サブドメインとは?そのメリットと使い方を徹底解説


サブドメインとは


インターネットの利用は簡単でも、Web 界隈で用いられる専門用語の多さと複雑さに難色を示してしまうこともあるかもしれません。オンラインビジネスの第一歩は、まずはホームページを作成して独自ドメインを取得するというシンプルな流れで始めることができます。しかし、作成したサイトのパフォーマンスをさらに向上したい場合、「サブドメイン」のような新しい用語と出会うことになります。


サブドメインはその名前からして、どのようなものかは何となく推測できるかもしれません。しかし、「自分のサイトでサブドメインを使用するかどうか」は、その技術的な背景を知らなければなかなか判断が難しいのが現実です。そこで、今回はサブドメインとは何か?という基礎知識を理解することからはじめ、サブドメインの作り方やメリット、サイトのパフォーマンスへの影響といった点まで順を追って解説していきます。


サブドメインとは?


サブドメインとはドメイン名の前に追加される文字列のことで、ウェブサイトのナビゲーションやセクションの整理に役立ちます。主にネットショップやブログ、サポートプラットフォームなど、独自の階層分けが必要となる広範なサイト領域を管理するために用いられます。


サブドメインと似た言葉でサブディレクトリというものがありますが、この 2 つは異なるものです。サブドメインは、メインのドメインとは別のものとして管理し、ルートドメイン(ホームページの主ドメイン)とは異なる特定のコンテンツをサブドメインとして設定できます。

結果として、別のテーマや役割の異なるコンテンツに割り当てたドメインを持つことで、オーガニックトラフィックが増加するチャンスも期待できます。さらに、サブドメインから主ドメインにバックリンク(被リンク)を張り、自サイトのプレゼンスの向上にもつながります。


ご存じの通り、ドメイン名にはたいてい「www」が含まれていますが、この 3 つの文字は DNS(Domain Name System)のプロトコル上で許容されるその他のサブドメインで置き換えることも可能です。ドメイン名を選ぶ際にはトップレベルドメイン(「.net」や「.com」 など)を決める必要がありますが、サブドメインは最小限の手間で手軽に設定することができます。ドメイン名を登録すると、「www.」や「abcxyz.」などのサブドメインを無制限で設定できるようになるからです。


サブドメインと一口に言っても、その定義や個々の要素を解説するとなると膨大なページ数が必要になります(一冊本が書けてしまうかもしれませんね!)。しかし、「百聞は一見にしかず」の言葉通り、まずは以下の図を見てみてください。URL のどの部分がサブドメインなのか、すぐにお分かりいただけると思います。


URLの各セクションの名前


サブドメインの例


ここでサブドメインの具体的な例を見ていきましょう。


たとえば、wix.com では Wix ヘルプセンターで「https://support.wix.com/ja/」というサブドメインを使用しています。ヘルプセンターが公式サイトの他のページとは別に存在していることがお分かりでしょうか。サイト内のコンテンツやページが増えて構造が複雑化した場合も、こうしてサブドメインでサイトの一部を切り分けることで「サポートを求めているユーザー」に向けた「ヘルプセンターのみの URL」のようにサブドメインを設置することができます。


サブドメインとルートドメイン



サブドメインの使用事例


さて、サブドメインとは何を意味しているのか、そしてその仕組み、使い方が分かってきたところで、一般的なユースケースを見ていきましょう。以下は各分野で使用されているサブドメインの一例です。


  • eコマース:ネットショップは構造が複雑になりがちなため、決済処理のための別階層を設けるサイトが多く見られます。 例:store.playstation.com

  • モバイルサイト:スマホデバイスで強力なパフォーマンスが必要とされるFacebook などのオンラインプラットフォームは、モバイル専用のサブドメイン下でホスティングされています。 例:m.facebook.com

  • 地域特化型のサイト:訪問者の所在地に応じて異なるコンテンツを提供しているサイトでは、国や地域に特化したサブドメインが利用されています。 例:uk.yahoo.com

  • 特定のオーディエンス向けサイト:異なるオーディエンスをターゲットとするビジネスでもサブドメインを活用し、ニーズに応じたサイトを作成することができます。必要に応じてそのページをパスワード保護することもできます。 例:drivers.uber.com

  • ブログ:ブログは運営元の事業目的に直接関連しないトピックやキーワードを扱うことが多いため、サブドメインで切り分けやすいページだと言えます。 例:blog.usa.gov

  • サポートサイト:FAQ ページのみで顧客からの質問に答えきれない場合などに、サブドメインを使用した専用のサポートサイトが作成されることがあります。 例:support.wix.com

  • 商品/映画/チーム関連サイト:ある対象について、ブランド性の高いコンテンツを扱う場合、サイトに専用のサブドメインが割り当てられる例もあります。 例:cars.disney.com

  • 多言語サイト:各言語のサイトでそれぞれのサブドメインを設置すれば、URL を統一されたフォーマットで簡潔に保つことができます。 例:es.wikipedia.org

  • フォーラム:広がり続けるオンラインコミュニティをまとめるためのプラットフォームは総じて複雑になりがちです。そのため、フォーラムサイトにはたいていの場合、専用のサブドメインが割り当てられています。 例:forum.wordreference.com


サブドメインの作成目的はさまざまですが、サブドメインの名前は訪問者にその用途(=サブドメインが割り当てられた個別のサイトの目的)がすぐにわかるような簡単なものにしておくのが鉄則です。また、サブドメインを使用できる SSL 証明書プロバイダーを利用するようにしましょう。



サブドメインの作り方


サブドメインを設定する前に、まずはドメイン名の取得・購入をする必要があります。既に独自ドメインをお持ちの場合は以下の手順に従ってください。

  1. ドメイン」ページを開きます。

  2. 「登録済みのドメインを接続」をクリックします。

  3. 接続したいサイトを選択して「次へ」をクリックします。

  4. 画面下の「サブドメインを接続」をクリックします。

  5. 接続したいサブドメイン名を入力します (例:blog.mystunningwebsite.com)。

  6. 「次へ」をクリックします。


サブドメインの登録画面



ライター: Wix Team

ja03.png