ターゲットとすべきなのは誰?真の顧客を見定める6つの手順



マーケティングを行う際には、全ての人をターゲットとすることはできません。市場にいる全ての人を満足させることはできませんし、全ての人をターゲットとし、マーケティングを行うには、お金がかかりすぎるからです。専属のマーケティング部門があるような大企業にあなたが勤めていたとしても、少人数で切り盛りしているファミリービジネスを営んでいたとしても、効果的なマーケティング戦略を立てるには、あなたのターゲットとすべき顧客が誰かを明確にする必要があります。


狙いたい市場を見つけ、そこにいる潜在顧客を徹底的にリサーチし、きちんと理解することができれば、規模の小さな企業であったとしても、世界のマーケットで勝負することができます。ターゲットを絞り、マーケティングを行うことで、あなたの労力と時間を有効活用することができるのです。今回は、ターゲットとすべき顧客の探し方、そして、ターゲットに定めた顧客にマーケティングを行う方法をご紹介します。





既存の顧客を分析


まずは自分が知っているところから始めるのが一番です。既に自分の会社や商品を利用してくれている顧客の情報を集め、分析してください。年齢に加え、性別、職業、そして、彼らがどのようにして自分の会社や商品を知ったのか、彼らの興味は何か、どんなソーシャルメディアを使っているのか調べてください。


01. 分析ツールを使う。


もしあなたの顧客がどんな人達か見当がつかない場合は、分析ツールを使うことをお勧めします。誰があなたのホームページを訪れているのか等、詳細な情報をだしてくれるGoogle アナリティクスの他にも、Facebook, Twitter, YouTubeなどの様々なソーシャルメディアが独自の分析ツールを持っています。それを調べることで、どんなタイプの人達があなたの顧客なのかを調べることができます。時間をかけ、データを分析してみてください。



02. データベースを作成後、顧客に接触する


顧客のデータやその変化を追うことができるようデータベースを作りましょう。そして、実際に顧客に接触していましょう。直接コンタクトをとるのを恐れていてはいけません。


オンラインであれば、メールマガジン、ホームページ上のアンケート、ソーシャルメディア上に質問を投稿することができます。オフラインであれば、イベントを開くか、会場で1対1の会話を行いましょう。潜在顧客を理解するのに、既にあなたの顧客になっている方たちに意見を聞くほど良い方法はありません。


最後に、あなたの顧客に力を貸してもらい、ブランドアンバサダー(企業、商品、ブランドの熱烈な支援者)になってもらいましょう。彼らは、あなたの企業を知り、リピーターになってくれた人達。彼らの持っているネットワークにも、あなたの商品やサービスを利用することを薦めてくれると思います。彼らと直接連絡を取り、どんな人達かコミュニケーションをとりましょう。そして、市場拡大にどんな力を貸してくれるのか、お互いWin-Winの関係を構築するにはどうすればいいのか考えてみましょう。



自分の商品やサービスを分析


あなたが売ろうとしている商品やサービスについてもじっくり考える必要があります。あなたが販売しようとしている商品やサービスには、どんな特徴があるのか、市場に出ている他の類似商品と比較して、優れている点を考えつくだけ書きだしてみてください。そして、顧客はいつ、どのようにその商品を使うのか、顧客はその商品を使うことで何を得るのか、どんなシチュエーションで商品に興味を持ち、購入したくなるのか考えてみましょう。


商品の使い道や優れた点をリストアップした後、どのようなタイプの人がそれを必要としているのか、考えてください。商品の価値、それがもたらす有益性(利益)に焦点を当てることで、どんなタイプの顧客をターゲットにすべきか自然に見えてくるはずです。



ターゲットになる顧客を探す


ここまでの作業で、あなたは自分の顧客がどんな人達なのか理解ができたと思います。次のステップはインターネットを使うことです。年齢、性別、居住エリア、収入、職業などに応じ、人はそれぞれ違ったソーシャルネットワークを使用しています。インターネットを探すと、Facebook, Twitterなど人気ソーシャルメディアのユーザー数、年齢層、利用率などの統計が出てきますので(例えば、こちらの統計)、このようなデータをもとに、力を入れたいソーシャルメディアを1つか2つ選んでください。


次に、ターゲットになる顧客の関心について調べ、皆が何に興味を持っているか見てみましょう。Yahoo リアルタイムなどを使うと、何がソーシャルメディアで話題になっているか、自分の会社や商品は世間の人に好意的にとらえられているか、知ることができます。socialmentionを使うと海外の人の興味も調べることができます。



競合の動向について調べよう


さらに色々調べたい方は、あなたの競合相手がどんな活動をしているのか、調べてみてください。ソーシャルメディアで競合企業をフォローしたり、彼らのホームページを覗いてみましょう。競合企業がどのように自分をブランディングしているのか、どのようなマーケティングを行っているのか、ソーシャルメディアをどんな風に使っているのか調べてみましょう。それを行うことで、新しいマーケティングのヒントを得られる上に、競合相手が見逃しているマーケットエリアを見つけることができるはず。その市場を攻めることこそ、成功の鍵になるはずです。



マーケットを理解した後、ホームページを作成しよう


ターゲットとする顧客が分かったら、顧客目線で全てを考え、彼らが頻繁に使う単語が何か考えなければいけません。そして、キーワードサーチを行い、ターゲットとする顧客がGoogleなどのサーチエンジンであなたのことを確実に見つけることができるようにするにはどうしたらいいか考えましょう。


もちろん、あなたの会社のホームページ作成は必須です。Wixを使えばオームページを簡単にデザイン、そして、簡単にそれをアップデートすることが可能です。ホームページ作成中は、彼らの目線に立ち、分かりやすくすることを心がけてください。そして、言葉、イメージ、フォント、カラーなどターゲットとなる顧客が好みそうなものを選んでください。さらに、会社のイメージを統一するためにも、ホームページを含めたマーケティング資料は全て同じようなデザインで統一するのが良いと思います。



内容のシェアを開始!


最後のステップは、ターゲットになる顧客と会話をすることです。Facebook、Twitter、その他のオンラインフォーラム、LinkedIn、Google+などなんでもかまいません。これらのスペースは、ターゲットにする顧客に専門的なアドバイスをしたり、それらの人が抱えている質問に回答するのにも最適な場所です。そして、もちろんそこには、あなたのホームページのURLも記載してください。顧客ターゲットをきちんと特定することができていれば、全くあなたを知らなかった人達が時間をかけずにヘビーユーザーになることさえ、夢ではありません。


最後にお伝えしたい点は、あなたのターゲットとなる顧客は時間の経過と共に変化していくということです。また、顧客が増えるに伴い、あなたのマーケティングアプローチも徐々に変えていく必要があります。



さあ、あなたがターゲットとすべき顧客は誰なのか考えてみましょう。Wixで無料のホームページを作るのも忘れずに。


ライター: Wix Team



#オリジナルホームページを作ろう #ソーシャル #マーケティング

ja03.png