紅茶スクールのホームページ作成事例:Wix の活用でコロナ禍という「ピンチ」を「チャンス」に変え、生徒数は 4 倍に


Wixで作られた「CEYLON TEA SCHOOL」のホームページ


スリランカの紅茶「セイロンティー」について学べる様々な講座を開催する紅茶スクール「CEYLON TEA SCHOOL」。同スクールでは 2020 年のコロナ禍で対面でのレッスンが難しくなり、オンラインレッスンをスタートさせました。その際、サイト制作に使用したのがオンラインサービス予約機能「Wix ブッキング」です。


スクールや紅茶販売店の運営で多忙にもかかわらず、なぜ自身でホームページを作成しようと思ったのか。また、様々なサイト作成サービスがある中で、なぜ Wix ブッキングを選んだのか。オンラインスクールビジネスの展望と合わせて、同スクールの代表である中永 美津代さんにお話を伺いました。



コロナ禍がきっかけでオンラインレッスンを開始


CEYLON TEA SCHOOLのオンラインレッスンのメニュー
©2019 Tea Time

――「CEYLON TEA SCHOOL」について教えてください。


中永:「CEYLON TEA SCHOOL」はスリランカの紅茶である「セイロンティー」について学ぶスクールです。単発の講座のほか、紅茶のいれ方や基本的な知識が習得できるベーシックコース、セイロンティーについて深く学べるマスターコースなど様々な講座をご用意しています。紅茶のスクールは多数ありますし、YouTube などでも情報は入手できますが、スリランカの紅茶だけを実践を交えながら体系立てて学び、ここまで極められるスクールは他にはないと自負しております。


――現在(2021 年 1 月取材時点)、新型コロナウイルス感染症がまだ収束していない状況ですが、レッスンはどのように行われているのでしょうか。


中永:以前は対面で行っていましたが、現在はコロナ禍もあってオンラインで開催しています。対面レッスンでは紅茶を一緒にいれたり飲んだりしますが、オンラインでは講座に先んじて生徒さんのご自宅に茶葉をお届けしています。お客様が求めているのはコミュニケーションなので、オンラインレッスンでも対面同様に紅茶の楽しみ方を体験できるよう工夫しています。また、スリランカの茶園と Zoom でつなぐオンラインツアーも初めて行ったのですが、「スリランカの茶畑を歩いているような気分になる」ととても好評でした。


――スクールの成り立ちについて教えていただけますか。


中永:私は以前、スポーツ新聞社に勤務していたのですが、どうしても紅茶関係の仕事がしたくてスリランカに渡り、現地での修業を経て 2002 年に紅茶販売と紅茶のスクールビジネスをスタートしました。


当時は実店舗を持っていなかったので、紅茶販売はホームページビルダーで制作した自社サイトで、スクールは場所を借りて行っていました。3 年ほど前に紅茶販売サイトをリニューアルしたのですが、そのとき使ったのがネットショップ機能「Wix ストア」です。



Wix は他のサービスよりもデザインの自由度が高くブランディングに最適


Wixプロギャラリーで作成したページ
©2019 Tea Time

――2020 年には「CEYLON TEA SCHOOL」のホームページもオープンされましたね。「CEYLON TEA SCHOOL」は Wix ブッキングを利用して制作されていますが、Wix ブッキングを選んだ理由は何だったのでしょうか。


中永:やはり、すでに紅茶販売サイトの方を Wix で制作していたことが大きかったですね。Wix は他のサービスと比べてデザインの自由度が高いので、ブランディングを重視してサイトを制作するのに最適です。無料で使える画像素材が豊富なのも助かります。また、ちょうどその時期に Zoom との連携機能も搭載されたので、オンラインスクールを考えていた私にはまさにぴったりのサービスでした。


――実際に Wix ブッキングでスクールサイトを制作をされてみて、使い勝手などはいかがでしたか。


中永:私はホームページ制作については初心者ですが、とてもわかりやすくてすぐに設定できました。もし、迷うことがあってもヘルプセンターが充実しているので、調べればすぐに解決できます。制作に取りかかってからサイトをオープンするまで 1 週間足らずしかかかっていませんし、Wix の機能をでサイトを作ることよりもどんなサイトデザインにするかを考えることに時間をかけました。


――ブランディングを重視されているとのことですが、たしかに「CEYLON TEA SCHOOL」の Web サイトは美しい写真が豊富に散りばめられておりエレガントな雰囲気が伝わってきます。サイトを訪れた方に「ここで学んでみたい」と思っていただけそうですね


中永:写真などのビジュアル要素は特に重視しました。Wix プロギャラリーを使って、スリランカで私が撮影した写真や、プロの写真家に撮っていただいた写真などを掲載しました。プロギャラリーを使うと、写真を登録していくだけで自動的におしゃれなレイアウトを作ってくれるのがすばらしいです。



オンラインならではの価値を提供し、売上も向上


Wixで作られたオンラインレッスンの予約画面
©2019 Tea Time

――ホームページの更新作業などは何名で行っているのでしょうか。


中永:Wix は更新作業も簡単なので、基本的には私 1 人で行っています。レッスンのページについては各講師が更新した方が効率的なので任せています。


――ホームページへの集客はどのように行っていますか?


中永:Instagram や Facebook、Twitter などの SNS での告知と、紅茶販売サイト「MITSUTEA」のお客さまへのメールマガジンなどで集客しています。たとえばジンジャーティーを買ってくださったお客さまには「ジンジャーティーを極めるレッスン」のお知らせを送付するといったやり方です。


――オンラインレッスンになったことについて、お客さまからの反響はいかがですか。


中永:一部のお客さまからは「対面が良い」という声もいただいていますが、多くのお客さまから好評の声が寄せられています。レッスンは受講したいけれどコロナ禍であまり外には出たくないというお客さまや、遠方に住んでいるのでこれまで受講が難しかったというお客さまに対して、オンラインだからこその価値を提供できていると感じています。実際に日本全国から受講いただいていますし、日本だけでなく海外在住のお客さまが参加されるケースもあります。これはむしろ、対面レッスンではできなかったことです。


また、対面レッスンではどうしても会場の広さの関係で大人数でのレッスンが難しかったのですが、オンラインなら人数を増やして開催できます。おかげで生徒さんの数は 4 倍になり、レッスン費用を下げたにも関わらず、売上アップにつなげることができました。



Wix は現代のビジネスのスピード感にマッチしている


CEYLON TEA SCHOOLによるティータイムの様子
©2019 Tea Time

――今後の展望について教えてください。


中永:オンラインレッスンの特性を生かして、もっとマニアックなレッスンも企画できるのではないかと思っています。たとえば世界中をオンラインでつないで、各地のティータイムを体験できるようなレッスンなんて楽しそうですよね。


――これから Wix でホームページ作成をしたい方へメッセージをお願いします。


中永:オンラインでレッスンを予約できる Web サイトを作ろうと思ったら、多くの方はまず業者にお願いすることを考えると思います。しかし、業者にお願いしてサイトを作ってもらうと制作期間も費用もかなりかかってしまいます。また、更新作業をするのにもいちいち業者にお願いしないといけませんし、そのたびに費用が発生します。


その点、Wix であれば必要な機能を備えたクオリティの高いサイトが自分で作れて、好きなタイミングでスピーディーに更新作業ができます。実際に「CEYLON TEA SCHOOL」もお客さまからフィードバックをいただくたびに、少しずつマイナーチェンジを行っています。Wix は現代のビジネスのスピード感にマッチしたサービスだと思いますよ。


――ありがとうございました。



間島ゆかり コミュニケーションズマネージャー

ja03.png