ブランド力を強化:ブランドアイデンティティを理解する!


ある特定の企業を視覚的に捉えた時に、Facebookといえば青、Twitterといえば水色というように企業が色と結びつく、または、ビジネスロゴを見ただけでその企業が提供しているサービスや商品を関連付けることができる、といったことがあると思います。これは、ブランディングの力です。このような企業は、マーケティング戦略としてブランドアイデンティティが明確になっていると言えます。


ブランドアイデンティティと聞いても、何かぼんやりとしたものに思えるかもしれません。そこで、あなたのオーディエンスへ大きな影響を与えるブランドアイデンティティへの理解を深めましょう。ブランドアイデンティティをビジネスシーンへ取り入れる方法、そしてソーシャルメディアやWebサイトを活用する際のポイントも含めて解説します。



ブランドアイデンティティとは


ブランドアイデンティティは、ビジネス成功への基本的な部分です。言い換えれば、ブランドの目的、ビジョン、価値、そして自社ブランドを顧客にどう思ってほしいかを明確にしたものを指し、競合他社と差別化する役割を果たします。

例えば、私たちが日常的に自分のアイデンティティをある特定のファッション、音楽、交流などを通じて見た目や行動により表現しますが、これをビジネスにあてはめるとビジネスが自らの独自性を持ちオーディエンスへアピールすることを意味します。



ブランドアイデンティティを明確にする方法


ブランドアイデンティティを構築するプロセスには実際的なステップが含まれますが、重要な部分に到達するにはいくつかの概念的な作業を行う必要があります。以下、あなたのブランドを定義するために役立つポイントを紹介します。これらの知識があなたのブランドアイデンティティを明確で一貫したものへと導くでしょう。


ブランドの個性:ブランドが持つ個性について考えます。あなたのブランドの個性を見つけることは挑戦的ですが、あなたが正しい方向へ向かうため、まずは下記の質問を自分自身に問いかけてみましょう。


あなたの顧客との理想的な対話は?対話中にあなたが顧客に対して期待する感情は?

問いかけた後、あなたとの対話後に顧客が友人らと会話をしているところをイメージして下さい。さて、顧客はあなたのブランドに対してどのような印象を抱き、それをどのように友人へ伝えるでしょうか?このような質問に対しての答えを見つけ出すことで、あなたが思い描くブランドへの理解が深まるでしょう。


コアバリューの定義:ブランドに価値をもたらすためには、利益以外の目的を持つことが必要となるでしょう。ブランドは顧客との繋がりを持つことでより成長し、また、顧客がお金では買えない価値をあなたのサービスまたは商品から見出すことで、あなたのブランド価値をより高めることに繋がるでしょう。


そこで、人々があなたのブランドから得る付加価値について考えます。ファッション関連のビジネスであれば、あなたのブランドを身につけ、自信に満ち溢れることが顧客が得る価値かもしれません。または、あなたの提供しているサービスで顧客へ癒しと安らぎを与えることかもしれません。レストランを経営しているのであれば、顧客が家族や友人と素敵な時間を過ごす場を提供するという価値が生まれるかもしれません。


あなたのブランドの促進に繋げるためにこのようなコアバリューをリストにし、どのようにあなたのコアバリューをブランド個性と結びつけることができるか考えて見ましょう。


ビジョンの設定:あなたのブランドの未来像について考えることは、より深いレベルであなたのオーディエンスと交流する機会が生まれ、あなたのブランドアイデンティティの構築に役立つでしょう。あなたがやるべきことは、個人としてまたは会社としての見方をオーディエンスへ伝えることです。

ここでは、取り入れるべき2つのアングルがあります。

1つ目は、あなたに焦点を当てます。ビジネスを始めたきっかけは何ですか?達成したい目標は何ですか?

2つ目は、あなたのオーディエンスに焦点を当てます。あなたのブランドは、オーディエンスの日常生活のどの部分へ入り込むことができますか?オーディエンスに何を提供しますか?オーディエンスとあなたとの間の相互作用はどのようなものですか?

明確なビジョンを持つことで、あなたの潜在的顧客があなたの創り上げたビジョンへ足を踏み入れやすくなるでしょう。





ブランドアイデンティティの作り方

ここまで準備ができたら、次のステップは理論的な結論を実行に移すときです。

実行するにはまず、デザインを抜きにしては語れません。あなたのWebサイトの外見はブランドアイデンティティの重要な要素となります。前半ではブランドの個性、価値、未来像に関して定義しました。ここからは、デザインセンスに焦点を当てる時です。以下のステップを確認しましょう。


注:これらの手順で、ブランドの視覚的な部分をすべて網羅できるわけではありません。 Webサイト作成、広告デザイン、ソーシャルメディアなど多岐に渡るデザインタスクに遭遇することとなります。以下3つのステップの目的は、すべてのデザインタスクを導くため、全体のビジュアル的な言語を定義することです。





適切なデザインジャンルの見極め:あなたのブランドはプロフェッショナルな外観を要しますか?レトロなスタイルですか?それとも上品さ、あるいはスポーティーさを強調しますか?ミニマリストの外観が適切ですか?

答えは、もちろん、あなたのブランドアイデンティティを視覚的に表現するために適切なスタイルを選択することです。 ブランドの個性を表すロゴ作成:あなたのビジネスロゴは、あなたのビジネス名と同じくらいブランドアイデンティティにおいて重要性があります。ロゴがあなたのブランドの本質を視覚的に表現することが目的です。ロゴデザインの作成には、Wixロゴメーカーがあなたに役立つオンラインツールとなるでしょう。あなたのブランドに関していくつかの簡単な質問に答えるだけで、あなた好みのロゴをWixロゴメーカーが自動作成します。また、ロゴ作成に役立つ2019年のロゴトレンドをまとめた記事も併せてご覧下さい。





カラーとフォントを選択:カラーとフォントは、あなたのブランドをデザインするにあたり欠かせない要素となります。あなたのブランドに必要な外見をつくり出す材料となり、しっかりとした土台作りのためにも注意深く選択する必要性があるでしょう。以下のステップを参考に、あなたの理想的なカラーパレットとフォントを見つけましょう。





あなたのオーディエンスとシームレスにコミュニケーションを取るためには、あなたの言葉について考える時間を要します。テキストを使いブランディングを高めることは、ブランドアイデンティティを構築する上で視覚的な側面と同じくらい重要性があると言えます。


キャッチフレーズを書く:あなたのブランドを短い語句で表現する場合、どのようなフレーズを思いつきますか?あなたのビジネスが何であるかと何を提供しているかの簡単な声明。キャッチフレーズとは、まさにこれです。短い語句というだけではなく、オーディエンスの目を引く魅力的なフレーズである必要性もあります。キャッチフレーズの難しいところは、いかにユニークで魅力的であるかということです。素晴らしい例でいうと、ディズニーランドのキャッチフレーズ「地球上で一番ハッピーな場所」です。


ブランドビジョンを書く:あなたのブランドビジョンを書き出してみましょう。説得力を感じる文章であるだけでなく、顧客や潜在的観客を引き付ける魅力的な方法であなたのビジョンを伝えなければなりません。1段落ほどの短いバージョンと3~5段落ほどの長めのバージョンを用意することをお勧めします。異なるマーケティング戦略に合わせて、そして様々なプラットフォームに合わせて使い分けることができます。


ブログを書く:ブログは、ブランディングとブランドアイデンティティの構築をより拡大するでしょう。そして、ブログは他のマーケティングツールよりも自由な創造性をもたらします。より個人的な声のトーンを使用し、ビジネスの「舞台裏」を見せることができます。つまり、あなたのブランドアイデンティティをフォロワーに伝えるための強力な方法となるのです。ブログを始めたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。





適切なプラットフォームを見抜く:すべてのマーケティング手法が、すべてのビジネスにうまく機能するわけではありません。あなたが実行するマーケティング手法があなたのブランドに適切かを判断するために、どのプラットフォームが向き不向きかを理解する必要性があります。例えば、Instagramを活用して利益を得ることのできるビジネスもありますが、ビジュアルよりもコンテンツ志向のビジネスの場合は、InstagramよりもLinkedInのようなプラットフォームの活用が適していると言えるでしょう。


オンラインプレゼンスを築く:オンラインプラットフォームはあなたのブランドアイデンティティの確立のため、複数のオプションを提供します。 Webサイトやソーシャルメディア、Eメールなどの活用は、あなたのオーディエンスとのコミュニケーションを深めることを促し、今回の記事で学んだすべてのブランドアイデンティティの特性が機能します。また、オンラインマーケティングは、試みや改善の余地が十分にあるという点で柔軟で動的でもあり、オフラインマーケティングに比べて低コストです。


オフラインマーケティングの機会を探る:オンラインプレゼンスに目を向けてきましたが、オフラインマーケティングを避ける必要はありません。どのようなタイプのオフラインプラットフォームがあなたの目的に適しているかを見出しましょう。例えば、ある企業はスポーツ団体のスポンサーになることが彼らのブランディングに適しているかもしれません。または、セミナーやミートアップへの参加が適している企業もあるはずです。新しい機会を掴むためにアンテナを張りめぐらせ、戦略的に自分のビジネスに適するものを選択しましょう。





留意すべきポイント

一貫性を保つ:一貫性はブランディングにおいて非常に重要です。ロゴ、カラーパレット、または声のトーンに一貫性を持たせることで、ブランドアイデンティティの明確さを維持できます。


シンプルにする:ターゲットユーザーがあなたのブランドを直感的に認識できるようにすることは理想的と言えます。ブランド化への取り組みにおいて、あなたのメッセージをシンプルかつ明確に保ちましょう。


オンラインプレゼンスの準備はいいですか?さぁ、Wixでホームページを作成しましょう!



ライター: Wix Team





#ブランドアイデンティティ #ブランディング #Wixロゴメーカー


ja03.png