効果的な CTA とは?5 つのテクニック大公開



CTA とは、コール・トゥー・アクションの略で「行動を喚起する」という意味です。CTA はサイト訪問者へあなたがとってもらいたい行動を誘導する役目を持ち、バナー広告やブログなど Web サイト上のいたるところで目にしたことがあると思います。


単に CTA ボタンのクリックを促すのではなく、CTA をクリックすることでユーザーが得られるメリットを可能な限り明確に示す必要があります。


私たち Wix は 10 年以上の経験を通じ、CTA の試行錯誤を重ね、何が効果的か、何が効果的でないかを学びました。これからご紹介するガイドラインは、Wix の意向を明確にするため、そして一貫した CTA ボタンを作成するために大いに役立ちました。


私たち Wix が経験から学んだ鉄則を一挙公開!



01. 「こちらをクリック」は使わない


CTA とは明確で簡潔であるべきことから「こちらをクリック」という言葉を使いたくなるでしょう。しかし、これだとクリックすべきということは示すことができても、 「なぜ」 クリックすべきなのか示すことができていません。ユーザーにとってのメリットを示す CTA にするよう心がけましょう。


「クリックしたら何が起こるのか」「なぜクリックする必要があるのか」「クリック先から何が得られるのか」が明確となった CTA が好ましいと言えます。



02. 1つの行動を示す


一般的に私たちが直面する共通のミスは、1 つの CTA にアイデアを詰めすぎてしまうことです。これは、文字を詰め込みすぎて CTA ボタンの幅が長くなり不明瞭となるだけでなく、サイト訪問者を混乱させてしまいます。CTA ボタンに 2~3 つもの指示を追加すると、サイト訪問者はどの行動を取るべきかわからず、クリックすべき理由も不明瞭です。


そのため、CTA ボタンには 1 つの行動のみ示します。複数の情報を提供する必要がある場合は、本文のテキストに記述しましょう。そうすることにより、ユーザーにとってはもちろん、あなたの CTA ボタンが効果的に機能しているか分析する際にも役立ちます。



03. アクションワードの使用


ユーザーに期待する行動を取ってもらうには、あなたのサービスや商品がどれほど魅力的かをデザインやテキスト上でアピールすることが大切です。優れた CTA とは、電話する、メールを送るなど行動を表す「アクションワード」を含む文言を選ぶことでより効果的にクリックへと繋がるでしょう。



04. あなたの Web サイトと CTA のトーンを調和


CTA ボタンを可愛く、またはシンプルに見せるなど好みのデザインにするためのカスタマイズは簡単です。しかし、CTA ボタンはあなたの Web サイトのテキストと同じようなスタイルとトーンにすることが好ましいです。一貫性のない全く異なったスタイルは、サイト訪問者を混乱させ、迷惑な思いを与えてしまう場合があります。サイト訪問者が行動を起こさずページを離れてしまうことがないよう、あなたの Web サイトに統一感を持たせましょう。



05. 売ろうとするのではなく、まず価値を伝えよ


私たち皆、一度は押し売り営業をされた経験があるのではないでしょうか。これは快い事ではなく、結果としてそのブランドへ否定的な印象を残すだけでなく、その先そのブランドを購入する可能性は減ってしまうかもしれません。


Wix では、私たちのコア・バリューの1つに「売ろうとするのではなく、まず価値を伝えよ」という言葉があります。私たちは Wix のサービス、メリット、そして Wix のセールスポイントを基に、ユーザーの皆様に判断して頂きたいと思ってます。


営業を全面に出すと疑念や不信感を募らせてしまう場合もあるでしょう。「今すぐ購入」という CTA ボタンは機能的ですが、過剰な使用は避けるべきです。CTA の活用は、あなたがセールを開催する時など、宣伝しているものに対して有効期限があり、時間が差し迫るものに対して使用すると効果的かもしれません。また、「今日」や「今」といった時を表す言葉を追加することも良い戦略でしょう。




まとめ


CTA とは、あなたがどのようなテーマで、それについて何を達成したいかにより取り入れ方が異なります。今回ご紹介したポイントをチェック項目としてぜひ活用してみて下さい。あなたとサイト訪問者の間で相互作用が働くような最適な CTA を作成するために、何が効果的で何がそうでないかを分析しましょう。



パワフルなオンラインプレゼンスを確立する準備ができましたか?さぁ、今すぐWix でホームページを作成しましょう!


ライター: Wix Team




#CTA #スモールビジネスのコツ

ja03.png