• 26k
  • 18
マーケティング \ 2018年12月27日

Pinterestの基礎知識とビジネス活用方法

マーケティングの新時代!オンラインプレゼンスとソーシャルメディアを組み合わせたマーケティングは今では欠かせないマーケティング戦略となり、ソーシャルネットワークが、ブランドや企業が消費者を取り巻く環境に大きな変化を与えたと言えるでしょう。あなたはFacebook、Instagram、TwitterといったSNSプラットフォームに既に慣れ親しんでいると思いますが、Pinterestを使ったことはありますか?ピンタレストとは、ユーザーがアイデアを見つける、インスピレーションを見つけるための手助けを目的としたソーシャルネットワークサービスです。月間ユーザーが2億5千万人を超えるほどインターネットの世界ではポジティブな存在、そして多くの可能性を秘めているプラットフォームと言えるでしょう。

コミュニティ構築、ブランド認知度、サイトへのトラフィック流入を促進するための手段としてピンタレストをビジネス活用してみませんか?ピンタレストの仕組みとビジネスアカウント設定方法、そしてピンタレストのビジネス活用法を確認しましょう。

Pinterestとは?

ピンタレストとは、ユーザーが自分の興味やプロジェクトに関するアイデアを視覚的に見つけることのできるツールです。簡単に言えば、画像や動画、アイデアやインスピレーションを収集できるソーシャルメディアです。

ピンタレスト上で最も人気のあるカテゴリーは、レシピ、DIY、ホームインテリア、ウェディングのアイデアですが、ユーザーの興味はそれよりはるかに広範囲です。ピンタレストのユーザーは「ピナー」と呼ばれ、ピナーは他のピナーのコンテンツ(画像や動画)を閲覧することができ、自分のボードに保存することができます。ピナー同士お互いのコンテントにコメントしたり、互いのコンテンツを保存することでコミュニケーションを取ることができます。また、ピナーは他のアカウント、ブランド、ビジネス、あるいはこれらのプロファイル内での特定のボードをフォローすることもできます。ピンタレストの目的は、ピナーが彼らの興味を通じて交流できることです。これがピンタレストの”ソーシャル”な側面となり、FacebookやTwitterといった他のSNSと比べると異なる用途で利用できることがお分かりいただけると思います。

ピンタレストのボード

Pinterest用語

FacebookやInstagramの使い方とは違い、非常にユニークなユーザーエクスペリエンスを提供しているピンタレスト。ここでピンタレスト上で使用されている用語とその機能について確認しましょう。

ピン:ブックマークのような感覚でWebサイトやブログなどに掲載されている自分のお気に入りの画像や動画をピンタレストのボードに保存するということです。

リピン:自分以外のピンタレストユーザーがピンした画像又は動画を自分のボードにピンして保存することを指します。

ボード:ピン、またはリピンした画像や動画を貼り付けるボードです。テーマごとにボードを作成することができます。

ホームフィード:ユーザーの最近のアクティビティをもとにピンタレストがおススメするピン、ユーザー、ブランド、さらにはフォロー中のユーザー、トピック、ボードのピンが表示されるフォードです。FacebookやInstagramのフィードと同様です。

ピン

Pinterestをビジネス活用する理由とは?

ビジネスオーナーは、説得力のある画像やカラフルなインフォグラフィック等を通じて、他のSNSとは異なった用途で自社製品のマーケティングとしてPinterestを活用することができます。下記にいくつかの利点をご紹介します。

ブランド認知度の向上:ビジネスを持つオーナーとしてあなたは、オンラインを最大限に活用することの重要性に既にお気づきかもしれません。そこで、ピンタレストを活用することで、あなたのビジネスロゴ、ビジネス概要、そしてもちろんあなたのウェブサイトへのアクセスを更にオンライン上で広範囲にリーチできるチャンスを掴めるでしょう。

Webサイトやブログへのトラフィック流入:全てのピン画像や動画にリンクを含めることができるため、優れたトラフィック流入が期待できるでしょう。トラフィックの増加を目のあたりにするには、視覚的に美しく魅力的なコンテンツを作成し投稿することです。

購入者へと育成:Pinterestの1つの主な利点には、ユーザーのアイデア発掘から購入までのステップが減ることです。つまり、ピンタレストへの訪問者が他のどのソーシャルネットワークよりも早く見込客に変わることを意味します。ユーザーは積極的に目的のものを見つけたい、購入したい、という意図があるので、画像や動画をタップする率が高いと言われています。

ビジネスアカウント:海外の企業は他のSNSと併用し、ピンタレストの導入も積極的に行っているようです。FacebookやTwitterと同じように、ブランドやWebサイトを宣伝できるもう1つのプラットフォームとして活用できます。

インバウンドリンクを生成:ピンした画像や動画にはリンクが含まれるため、元のソースを簡単に見つけることができます。そのため、Pinterest上のあなたの画像や動画は、常にあなたのWebサイトへアクセスができるということになります。

ビジネスアカウントの作成方法

Pinterestのビジネス活用に関して学んだところで、次はPinterestのビジネスアカウントを開設する方法を確認しましょう。

1. https://www.pinterest.jp/にアクセス
2. サイト下部の「ビジネス向け」をクリック
3. 「ビジネス向けアカウントを登録する」をクリック
4. 情報を入力 (Eメール、パスワード、ビジネス名など)
5. アカウント作成完了。あなたのビジネステーマに沿ってカスタマイズするときです!
6. ログイン状態で、画面右上の「…」をクリックし「設定」を選択
7. メニューから「プロファイル」を選択。ビジネスロゴ等のビジネスに適した写真をアップロードする。( 最適なサイズは165 x 165ピクセル ) 続けて自己紹介やビジネス都市など入力欄を埋める。その中でも、自社サイトとピンタレストアカウントの連携を忘れずに!
8. 自社サイトと連携するため「ドメイン・アカウントの設定」からドメイン所有権の確認をする。(あなたのビジネスアカウントとサイトをリンクすることで、ユーザーがあなたのサイトのどの画像をピンしたか確認できます。また、彼らがピンした画像の横にプロフィール写真が表示されます)
9. 画面下部の「設定を保存」をクリック

ピンタレストビジネスアカウント

Pinterestを効果的に活用するには

定期的なピン:Webサイトへトラフィックを促すには、定期的にピンして保存すると効果的です。ブログ投稿やFacebook投稿と同じように一貫性がカギとなります。あなたの画像や動画を保存するユーザーが増えるにつれ、サイトのトラフィック増加に繋がるでしょう。

ウェブサイト上に保存ボタンの追加:あなたのサイト閲覧者が画像や動画を保存(ピン)しやすいように、ピンタレストの「保存」ボタンを設置しましょう。ボタンは、サイト内の全ての画像に常に表示される「固定保存ボタン」とサイト上の画像にカーソルを合わせた時のみ表示される「ホバー保存ボタン」の2種類があります。

製品紹介のボード作成:あなたのボードを作成するには、まずあなたのビジネス製品をボードに一覧として表示すると良いでしょう。ここで気を付けるべきことは、あまりにも宣伝を強く出したボードではなく、ユーザーがインスピレーションを得られるようなボードにします。また、全てのピンにディスクリプションとあなたのサイトURLを含むことを確認しましょう。

適切なキーワードの使用:Pinterestは視覚的なプラットフォームです。エンゲージメントを高めるためには言葉の力も必要となります。基本的に、 Pinterestは検索エンジンのようなものです。したがって、ボードタイトルとその説明を書くときは、検索者が使うであろうキーワードを使用すべきです。たとえば、あなたのサイトやブログで既に使用しているキーワードを適用することができます。

リッチピンの追加:ピンした画像や動画へさらに詳しい情報を追加します。ユーザーにとって有益な情報を提供することで優れたエンゲージメントが生まれます。リッチピンには下記の4つの種類があります。

プロダクトピン:リアルタイムの商品価格や在庫状況、購入先などの情報を含む。

レシピピン:名前の通りレシピに関する情報で、材料、調理時間、分量など料理に必要なすべての情報が掲載される。

リーディングピン:ユーザーは興味のある記事を保存することができる。見出し、著者名、記事の説明が表示される。

アプリピン:ユーザーがPinterestから離れることなくアプリをダウンロードできるように、戦略的に配置された「インストール」ボタンが表示される。

オンラインプレゼンスを引き上げる準備はできましたか?さぁ、Wixでホームページを作成しましょう!

ライター: Wix Team

今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

メールは既に存在します

正しいメールアドレスを
入力して下さい

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

メールは既に存在します

正しいメールアドレスを
入力して下さい