Wix サイト 高速化への道のり

ここ数年にかけて、Wix はサイトをさらに高速化し、コアウェブバイタル(CWV)の劇的な改善を達成。CWV で良好なスコアを獲得した Wix サイトの比率を10倍以上に増加させることができました。

この実現に向けて Wix がたどった道のりを動画でご覧ください。

動画スクリプト

 

スピーカー

ギル・エクシュタイン

パフォーマンス チームリーダー 

 

ここ数年で、Wix は Web サイトを大幅に高速化し、コアウェブバイタルを劇的に改善しました。スコアとしては 10 倍の数値が出ています。

 

まず、グローバルに分散した CDN インフラですべてのサイトをホストし、HTML を含むすべてのサイトリソースの自動キャッシュを可能にする対応などを行いました。 

これにより、サイト訪問者の場所、ネットワーク、デバイスに関係なく、サイトがすばやく読み込まれます。

 

さらに、レイアウト変更を最小限に抑えるため、すべてのコンポーネントを、適切なサイズ、CSS アスペクト比、フォントのプリロードを使用して構築しました。そうすることで、累積レイアウト変更 (Cumulative Layout Shift) スコアが良好になります。

 

画像およびフォントのリソースを優先し、ビューポート外の要素は遅延読み込みとすることで、最大視覚コンテンツの描画 (Largest Contentful Paint) も最適化しました。


速度を上げるための対応は他にも行っています。
 

– サイズ変更とトリミングを行いながら画像を自動的に WebP に変換し、メディア配信を最適化しました。 

 

– Brotli を使用してすべてのリソースを圧縮し、ダウンロードを高速化しました。

 

– Web Workers を使用して JavaScript をブロックするメインスレッドを減らし入力遅延を最小限に抑え、サイトの応答性を向上させました。

 

– コード分割と動的インポートを使用して、複雑さにかかわらずサイトが素早く読み込まれるようにしました。

 

– また、カスタム要素、リソースのプリロード、優先度ヒント、HTTP/3 などの機能も使用しました。

 

これらにとどまらず、皆様ご自身でもパフォーマンスを高められる実装があります。サイト速度ダッシュボードで詳細な日次パフォーマンス レポートを確認することができます。ご自身が行う変更がサイトのパフォーマンスにどのような影響を与えるかをテストすることができます。

 

以上がこれまでの成果です。とはいえ、私たちは常に機能強化に取り組んでおり、新しい要素や機能を開発する際は、必ずパフォーマンスを意識しています。

 

どのような事業者の方に対しても、Wix は高パフォーマンスの Web サイトを用意しております。