クラウドホスティングとは?注目のマルチクラウドホスティングを詳しく解説


99.9%の稼働時間を誇るクラウドホスティング

新商品の発売やセールなどでアクセスが集中し、サーバダウンに陥ると大きな機会損失が発生するだけでなく、ブランドの信頼を傷つけることにもなります。ECサイトやビジネスサイトの管理者にとって、リスクを分散しサーバーダウンの危険性が最小限となる環境を構築することは最重要課題のひとつです。

このような潜在的かつ深刻な問題に対処するために、クラウドホスティングは進化を遂げてきました。今や世界はあらゆるところで接続されており、ビジネスはその規模を問わず、グローバルな Web インフラを利用してサイトの信頼性と高度なセキュリティ、事業の継続性を確保しています。「サーバ稼働率100%」はなかなか保証されないものの、それに近い信頼性を発揮するとして今注目を浴びているのが「マルチクラウドホスティング」です。

ホームページの作成起業をお考えの方は、マルチクラウドホスティングを採用したホスティングソリューションを選択することで、パフォーマンスを妥協することなく Web サイトの信頼性を確保することができます。

少しカタカナが多い技術的な内容ではありますが、このブログではマルチクラウドホスティングについて、そしてそれが規模を問わずホスティングを求めるあらゆる企業のニーズに適している理由について説明します。



01. ホスティング(レンタルサーバー)はなぜ必要?

ホスティングサービスにはさまざまな種類があります。それぞれ機能やメリットが異なるため、自分のサイトのニーズに合ったサービスを選ぶことが大切です。

これまで、はじめてホームページを開設する人の多くは共有ホスティングサービス(複数のサイトが同じサーバーでホスティングされている)いわゆる、レンタルサーバーを選ぶ傾向にありました。これは個人サイトなど大規模なトラフィック数のない小規模なホームページに適したオプションで、比較的安価に利用できます。

その後、サイトやビジネスが成長し始めると、多くの中堅企業は VPS ホスティング(仮想専用サーバー:Virtual Private Server )やクラウドサーバーのような別のオプションを検討し始めます。つまり、共有サーバーに専用スペースと処理能力を確保するのです。このオプションは、サーバー上のトラフィック急増の影響を受けにくい反面、通常は共有ホスティングよりもコストがかさみます。VPS ホスティングは企業やトラフィック数の多い eコマースサイトには向いていませんし、サイト専用のサーバーと比べると信頼性はそこまで高くありません。

一方、クラウドホスティングは、あらゆる規模の Web サイトの需要に対応できるよう進化してきました。このタイプのホスティングは、突然のトラフィック急増にも対応でき、サーバ稼働率 99.9%(ホスティングの中で最も信頼性が高い数値)を誇ります。また、単一障害点がなく、サイトの状況に合わせたスケールアップも可能です。また、ホームページ作成サービス(Wix を含む)の中には無料でクラウドホスティングを提供しているところもあります。



クラウドホスティングサービスとデバイス


02.クラウドホスティングとは

一般的なウェブホスティング(レンタルサーバー)は、物理的なサーバー内にあらかじめ必要なスペースを購入し、ユーザーはデスクトップやモバイルなどのさまざまなデバイスから、サーバーに保存されているサイトにアクセスできるようにするサービスのことを指します。


クラウドホスティングも同じように機能しますが、クラウドの場合、サイトは物理的なサーバーではなく仮想サーバー上でホストされます。この仕組みは「クラウドコンピューティング」という大きな概念の一部にあたるものです。クラウドコンピューティングという言葉はなじみがないかもしれませんが、スマートフォンでのブラウジング、仕事用のファイルの保存、お気に入りのアプリへのアクセスなど、日常生活で何気なく行っているコンテンツの保存・配信はすべてこのクラウドコンピューティングの機能です。

パブリッククラウドベースのサービスやホスティングプロバイダーの例としては、Microsoft Azure、IBM の Blue Cloud、Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)などが挙げられます。これらのパブリッククラウドプラットフォームはいずれもサイトのホスティングに利用できますが、サービスによって信頼性とコストは大きく異なります。

クラウドホスティングは、非クラウド型のウェブホスティングよりもパフォーマンスに優れています。たとえば、柔軟性の高さではクラウドホスティングの方が上であると考えられています。短期的なニーズ(例:ネットショップでブラックフライデー期間中に突然のトラフィック急増が予想される場合など)やビジネスの長期的な成長に応じて、サーバーの処理能力を調節することができるからです。

03.マルチクラウドホスティングとは

マルチクラウドホスティングはクラウドホスティングをさらに改良したもので、場所や企業規模に関係なく、すべてのユーザーにエンタープライズクラスのパフォーマンスと信頼性を提供します。マルチクラウドホスティングでは、ホスティングプロバイダーが Google CloudAmazon Web Services(AWS)などのパブリッククラウドサービスとプライベートサーバーや社内サーバーを接続して Web サイトをホストします。さらに、停電を事前に回避し、ネットワークとサーバー間のトラフィック負荷のバランスを取るといったプロバイダー側での管理体制も充実しています。

マルチクラウドホスティングを利用すべき大きな理由は、その信頼性にあります。利用する側が煩雑な設定や管理をしなくても、安心してサイトを常時稼働させることができます。以下では、Wix のマルチクラウドホスティングを例にして、Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud、Wix の社内サーバーを使用するソリューションについて説明します。

想定外の事態が起こり、AWS が一時的にオフラインになったと想像してみてください。この場合、AWS でホストされているすべての Web サイトもオフラインになります。 しかし、Wix のマルチクラウドホスティングサービスのようなサービスを使用している場合は、ひとつがダウンしても Google Cloud のような別のネットワークでこの状況をカバーすることができます。AWS と Google Cloud の両方がダウンしてしまった場合、Wix の社内サーバーがサイトのホスティング業務を引き継ぐため、問題なくビジネスを継続することができます。



Wix マルチクラウドホスティングと ECサイト


マルチクラウドホスティングの主な特徴


  • 複数のサーバー(パブリック、プライベート、内部)が利用可能

  • 世界中に配置された複数のコンテンツ・デリバリ・ネットワーク(CDN)でサービスを提供

  • サービスプロバイダーによる年中無休の管理およびメンテナンス

  • 帯域幅が無制限(ユーザーのニーズに合わせてストレージも拡張可能)

  • サーバ稼働率最大 99.9%サービスを

  • リモート管理でサービスを自動化

  • 無料または使用量に応じた課金システム

マルチクラウドホスティングのメリット


ホームページを作成するなら、まずはマルチクラウドホスティングのメリットを検討したいところです。ここでは、あらゆる規模のサイトに対応するマルチクラウドホスティングのメリットをご紹介します。


信頼性とスケーラビリティを両立


マルチクラウドホスティングは信頼性の高いサービスです。サーバダウンによる損失が大きい EC サイトにとって、サーバー稼働率は非常に重要な指標です。100% のサーバ稼働率は保証しがたいにしても、Wix のようなクラウドホスティングプロバイダーはサーバ稼働率 99.99% を実現しているため、安心してビジネスを運営できます。

クラウドホスティングにはサイトの自動バックアップも含まれています。万が一ネットワーク障害が発生した場合はサイトの内容が自動的に復元されます。信頼性の高い Web ホスティングを採用することで、サイトを安定稼働させるだけでなく、トラフィックの急増やサーバーの停止などでブランドの評判が損なわれるといった事態も回避できます。

また、スケーラビリティ(拡張性)に優れていることもメリットのひとつです。マルチクラウドホスティングは、内部クラウド、パブリッククラウド、専用クラウドといった複数のネットワークを利用して Web サイトのデータ管理と配信を行います。サイトのトラフィックが増加したり、ビジネスニーズが変化した場合も、マルチクラウドホスティングならそれぞれのサーバに負荷を分散させて突然のトラフィック急増に対応することができます。



マルチクラウドホスティングのメリット


フルマネージドサービスだから安心:


マルチクラウドホスティングは、専門家の管理が必要となる複雑なソリューションです。また、複数のパブリッククラウドとプライベートクラウドを接続するには多大なコストがかかります。しかし、設定と管理をすべておまかせすることができるフルマネージドなクラウドサービスなら安心です。マルチクラウドホスティングサービスを利用すれば、自社で時間とお金をかけずにこの優れた技術を簡単に導入できます。オンライン障害や災害が発生した場合、ほとんどのマルチクラウドホスティングプロバイダーは Web サイトの自動バックアップとリカバリを実施します。これによりサイトのダウンタイムを長引かせることなく、ビジネスをより早くオンラインに戻すことができます。

ホスティングサービス選定のヒント:Wix のホスティングはフルマネージド型のマルチクラウドサービスで、ユーザー側での管理は一切不要です。Wix では「War Room(作戦ルーム)」という部門を設けて、年中無休でサーバーやネットワークが停止する可能性を事前に察知しています。また、Google と AWS のクラウドサービスに関わる追加サポートもサービスに含まれます。


サイトのパフォーマンス向上:

ユーザーとしては(そして、検索エンジンも)サイトが高速で読み込まれ、サクサク動いてくれることを期待したいものです。動画の視聴であれ、製品の購入であれ、コンテンツが数秒でスムーズに配信されるかどうかによってユーザーエクスペリエンスの質も変わってきます。クラウドホスティングでは「ジオクラスタリング」という手法を採用し、CDN のネットワークを通じてユーザーの所在地に地理的に近いサーバーからコンテンツを配信しています。これによりページの表示速度が向上するため、結果として顧客エンゲージメントを高めることができます。


まとめ


サイトを安定して継続的に運営するためには、クラウドホスティングの基本を理解し、自分のサイトのニーズにあったホスティングサービスを選ぶことが肝要です。マルチクラウドを導入する場合、個々のベンダーの強みや弱みを把握し、時間と労力をかけて最適なベンダーを複数選択することが必要になりますが、フルマネージドなマルチクラウドホスティングサービスなら、セットアップや管理が不要なのですぐに利用することができます。Wix マルチクラウドホスティングは稼働率 99.99% を誇り、安心してサービスの利用を始めることができます。 Wix でのホームページを作成をぜひ検討してみましょう。



Miyuki Shimose

編集者:Miyuki Shimose

ブログ コンテンツマネージャー

ja03.png