ランディングページ( LP )を無料で作成!作り方のコツ&手順を徹底解説


ランディングページの作り方

この記事は 2015年 11月 2日に公開、2022年 6月 2日に更新しました。

オンラインで商品やサービスを提供するとき、ユーザーに大きな訴求力をもつツールがランディングページ( LP )。LP は訪問者の購買意欲の醸成から購入にいたるまでユーザーをスムーズに誘導することができます。ポイントを抑えて、戦略的に作られた LP は新規顧客の獲得や売上の拡大に大きな効果を発揮するでしょう。


そこで、この記事ではランディングページの作り方の基本と Wix を使って無料で作る方法を紹介します。



ランディングページとは


ランディングページとは、商品やブランドに興味を抱いたユーザーが、最初に「着地」するページのこと。広告や検索エンジン、そしてSNSのリンクからの訪問者を集める受け皿として機能します。狭義では、特に購入や申し込みなどのアクションの誘導を目的とした、縦長レイアウト Web ページを意味します。オンラインマーケテイングにでは主に後者の意味で言及されている場合がほとんどです。ランディングページでは、1ページに商品情報をまとめ、ページ単体で訪問者に購買意欲の醸成からアクション起こすところまでの役割を担います。また、訪問者にアクションをさせることが目的のページであるため、一般的には目的とするアクション以外のページへのリンクは張りません。


Wix では無料で使えるランディングページテンプレートが種類豊富。サイト作成が初めての方でも簡単にカスタマイズができ、 LP の目的に合わせて自在にデザインすることができます。さらなる成果を目指し、機能的なランディングページを作成してみましょう。


>>ランディングページテンプレートを見てみる



ランディングページの効果


ランディングページを作成することで、商品に興味をもったユーザーが、効果的に購買意欲を高め、コンバージョンすることの後押しができます。例えばネットショップでは商品購入やメルマガ登録といったアクションを促すことで、売上を直接成長させることができるでしょう。また、ランディングページでは、明確な CTA(Call-To-Action)を1つに絞って設置することでその効果をより発揮しやすくなります。



Wixの無料ランディングページテンプレート


ランディングページの作成手順

それでは、実際にランディングページを作成する際の手順を確認してみましょう。

  1. 構成を考える

  2. デザイン・ライティング

  3. 開発またはテンプレートから作成

  4. 画像・コンテンツを追加する

  5. ページ公開・効果測定


1. 構成を考える


LPの目的は、訪問者に何らかのアクションを起こしてもらうことです。そのため達成したい目標を明確に設定し、測定可能な目標値(KPI)を設定しましょう。サイトの細部に至るすべての要素に意味を持たせましょう。 デザインにおいても、LPの目的を強調する最も重要な部分を目立たせるために情報を階層化し、メリハリをつけ、どこに CTA を設置すると効果的であるかよく分析しましょう。ヘッダー、サブヘッダー、ボタン、画像は、訴求ポイントを効果的に伝える役割を担います。これら全ての要素は一貫性を持たせるようにしましょう。「購入してほしい」「登録してほしい」といった目的がダイレクトにユーザーに訴求できるか確認してください。



2. デザイン・ライティング


ユーザーがランディングページを開いた時に、すぐにブランドアイティンティティが伝わるような LP デザインを作成しましょう。また、ユーザー心理を理解した、戦略的なレイアウト構成も有効です。「クリックしたい」「もっと知りたい」という心理を訪問者から引き出しましょう。必ずしもランディングページの最下部までスクロールをしてもらえるとは限りません。最も重要なデザインやコンテンツは、スクロールが不要な領域であるファーストビューに配置するようにしましょう。


キャッチコピーやメリット・ベネフィットの文章の力をあなどらないでください。魅力的な文章を作成することで、訪問者により強く訴求することができます。また、訪問者が CTA をクリックすることで得られるメリットを明確に説明することで、クリック率を高めることができるでしょう。



3. 開発またはテンプレートから作成


LP を作成したことがない人も、 Wix のテンプレートからなら自由自在にオリジナル LP を作成することができます。その上、ランディングページ向けテンプレートは、クリックを促すことを特に意識してデザインされているので、あなたのビジネスやブランドに最も適したテーマやデザインを選んで、オリジナルの画像、テキスト、リンクを追加するだけで、プロ仕様のランディングページが作成できるでしょう。


たとえば、下記の画像ようなシンプルな LP テンプレートをはじめ、Wix は無料で LP が作成できます。あなたのブランドニーズに合わせて自由にカスタマイズすることで、オリジナル LP を簡単に作成してみましょう。


ランディングページのテンプレート


4. 画像・コンテンツを追加する


印象的な画像を用いて訪問者を惹きつけましょう。文字だけでは表現しにくい内容は、画像を使うことでより効果的に伝えることができます。商品画像などは、プロフェッショナルな写真を使用することで、格段に LP の印象が良くなります。


コンテンツの配置に関しては、CTA に焦点を合わせて設計するよう心がけましょう。ページの目的に関連しない、または訪問者を迷わせてしまうような要素は避け、シンプルで操作しやすいウェブデザインにまとめます。



5. ページ公開・効果測定


ランディングページを公開しても、終わりではありません。 KPI を達成しているかどうか、定期的なモニタリングが必要になります。しかし、 LP は公開したらすぐに成果に結びつくものではありません。モニタリングを通して日々改善し、成果が出るLPにしていく必要があるのです。 Google アナリティクスや Ascend by Wix などの分析ツールを使い、効果を測定しながら、LP を成長させていきましょう。


ランディングページへアクセスを集める方法

ランディングページが目的を果たすためには、まずページそのものへ訪問者を誘導する必要があります。トラフィック流入を得るために以下のヒントを参考にしてみましょう。

  • メールマガジン配信機能を活用して、作成したランディングページについて記したメルマガを配信をする。

  • Instagram や Twitter などの SNS アカウントや SNS 投稿にランディングページの URL を張り流入を促す(広告を出す出さないに関わらず)。

  • ブログ記事内にランディングぺージのリンクを追加する。ブログをお持ちでない場合は、この機会にブログを開設するのも良いでしょう。

  • 高度な SEO 機能を活用してランディングページの SEO 対策を行う。そうすることで、検索エンジンでのページ表示順位が向上する可能性が高まり、オーガニック検索(自然検索)としてユーザーに見つけてもらえるチャンスが増えるでしょう。

  • 検索エンジン上で PPC 広告(クリック課金型の広告)を出稿し、ランディングページへの誘導を促す。


ランディングページにトラフィックを呼び込むコツを掴んだところで、訪問者がランディングページ上での CTA ボタンをクリックした後の遷移先について考えてみましょう。先述の通り、ランディングページの最終的な目標は訪問者からのクリックの獲得ですが、クリックした先に表示されるページの目的は様々です。

たとえば、商品購入を促すためにショッピングカートへ誘導する、申し込みや資料請求を目的としたお問い合わせフォームを表示する、または企業公式サイトへ誘導するといった目的が挙げられます。訪問者がワンクリックの先に見るページがどのようなページであるべきかを慎重に考えた上で、訪問者がそのページへ簡単にたどり着けるようなスマートなナビゲーションを意識しましょう。



Wixのランディングページ


まとめ


いかがでしたか?

効果が高いランディングページを作成することで、オンラインマーケティングで得た成果を相乗効果的に高めていけることでしょう。優れたランディングページを作成できれば、大きな成果をつかむことも夢ではありません。

まずはWix のランディングページのテンプレートからお好きなテンプレートを選び、無料でランディングページを作成してみましょう。



編集者: Miyuki Shimose

ブログ コンテンツマネージャー






ja03.png