意外と知らないソーシャルメディアの落とし穴



ここ数年のソーシャルメディアの普及で、私たちの日常生活での体験談や普段何気なく撮影する写真など、他人と共有するための手段に大きな変化が訪れています。たとえばあなたが写真家だとすると、世界中の何百万にものぼる人々にあなたの作品を目にしてもらうことは今ほど簡単ではなかったはずです。今ではフォトグラフィーWebサイトやソーシャルメディアを活用して、写真作品を世界中のオーディエンスへ手軽に発信できます。しかし、ソーシャルメディアの優れた側面は知っていても、ソーシャルメディアの消極的な部分について考えたことはありますか?


あなたのSNSアカウントまたは他のアカウントを見た時に、個々の創造性が制御されていると感じたことはないでしょうか。今回は、ソーシャルメディアがあなたの創造性を制限するであろう4つの大きな原因に目を向けます。特に写真投稿を主な目的としてソーシャルメディアを活用している写真家の方は必見です!さぁ、あなたはいくつ当てはまっているでしょうか。


人気ジャンルのみに注目している


ソーシャルメディア、特にインスタグラムでは、ある特定の写真が他の写真よりも、より人気があることに気づいたことはありませんか?例えば、サンセットの写真はポートレートよりもはるかに多くのエンゲージメントが得られます。ソーシャルメディアでは、エンゲージメントが全てにおいて重要視され、多くのカメラマンは幅広い層を引き付けるために人気ジャンルを積極的に取り入れる傾向があります。そして、SNS上で人気ジャンルの作品を投稿しエンゲージメントを高めたコミュニティを築くと、その次は別アカウントとして、カメラマン自身が元々撮影したかった作品を収めたアカウントを作成する傾向にあります。


上記のようなカメラマンは、忠実なフォロワーの獲得と、彼らの全ての作品を2つのアカウントに分けてオーディエンスへ発信しているので、この状況は何の変哲もなく感じられるかもしれません。しかし、インスタグラムで実際どれだけの写真家が成功しているでしょうか?ただ人気があるからという理由だけで撮影している写真作品に対して”いいね”の獲得だけを目的とする価値はあるのでしょうか?


WixユーザーTomasz Solinskiさんの1枚



投稿フィードが類似している


ソーシャルメディアは世界中の写真家からインスピレーションを得られる素晴らしい機会を提供する場となります。 しかし、時には、同じようなロケーションや風景の写真があまりにも多いため影響を受けすぎてしまい、自分も同じ写真を撮らなければいけない気持ちに駆られることがあるでしょう。


カメラマンとしてのあなたの目標は、他人が見たいものではなくあなたが見せたいと思う世界観を捉えることでしょう。たとえ他のカメラマンによって何十億回も撮影された場所を訪問したとしても、自分の視点を見つけることが大切です。 被写体を観察したり、地面に座って目線を変えてみたり、ライティングに着目したりと数えきれないほどの新しい発見があるかもしれません。


WixユーザーMattia Bonavidaさんの1枚



撮影と編集スタイルに一貫性がない


ソーシャルメディアでは、トレンドが急速に変化します。特に写真の分野では、撮影スタイルや編集スタイルに大きな変化があると言えるでしょう。ミニマリズムやHDRなど様々なトレンドがありますが、トレンドごとにスタイルを変えると、あなたの作品がどの程度上達しているかを理解することが難しくなります。スキル向上を目的とするのであれば、あなた独自のスタイルを保つことが上達への道へと繋がるでしょう。


あなたのスタイルを維持することにより、あなたの初期の作品と最新の作品を比較することができますが、トレンドからトレンドへ乗り換えを続けると、比較する対象が不明瞭であると言えます。あなたが前進し続けるためには、一貫性を維持してあなたの創造性を伸ばすべきでしょう。


WixユーザーSondre Eriksenさんの1枚



写真に対する情熱を忘れている


ソーシャルメディアにより、人々は自分の作品だけでなく、自分自身や人生までも他人と比較する傾向にあります。あなたは、ソーシャルメディアを自分の作品の向上を目的として、またはインスピレーションの宝庫として活用していますか?写真を撮る楽しさを忘れてしまうほど他人の作品と比べ自分自身を見失ってはいませんか?


後者のあなたは、あなたの作品に対する情熱と創造性を取り戻すために、ソーシャルメディアから離れる期間を作りましょう。あなたの最初の作品を思い出し、そのときの新鮮な気持ちを振り返るために、何の計画も立てずにカメラを持ち、あなたの興味を引くものだけを捉えてみましょう。自分らしさを取り戻したら、あなたの世界観を共有するプラットフォームとしてソーシャルメディアを活用するのです。


WixユーザーMelodie Roulaudさんの1枚



ソーシャルメディアとフォトグラフィーWebサイトを活用してあなたの作品を世界へ発信しましょう!



ライター: Wix Team



#インスピレーション #ソーシャルメディア

ja03.png