてみましょう。数人の友人に名前の候補を伝え、一度で理解できるかどうか、そして数時間~数日後にも覚えていられるかどうかを確認します。もし記憶するのが難しいようであれば、別のオプションを選びましょう。

ブランド名やテーマを反映させる

オンラインビジネスを行う以上、ドメイン名にはブランド要素を必ず追加すべきです。しかし、ブランディングというと、ブランド名、ロゴデザインなどを最初に思い浮かべる方も多いと思います。多くの起業家やクリエイターは他のことが落ち着くまでドメイン取得に手が回らず、結果として使いたかったドメインがすでに他の人に購入されている問題に遭遇する可能性が高いと言えます。


このような事態を避けるために、ビジネス名を決めたらすぐにドメイン名が利用できるか確認し、購入しておきましょう。ビジネス名がなかなか決まらない場合は、使いたい単語をリストアップし、ドメインが利用可能かどうかによって決定しても良いでしょう。

適切なドメイン拡張子を選ぶ

ドメイン名に最適な拡張子を探す場合、主に考慮すべきポイントは「認知度」と「価格」の2点です。ドメインの使用規則を尊重すること(主に非営利団体を表す .org の拡張子で店舗を登録しないなど)に加え、使いたい TLD が一般的にどれほど信頼されているか、また覚えやすさはどのくらいかといった点を考慮しましょう。GrowthBadger の調査によると、.com は他のトップレベルドメインよりも覚えてもらえる確率が33%高く、ユーザーの間で最も高い信頼指数を獲得しています。

価格については、どの拡張子を選択するかによって購入価格や更新料が異なります。すべてのオプションを確認し、長所と短所を比較検討した上でどの TLD にするかを決めていきましょう。

06. ドメイン名の購入方法

サイトのドメイン名が決まったら、次はいよいよドメインを購入しましょう。ドメイン名の登録方法については、選択した名前が利用可能かどうかを確認する、購入するアドレスを長く使用するに相応のビジネスニーズがあるかどうかを確認するなど、いくつか注意すべき点があります。

ドメイン名を検索する

使いたいドメイン名を決めたら、まず最初に「そのドメイン名が他の誰にも使われていないこと」を確認しましょう。希望のドメイン名が使用中かどうかを手動で検索して調べることができます。しかし、もし他の人が既に購入済みだった場合は名前を考え直さなければいけません。

このため、ドメイン名検索プラットフォームを利用して、希望のドメインが利用可能かどうかを確認することをお勧めします。このツールではドメインが使用中かどうかを確認できるだけでなく、(万が一その名前が取得できない場合に)購入可能なその他の代替ドメインのリストを閲覧することもできます。さらに、各ドメイン名のコストを簡単に確認・比較できるため、自分のビジネスにとって最適なオプションを見つけるにはもってこいの方法です。


ドメインのレジストラを選ぶ

利用可能なドメイン名を選択すると、それを購入できるドメインレジストラの一覧が(たいていは膨大な件数…)表示されます。最初はどれも同じように見えるかもしれませんが、よく見てみると、価格やドメイン拡張子の種類、プライバシー、カスタマーサポート、アドオンなどの他の機能において顕著な違いがあることがわかります。

ここでは、レジストラを選ぶ際に確認するべき点を紹介します。

価格

ドメイン名を購入する場合、その所有権を維持するためにドメイン名のレジストラに年額費用を支払う必要があります。業界平均よりもはるかに低い価格で初期登録が可能な反面、高額の更新料を設定しているプロバイダーもいるため、価格の仕組みはしっかりと確認しておきましょう。

一方で、ドメイン名を無料で提供し、更新料も平均的な価格という良心的なレジストラもあります。言うまでもなく、後者の方が後々の負担も少なく、総合的な金額を節約することができます。

プライベートドメイン登録

ICANN は、ドメインを購入するすべての人に個人情報(氏名、メールアドレス、住所、電話番号など)の提供を義務付けており、この情報は WHOIS と呼ばれるデータベースで一般公開されています。もしあなたがプライバシーを重要視しており、迷惑メールや個人情報盗難の可能性を最小限に抑えたいのであれば、WHOIS プライバシー保護を使用してこの情報を非公開にすることができます。

ドメイン名購入時の初期サービスに WHOIS プライバシー保護機能が含まれているレジストラを選べば、契約と同時に個人情報を保護することができます。これに対して、レジストラの中にはプライバシー保護を有料のアドオンとして提供していることもあります。

Web ホスティングとの同時契約

この記事の前半でも述べたように、Web サイトを機能させるためにはドメイン名と Web ホスティングサービスの両方が必要です。サイトの土台となる「土地」がまだ決まっていない場合は、無料の Web ホスティングサービスを提供しているドメインレジストラを探すか、適切な価格のホスティングサービスの利用を検討しましょう。

ドメイン名と Web ホスティングプランの両方を同じベンダーから購入すると、サイトに関するすべてのアセットを単一のプラットフォームで管理できるため、全体的なコストと不安要素を最小限に抑えることができます。

カスタマーサポート

カスタマーサポートの内容は、ドメインレジストラを見つける際に最も見落とされがちな点の1つです。深夜の3時に何か問題が発生し、誰とも連絡が取れない場合はどうしますか?万が一の事態を想定するなら、サポート体制が手厚い方が確実に安心です。

ドメインに関していつでもサポートが受けられるよう、利用するプラットフォームが年中無休のライブカスタマーサポートを提供していることを確認しておきましょう。

その他のメリット

ドメインレジストラの中には、純粋に Web サイトに関わる機能を超えるサービスを提供しているところもあります。同じプロバイダーのサービスを利用すれば接続や管理もより簡単になるため、自分が興味のある製品やツールがないか見ておくと良いでしょう。

たとえば、汎用メールプロバイダーの代わりに独自ドメインのメールアドレスを作成したいという場合は、取得したドメインと同じメールアドレスを発行するオプションも提供しているレジストラを探す必要があります。

一括購入

複数のドメイン名を購入するのはまだ先のことかもしれませんが、将来的に必要となるかどうかを検討する価値はあります。特に、他の地域に事業を拡大する予定がある場合や、独立したブランドとして販売を促進したい製品がある場合は、今後に向けてドメインをまとめて購入しておくこともできます。


07. まとめ


ホームページを作成するために、ドメイン購入について知りたいと思ってこの記事にたどり着いた方も、ちょっと興味があってお読みいただいたという方も、ドメイン名がいかに重要であるかはわかっていただけたでしょうか。実際、ドメイン取引産業はどんどん成長しており、一億円規模のビジネスになっています。

一度登録したドメインはあなただけのもので、他の人が使用することはできません。このため、起業する予定があればその企業名のドメインを早いうちに登録しておくことを強くお勧めします。自分の名前を入れたシンプルなものから、business.com のようなビジネス色の強いものまで、ドメインの種類は実にさまざまです。値段もピンからキリまであります。「ドメインパーキング」と言われる、ホームページやメールアドレスがまだない段階で、事前にドメインを購入することもよく行われるコツの一つです。

将来的に使用したい TLD がある場合は、他のビジネスで使用されないように購入を検討しましょう。ドメインを購入した他の誰かから使用権を買うということもできなくはないかもしれませんが、欲しいドメインがあれば事前に押さえておくと安心です。


この記事の内容を参考にして、まずはあなたのビジネスにぴったりのドメインを探してみてはいかがでしょうか。


>> Wix で独自ドメインを取得する


編集者:Miyuki Shimose

ブログ コンテンツマネージャー

ja03.png