• 0k
  • 0
スモールビジネスのコツ \ 2016年12月1日

オンラインストレージ徹底比較!使いやすいサービスはどれ?

写真、動画、プレゼンテーションなど、重要なファイルはいざという時にいつでも取り出せるよう保存しておく必要があります。「今使っているノートパソコンに保存すれば問題ない」と思うかもしれませんが、複数のパソコンやスマートフォンを使用している場合や、出先で必要なファイルを閲覧したい時など、オンラインストレージを活用すると何かと便利です。

これらのサービスを利用することで、ホームページの作成に必要な画像や動画にどこからでもアクセスすることが可能になります。それでは、ストレージサービスの中で、安全且つ使いやすいサービスはどれでしょうか?たくさんあるので、迷いますよね。

今回はオンラインストレージサービスの選び方のポイントや、それぞれのサービスの特徴をご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

オンラインストレージ比較

オンラインストレージを利用するメリット

お使いのパソコンやスマートフォンで、利用するファイルをローカルディスクにそれぞれ持つと、同じファイルを複数持つことになり管理が煩雑になります。またそれは、ディスクの容量を無駄に消費することにもなります。特に、ファイルサイズが大きい写真、動画や音声ファイルは、そのような無駄を避け、共通アクセスが可能なストレージに格納すべきでしょう。

さらにオンラインストレージを利用するメリットとして、ネットさえあれば、どこからでもアクセスできる点があげられます。そのため、同僚やクライアントと簡単にファイルやフォルダを共有することができます。優れたストレージサービスであれば、家や出先から仕事をしている自分と、オフィスにいるプロジェクトメンバーとで、リアルタイムに同一ファイルを編集することだって可能です。

また、重要なファイルを、オンラインストレージで保存すれば、もし使っているパソコンに不具合が発生してもオンラインストレージから復元することができ、安心です。

比較するポイント

いざ比較すると、どのサービスも「帯に短し襷に長し」で、ぴったりのサービスを見つけるのはなかなか難しいかもしれません。そのような場合は、重要だと思われる基本ポイントを比較して決めるのが一番です。

例えば、必要なストレージ容量、無料で利用できる容量、有料サービスにアップグレードした場合の料金、ファイルを共有できる範囲、各サービス固有の高度な共有機能や特別なオプションなどです。

  • 料金
  • ストレージ容量
  • ファイルを共有できる範囲
  • 共有機能(プレビュー、編集履歴、共有権限など)
  • セキュリティー

オンラインストレージ比較表

おすすめのオンラインストレージ、6サービス

Dropbox

 Dropbox

Wixのホームページ作成・管理に主眼を置くならば、Dropboxが断然便利!Wixは「Dropbox アップロード」というアプリを提供しているほどです。

  • Dropbox アップロード
    Wixが提供する無料アプリ。このアプリをダウンロードし、Wixサイトと自分のDropboxを接続することによって、訪問者が大きなサイズのファイルをサイトを通して送付することが可能となります。

無料で利用できる容量は2GBですが、友達を紹介することにより最大16GBまで無料枠を増やすことが可能です(1人招待する毎に 500 MB 獲得)。さらにストレージ容量が必要な場合、月額 1,200円で1TB(1,000 GB)の有料プランへアップグレードすることができます。

Dropboxは操作がとても簡単ですし、Dropboxのアカウントを持っていない人にも特定のファイルを共有することができるので、仕事で使うのにぴったりのサービスです。また、複数のパソコンから利用している環境でも、それぞれのDropbox内のファイルは自動更新されます。複数のメンバーが同じファイルへアクセスする必要があるプロジェクトにも有効です。

OneDrive

Microsoft OneDrive

OneDriveは5GBまでしか無料で利用することができません。でもマイクロソフト製品との連携が便利なので、自分だけしかオンラインストレージを利用しないのであれば、良い選択肢です。もし既にOffice 365のユーザーであれば、1TBまで利用することができます。

デメリットとしては、One Driveの中で作業をする際、スペルチェック機能がExcelやパワーポイントデ’動かないことや、スマートフォンアプリでオンラインストレージ保存の対象となっていない場合が多いこと、アプリだと表示が崩れることが多々ある事があげられます。

Google Drive

Google Drive

Google Driveの一番のメリットはGmailアカウントをつくれば、15GBの容量を無料で利用できることです(この15GMという容量はGmailの容量を含めたものなので、メールでファイルのやり取りが多い方は無料で使える容量が少なくなるかもしれません)。

また有料プランも他のサービスに比べ、リーズナブルです。Googleが提供しているサービスである為、保存したファイルや画像の検索レベルが高い点もメリットです。

Gmailアカウントを持っている人であれば誰とでも、ファイルを共有することができ、複数メンバーでリアルタイムにGoogleドキュメントのファイルを編集し、変更点を確認することもできます。

Wixは「Google ドキュメント」というアプリを提供しており、ドキュメント、スプレッドシート、スライドを簡単にWixで作成したホームページへ反映することができます。

Mega

Mega

Megaはニュージーランド本拠のサービスです。日本語を含め、多くの言語に対応しており、なんと50GBまで無料で利用できます。さらに容量が必要な場合でも、比較的安価で有料プランへアップグレード可能です。

Megaの一番の特徴は 末端間暗号化技術を採用しており、ユーザーの端末でしか暗号が復号化されない強固なセキュリティー機能が備わっていることです。

Box

Box

Boxといえばビジネス向けのサービスという印象ですが、最近は個人ユーザー向けのサービスにも力を入れています。Boxのメリットは操作性に優れ、動作も早いということです。

またファイルをリンクで共有することも可能ですが、その場合、パスワードプロテクションができないので、その点に注意が必要です。

Amazon Cloud Drive

Amazon Drive

写真家であればAmazon Driveが一番!なにしろAmazonプライム会員向けに、写真用の無制限ストレージサービスを提供しています!また、Amazonの音楽配信サービスと連携していることでも有名です。ただし、高度なファイル共有機能は備わっていないので、その他のオンラインストレージサービスとの併用をする必要があるかもしれません。

ホームページ作成ならWix

 


今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email