ロゴデザインで重要な「色」の選び方

ロゴの色選びは、見た目以上に奥が深いものです。色に込められた意味を知り、あなたのブランドとストーリーを表現するロゴを作るためのヒントを見ていきましょう。

ロゴの印象は

色で決まる?

ブランドカラーの選び方のコツ

ロゴカラーブランドアイデンティティに直結します。ブランドが伝えたい価値観やメッセージに合ったカラーパレットを選ぶことが大切です。配色を決める前にまずそれぞれの色の意味を調べて、デザインのインスピレーションを探してみましょう。

色彩心理学

人の心は色によって深く影響を受けます。色の濃淡が違うだけでも、無意識のうちにブランドに対する印象に影響を与えたり、特定の感情や感覚を呼び起こしたりすることがあります。例えば、は信頼感や忠誠心、は高級感や想像力を表します。コーポレートカラーを選ぶ際は、色が見る人に与える心理的な効果を考慮して、伝えたいイメージとそれを最もよく反映するカラーテーマを探すことが大切です。

色が呼び起こす感情

優れた配色のロゴはより生き生きと魅力的に見えるものです。しかし、色は単に外観を飾るだけのものではありません。ある色が人の環境や過去の経験と深く結びついている場合、その色を見ることで特定の感情が呼び起こされることがあります。

業界にマッチした
色の選び方

食品

食品業界や飲食店の多くは、人々の注目を集め、食欲を刺激するオレンジ黄色など暖色系の色を採用しています。また、一部の食品ブランドでは栄養や健康をイメージさせる、スイーツやデザートにはピンクなどの色がよく使用されています。

健康 & ウェルネス

健康志向の企業には、自然とのつながりや健全さを表すが好まれます。また、活力やエネルギーを連想させるオレンジや、冷静さ、信頼性、責任感を表すもよく選ばれています。

ファッション & 美容

この業界では、洗練と魅力の象徴であるや、情熱と自信を醸し出すオレンジピンクなどの暖色系がよく使われます。

ハイテク

ハイテク企業には、信頼、知性、効率を象徴するが最もよく使われます。また、親しみやすく楽観的なオレンジや、品質と創造性を表すも好まれます。

カラフルなロゴサンプルをチェックしよう

Wix 公式ブログでは、デザイン & ブランディングの専門家が

ロゴに適した色選びのコツをご紹介しています。

おしゃれな
本格ロゴを
無料で作成

わずか数クリックで、ビジネスに使えるオリジナルロゴをデザインできます。