• 53k
  • 16
ウェブデザイン \ 2018年6月18日

ポートフォリオよくある7つの失敗

写真の撮影や編集のテクニックを学んだあなたの次のステップは、あなたの魅力的なポートフォリオでホームページを作成し、あなたの作品を世界に発信することです。楽しみですね!あなたは恐らく沢山のアイデアを既にお持ちで、その全てを実行することが待ち遠しいと感じているでしょう。
しかし、あなたの作品をいざWebサイトへ載せてみると思い描いていた見え方と違うということがあります。

私たちWixは、今まで沢山のポートフォリオを目にする機会がありました。その中で、気づいたことがあります。それは、サイト作成者が一生懸命心を込めてポートフォリオサイトを作成したけれど、見せ方のコツをつかんでいないことにより、サイト訪問者を遠のかせてしまっていることです。
そこで私たちは、よくありがちな失敗例を集めてみました!サイト訪問者を効果的に集客するために、失敗しないポートフォリオサイトを作成をしましょう。

失敗例1:質より量を選ぶ

ポートフォリオのホームページを作成する場合、一般的に、見る人の興味を引くためにサンプルとなるイメージ画像が多ければ多いほど良いという先入観があります。もちろんサンプル画像を表示する必要はありますが、単に沢山の画像を表示すればよいというわけではありません。

サイト訪問者の興味を引くことができる最善な方法は、様々なジャンルに分類し、スッキリと分かりやすい構成のWebサイトを作ることです。そうすることにより、サイト訪問者が興味のあるジャンルを選ぶことができ、更にサイトでの閲覧時間が長くなることが期待できるでしょう。
また、あなたが幅広いジャンルの写真を撮影をしているのであれば、各ジャンルのそれぞれ最良の画像を選択し、20~30枚ほどのメインギャラリーを作成しましょう。
質より量ではなく、「量より質」が大切です。

ヒント:もしもあなたがイベント専門やポートレート専門の写真家であれば、あなたのクライアントさんと写真を簡単に共有することができるWixフォトアルバムの利用をおすすめします。画像数の制限を気にすることなく、見やすいフォトアルバムを魅力的に仕上げる役目を果してくれます。

フォトアルバム

失敗例2:サイトのブランドイメージを考えない

他のアーティストと差別化をはかるため、写真家としてあなたのブランドイメージを世間に認識してもらうという重要性はよく忘れがちになります。見込み顧客がアマチュアカメラマンとプロカメラマンを線引きする基準は、あなたの腕がどんなに良いか、どれだけ経験があるかではなく、実はブランドイメージの場合が多いのです。

確立したブランドイメージを持つための欠かせない要素として、最適なドメイン名の選択が挙げられます。これは、あなたのポートフォリオサイトへGoogleやYahoo!などの検索エンジンからトラフィック増加が見込めます。また、同様に欠かせない要素としてブランドイメージの一貫性が挙げられます。あなたのサイトからあなたのソーシャルメディアまで同じブランドイメージを維持し一貫性を持つようにしましょう。

失敗例3:ユーザーエクスペリエンスを無視

サイト訪問者は、あなたのWebサイトを思い通りに閲覧できることを期待しています。よって、サイト訪問者の興味があるセクションへスムーズに導くことができる構成にする必要があり、そのためには、CTAボタンを効果的に使うとよいでしょう。

ここで最もやりがちな失敗は、ページのナビゲーションを使用せず自動再生でスライドギャラリーを使用することです。
最小限の設定であなたの写真を表示するには良い方法ですが、サイト訪問者はサイト内検索ができなかったり、見たい画像の箇所で停止できなかったりと、結果的に設定されたスライドショーを見続けることになります。このような失敗を避けるために、サイト訪問者へ優れたユーザーエクスペリエンスを提供できるよう、視覚的な機能がついたポートフォリオのレイアウトを使用するようにしましょう。

また、Webサイトで自動再生ビデオ (サウンドあり)と背景音楽は使用しないことが好ましいです。他人のヘッドフォンから漏れている音楽に好感が持てないのと同様に、視聴を希望していないサイト訪問者へ無理矢理サウンドを聴かせても良い効果はありません。もしもビデオギャラリーやミュージックライブラリーを設置するのであれば、音楽再生あり/なしの選択機能をつけましょう。

ビデオ

失敗例4:「お問合せ」情報の誤り

最終的に、あなたのポートフォリオサイトのゴールは、あなたのオーディエンスを獲得し顧客を増やすことです。それには、サイト訪問者がプロジェクトの相談や依頼をするため、あなたの連絡先情報が必要となります。しかし、実に多くの方が連絡先情報を正しく表示できていません。これはあなたのWebサイトで重要な要素の1つとなるので、ソーシャルリンクをあなたのWebサイトのフッターへ追加し、正しい連絡先情報が設定できているか確認しましょう。

あなたのWebサイトを気に入ったサイト訪問者は、あなたについてもっと知りたくなるでしょう。自己紹介文に時間をかけるのは重要度が低いと思われるかもしれませんが、サイト訪問者を魅了できる”About Me”を書くことは見込み客の決断を後押しする効果が期待できます。このメリットを利用し、”About Me”のページへ連絡先情報を掲載、又はお問合せフォームなどへ誘導するよう設定しましょう。

連絡先情報はあなたのビジネス又は目的によって異なります。もしあなたと同じ地域の顧客を探しているのであれば、あなたのビジネス名や住所、電話番号を含むことでローカルSEOの強化に繋がるでしょう。更に、この3つの基本情報はあなたのソーシャルメディアを含め、ホームページの各ページへ表示されるように設定することをおすすめします。

あなたの連絡先として、お問合せフォームの設置やあなたのSNSアカウントへ接続をする場合は、全ての連絡先情報が有効かどうかを必ず確認し、ビジネスチャンスを逃さないようにしましょう。

お問合せフォーム

失敗例5:イメージ画像に全て任せる

写真やイメージ画像は、言葉で伝えなくても見る人へ語りかけることができますが、有名な写真家でさえ、代替テキストで作品描写をする必要性があります。しかし、写真家の多くは自分がどのような人物でどのような作品を手掛けているかをポートフォリオサイト上で説明し忘れている場合がよくあります。自己紹介”About Me”を書くことの重要性と同様に、写真やイメージ画像の紹介文も欠かせないということも念頭に入れておきましょう。

あなたの写真やイメージ画像へ代替テキストを入力すると、Googleの画像検索結果に表示される可能性が高くなることに加え、検索エンジンでの検索結果の向上にも繋がり、あなたのサイトへのトラフィック流入が見込めるでしょう。

更に一歩進みたいあなたは、「写真ブログ」を始めてみましょう!あなたのターゲット層とコミュニケーションできるツールとなり、エンゲージメントや検索エンジン最適化 (SEO) にも良い影響が期待できるでしょう。

失敗例6:モバイルフレンドリーでない

モバイル対応しているWebサイトの重要性をご存知でしょうか?もしかすると、あなたは今、あなたのスマートフォンからこの記事を読んでいるかもしれません。一般的に、サイト訪問者の半数以上はモバイルデバイスからサイトへ接続していると言われています。まだモバイル最適化をしていない場合は、今すぐモバイルフレンドリーにしましょう!

モバイル最適化

失敗例7:サイト公開後の更新がない

あなたのポートフォリオサイトが公開された後も、まだやらなければいけないことがあります!

やるべきこと1つ目に、あなたのWebサイトを定期的に更新する必要があることが挙げられます。その理由は、あなたの仕事に対するスキルは日々向上し、あなたの最新作品を更新するべきだからです。また、コンテンツが常に同じままの場合、サイト訪問者は退屈してしまいサイトを訪れることを辞めてしまうかもしれません。

新しいコンテンツを頻繁に更新する時間が充分に取れない場合は、あなたのInstagramフィードアプリをあなたのポートフォリオサイトへ接続することをおすすめします。このツールを利用することにより、あなたがInstagramで投稿した画像が自動的にあなたのサイトに反映されます。Instagram経由の投稿をメインギャラリーとしたり、あなたの最新作品を更新する場としても利用できるでしょう。

やるべきこと2つ目は、常に変化するポートフォリオサイトのデザイン動向に目を向けておくことです。そうすることにより、あなたのWebサイトに最新トレンドを取り入れることができます。

あなたの魅力的なポートフォリオサイトを公開する準備はできましたか?Wixでは無料でポートフォリオサイトを作成できます!

ライター: Wix Team

今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

メールは既に存在します

正しいメールアドレスを
入力して下さい

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

メールは既に存在します

正しいメールアドレスを
入力して下さい