• 29k
  • 12
マーケティング \ 2018年10月3日

徹底解説!ロングテールキーワード

SEO対策におけるキーワードの選定は、検索ボリュームが高く人気の高い、いわゆる「ビッグキーワード」に狙いを定めることが王道とされています。検索ボリュームが高ければ高いほどインプレッション数が高くなり、それだけトラフィックの流入も期待できるため、成約数の増加につながると考えることが理にかなっているように聞こえます。しかし言うまでもなく、ビックキーワードの競争は激しく、検索結果ページの上位部分は大企業や有名ブランドのサイトで埋め尽くされているのが実態です。そして、ビッグキーワードは必然的に定義が広範囲に渡るものが多いため、検索意図が曖昧になりがちであるという問題があります。つまり、ビッグキーワードでサイトを対策してしまうと検索者が求めているコンテンツを作るのが難しくなってしまいます。一旦アクセスしたサイトから検索結果ページに戻り、次の選択肢へと移らせてしまう要因となり、あなたの検索結果ランキングに悪い影響を与えてしまう可能性があります。よって、ビッグキーワードの活用は、新規参入したばかりのビジネスに適しているとは言い切れません。
そこで、SEO対策の戦略として「ロングテールキーワード」を狙う手法に注目する必要があります。ロングテールキーワードは、検索キーワードの競争が極めて低いことに加え、あなたのウェブサイトのコンテンツやブログにもポジティブな効果があると言われています。具体的な検索用語を使用するロングテールSEOで、あなたのサイトへ質の高いトラフィックを流入させ、サイトのコンバージョン率の向上を狙いましょう。

さぁ、ロングテールキーワードとはどのようなものなのか、あなたのサイトにどのような効果をもたらすのか、確認していきましょう。

ロングテールキーワードとは?

ロングテールキーワードとは、複数の単語(3~5語)を組み合わせた、具体的な内容の検索ワードのことを示します。下記のグラフはロングテールキーワードの概念を表しています。

ロングテールキーワード

ご覧の通り、1語だけのビッグワードは検索ボリュームが高いため競争率が高いことが分かります。一方、ロングテールキーワードは、具体的なフレーズで構成されています。インターネット検索の70%はロングテールキーワードによるものと言われており、これは、キーワードの競争率が比較的低く、より多くのキーワードを特定できるということを意味します。あなたのサイトへアクセスしてもらえるチャンスが低いとしても具体的なクエリが特定されているため、訪問者によるコンバージョンの可能性はより高くなることが期待できるでしょう。

例えば「ピザ」と1単語だけで検索するネットユーザーがいるとします。その場合、検索意図が明確ではないので、ピザの定義やピザの歴史、ピザハットのような大企業のサイトなど、幅広いトピックの検索結果が表示されるでしょう。これが、ビッグキーワードで検索した場合の問題点です。しかし、夜食用ののピザが食べたいという特定の目的があるユーザーは、「ベジタリアンピザ  深夜宅配 青山」と具体的な検索用語を使用して検索するでしょう。この検索用語がロングテールキーワードです。
これによって、検索結果にはこのユーザーが求めている情報が的確に表示され、ユーザーはピザを注文するという目的を果たすことができます。

ロングテールキーワードに着目する6つの理由

より低い競争率
あなたのホームページのキーワードを決める際に狙いを大きくすることは、検索結果からより多くのインプレッションを獲得するための最善策です。もしあなたが慣れ親しんだドメイン名でそのドメイン名が確立しているならば、これは選択肢になるでしょう。しかし、スモールビジネスが新規ホームページを開設する場合、これは難しいチャレンジとなるでしょう。この状況は互いに競争し合うゲームのようなものです。 ゲームプレイヤーが少なければ、ゲームの状況は変わってきます。ロングテールキーワードは月間検索数が少ないために検索結果が上位表示されやすくなります。これが、まさにロングテールキーワードに着目するメリットの一つです!

より高いコンバージョン率
スモールビジネスやサービスプロバイダーにとっては、全てのコンバージョンに意義があることはご存知でしょう。広範囲のビックワードの検索結果から、1日100人のユーザーがあなたのウェブサイトを訪れ、そのうち3人が問合せメールを送付したり、商品購入をしたとしましょう。この場合、あなたのコンバージョン率は3%です。一方で、あなたのビジネスに関連性が高い具体的なロングテールキーワードを使った検索から、1日20人のユーザーがあなたのウェブサイトに流入しそのうち3人があなたのサービスを実際に利用した場合、コンバージョン率は15%です。つまりあなたのビジネスにとって、キーワードの関連性の高さが成功への大きな要因となるのです。

より高いクリック率
すなわちクリック率は、あなたのサイトが検索者のクエリと一致するかどうかをGoogleへ伝える強力なシグナルとなります。
Googleが検索者の行動をよりよく理解するためのAI機能、「ランクブレイン」のおかげで、検索者の行動があなたの表示順位に直接影響するようになりました。
検索者が検索結果をクリックし、数秒後に検索結果ページに戻ると、あなたの検索順位を押し下げ、ライバルの順位を押し上げてしまうことになりかねません。しかし、その逆が起きたときにはどうなるでしょうか? それは、SEO効果の加速に繋がります。メタデータ(SEOタイトルとディスクリプション) のおかげで、あなたの特定のトピックを検索者がクリックすることにより自然と検索順位の向上へ繋がります。コンテンツとメタデータへより具体的なキーワードを使用することで、より明確な検索意図をターゲットにすることができ、より多くの検索ユーザーに検索結果をクリックさせること促します。

よりパーソナルな検索
Googleで「ウェブサイト」という用語を使用して検索しただけでは探している答えは見つからないように、今日では、誰もが検索エンジンやその機能に精通しています。それ以上に、人々はパーソナライズされたオンライン体験に慣れています。Netflixのおすすめシリーズから、パーソナライズされたメールマーケティング戦略に至るまで、人々はあらゆるサービスが彼ら向けにカスタマイズされることを期待しています。そして、これは検索においても例外ではありません。
最近のトレンドでは人々は検索エンジンをパーソナルアドバイザーとして利用するようになってきています。

「犬を飼うならどんな犬がいいか」や「今日のランチは何にしよう」 といったクエリが、今までにないほど増えています。キーワードの長さにおいて、よりパーソナライズ化した検索用語が目に見えて増えています。 検索者は答えを得るために、労力をかけず、より早く答えを求める傾向にあります。 その結果、具体的なクエリにすることによって、自分が知りたいことに関連性のある最適な答えを見つけることができます。ますますロングテールキーワードが重要になってきていることの証明ですね。

音声検索クエリへの答え
音声操作機能付きデバイスの増加に伴い、人々がウェブサイトを検索する方法にも変化が訪れています。 検索エンジンから情報を得るために、わざわざ単語を入力する必要はもはやないのです。 声に出して簡易的に検索できる音声検索が可能となり、運転中も料理中も、携帯電話を手に取るのが面倒な時でさえ、音声で検索結果を読み上げる機能が普及しつつあります。大抵の場合、タイプするより音声入力の方がてっとり早いので、音声検索の場合の検索用語は、タイプするときと比べてより長く具体的になる傾向があります。 このような理由からもSEO戦略にはロングテールキーワードを活用する意義があり、トレンドの音声検索クエリに対応する必要性もあるのです。

多くのバリエーション
ロングテールキーワードの面白い特徴として、検索用語には「ロングテールキーワードの見つけ方」「ロングテールキーワード 対策 方法」「ロングテールキーワード 上位 表示」など、バリエーションがいくらでもあります。

今やGoogle はトピックの類似性を理解できるまでになっています。 よって、上記の例文の1つをターゲットとした場合、複数のロングテールを自動的にターゲットとしていることになるのです。たくさんの小さなボリュームが1つになったこの塊が、あなたのトピックの大きなボリュームとなるのです 。

ロングテールキーワードを見つける6つの簡単な方法

ロングテールキーワードの必要性を理解したところで、どのようにロングテールを見つけるか学んでいきましょう。

Google検索結果ページ 「~に関する検索キーワード」
Googleは全ての答えを持ち合わせています。「ロングテールキーワードの見つけ方」のような曖昧な問いに対してもです!2〜3単語をGoogleへ入力し検索してみましょう。そして検索結果ページの一番下までにスクロールすると、「~に関する検索キーワード」の候補が現れます。これらは、検索者が最も検索しているであろうクエリです。しかしGoogleは、明瞭な答えとして優れたコンテンツは表示できません。そこであなたがこの関連した結果に着目するべきなのです!ここに表示されたキーワードを拾い、この関連トピックにまつわる記事やビデオ、またはその他のコンテンツへ発展させましょう。

関連する検索キーワード

Googleオートコンプリート
検索用語をタイピングし始めるとGoogle はその用語に基づいて自動的にロングテールキーワードを提案をしてくれます。この機能を活用すれば、あたなにとって的確なロングテールキーワードのリストを素早く簡単に作成することができるでしょう。

Googleオートコンプリート

Google サーチコンソール
Googleサーチコンソールは Googleの無料ツールで、ウェブサイトの運営者にとっては司令塔のようなものです。このツールではウェブサイト最適化の手助けとなるため、多岐に渡る項目にアクセスます。しかし、私たちが求めているのは「検索トラフィック」における活動です。Googleサーチコンソールの「検索アナリティクス」を見ると、あなたのサイトへアクセスするために、人々がどのようなキーワードをクリックしているかがわかります。そのリスト内で、あなたが使えそうなロングテールキーワードが見つかる可能性があります。さらに、「あなたのウェブサイトに関連しているが、まだ最善のコンテンツが作れていない」という事実ですらGoogleは理解してくれているのです。

Googleキーワードプランナー
Google広告のユーザー向けのサービスで、アカウントを取得することで利用できます。キーワードの月間検索数を調べることができ、適切なキーワードの選択に役に立ちます。

goodkeyword
キーワードを検索すると、関連ワードが表示され、サジェストワードを拾うことができるのでキーワード範囲を広げることができます。

ロングテールキーワードの使い方

あなたのターゲットとなるロングテールキーワードを見つけたところで、ロングテールキーワードの使い方を学んでいきましょう。ここでは検索クエリへの回答となるウェブサイトのコンテンツを考えます。まず下記4つの項目をロングテールキーワードのためにコンテンツを最適化する必要があります。 また、複数の戦略的な箇所へキーワードを設置することが重要となります。

> SEO タイトル:60文字で要約します。「あなたのウェブサイトを改善する10の効果的な方法」のように、クリックを促すような工夫を施しましょう。

> SEO ディスクリプション:あなたのページが何について書かれたものなのかを検索者が正確に理解できるように、ロングテールキーワードを含み、明確に記述しましょう。

> URL:ロングテールキーワードの主要部分はURLのドメインとして使用することを検討してみましょう。例えば「https://wix.com/2018/ブログ読者を増やすための8つのSEO対策/」のような要領です。

> テキスト:テキストの最初の段落にロングテールキーワードを挿入することが奨励されています。そして少なくとも2〜3回はコンテンツ内に含めると効果があると言われています。

次はあなたのウェブサイトへ価値を加えるロングテールキーワードを使用して、どのようなコンテンツを作ることができるか見ていきましょう。

ブログ
ブログ執筆は、SEO対策の戦略となるロングテールキーワードを使用するのに最も自然な方法と言えます。例えばあなたが東京で美容院を経営しているとします。その場合、 最適なヘア商品やヘアスタイルのチュートリアルといった多岐に渡るトピックをブログ記事に取り込むことができます。まずは思いつく限り、ざっくりしたトピックを書き出しましょう。美容関連なら、ヘアスタイル、メイクチュートリアル、フェイスケアなどです。その後、これらのアイデアを使い、「コントゥアリングメイクのチュートリアル」のような記事のトピックができます。あとはあなたのクリエイティブな執筆スキルを発揮するだけです。ブログの書き方についてはこちらの記事も併せてご覧下さい。

FAQページと商品ガイド
あなたの商品やサービスを、全ての人に正確に理解してもらうことは難しいでしょう。そして恐らく、あなたの潜在顧客も的確な情報をネット上で探していることでしょう。Googleサーチコンソールを使えば、消費者があなたの商品に関連してネット上でどのような質問をしているのかを見つけることができます。これらの情報を活用して、そこでFAQページや商品ガイドのページを作ることができます。

例えばあなたが高齢者向け又は妊婦向けのピラティススタジオを経営しているとしましょう。あたなの潜在顧客の中には、「65歳以上の私にもピラティスができるのか」「妊娠中でもピラティスは安全か」等の疑問を抱いて、その答えをネットで検索している人がいることでしょう。このような消費者の疑問を集め、それを解決するためFAQページやサービスガイドを作ってしまいましょう。

専用のランディングページ
冒頭でのピザの例えに戻りましょう。Googleサーチコンソールで 「ベジタリアンピザ 深夜宅配 青山」というクエリからあなたのウェブサイトへのアクセスがあるという事実を確かめたとしましょう。 このクエリをターゲットとしたランディングページを作成し、夜中にお腹が空いている人のために、”深夜以降50%オフ”というようにスペシャルオファーを提供する工夫もできます。

狙いを定めたコンテンツ作成の準備ができましたか?さぁ、Wixでホームページを作成しましょう!

ライター: Wix Team

今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

メールは既に存在します

正しいメールアドレスを
入力して下さい

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

メールは既に存在します

正しいメールアドレスを
入力して下さい