縦型ナビゲーションメニューはいかが?



縦型ナビゲーションメニューをホームページに取り入れてみようと考えている方はいらっしゃいますか?ヘッダーにナビゲーションメニューを配置するレイアウトが一般的であるため、サイトの横に配置する縦型ナビゲーションメニューは、サイト訪問者に新鮮な驚きを与えることができます。


さらに、ホームページの種類によっては、縦型メニューにすることで、利用者が迷わずページにたどり着ける、操作しやすくなるなどのメリットもあります。今回は縦型ナビゲーションメニューの長所と短所を思いつく限り、書きだしてみました。また、縦型メニューを使ったWixユーザーの素敵なホームページもご紹介しますので、是非、参考にしてください。





縦型メニューの長所:


たくさんのメニューを配置可能

縦型メニューなら、トップページからメニューが隠れてしまうことを心配する必要はありません。好きなだけとは言いませんが、かなりの数のメニューをページに含めることができるので、メニューの数が多くなると予想される場合には、縦型メニューは賢い選択です。


ページ名の文字数を気にする必要なし

横型メニューを採用する場合、ページ名が同じような文字数(長さ)になるよう気をつける必要があります。その方がデザイン上、揃ってきれいに見えるからです。一方、縦型メニューを採用する場合には、ページ名の文字数(長さ)が揃っていなくても、訪問者にとって、あまり気にならないはずです。


ページの頻繁な追加も可能

ページを追加する場合、横型メニューでは、1点項目が追加されるだけで、デザインを変更する必要が出てくる可能性がありますが、縦型メニューではその心配は要りません。頻繁にページの追加を予定している場合には、縦型メニューを採用しましょう。またサイト上のメニュー名を変えるのも、縦型メニューであればその他のデザインを気にすることなく、すぐ可能です。


シングルページに最適

ページをたくさん表示できる縦型メニューであれば、訪問者に全てのページを一目で見て頂くことが可能です。最近、縦に長い1ページだけのホームページ(シングルページ)を良くみかけますが、縦型メニューはこのようなホームページにも最適です。



縦型メニューの短所:


多くの利点を挙げてきましたが、縦型メニューは欠点もありますので、全てのホームページにとって最適なものとは言えません。次に短所をご紹介します。


人の視線はまず左から右へと流れる

ウェブページを見た時、ほとんどの人はまず左から右へと画面を閲覧することが研究によって証明されています。小さい頃から人間は、左から右へと文章を読み、情報処理することに慣れているので、横型メニューの方が自然で読みやすいことは確かです。


クリックされることが多いのは画面の右側

左から右へ動きやすい目の習性上、画面の右側に設置されているリンクの方が左側に設置されているリンクよりクリックされやすいです。これはほとんどのユーザーが右利きで、右利き用のマウスを使用しているという事実とも関連します。縦型ナビゲーションメニューは通常、左側サイドに設置することになるので、クリック数が少なくなる可能性があります。


長すぎるメニューが画面に収まらない可能性あり

もし縦型のナビゲーションメニューがあまりにも長すぎる場合、画面に収まりきらなくなります。横型メニューは画面上から隠れることはあっても切れてしまうことはありません。


メインコンテンツを邪魔する恐れあり

ページ名があまりにも長すぎる場合、ページ内の貴重なスペースを取ってしまう可能性があります。ホームページのメインコンテンツである写真や文章のスペースを取ってしまっては元も子もありません。


訪問者を混乱させる恐れあり

長い間染みついた習慣はなかなか消えません。人は横型メニューのホームページを見慣れているので、縦型のメニューは訪問者を混乱させる可能性があります。特に、顧客に年配の方が多いと予想されるなら、縦型メニューはおススメしません。


縦型メニューは全てのホームページ向けではありませんが、あなたのホームページに適しているかどうか試してみて損はありません。Wixを使えば、たった数回のクリックで縦型メニューを追加することができます。最後に、縦型ナビゲーションメニューを効果的に活用しているWixユーザーのサイトをご覧ください!


Moka London >>




Holly Foods Cookbook >>




Anela >>




Onerary >>




Cloudscape >>




ライター: Wix Team



#HTML5ウェブサイト #ウェブデザイン #オリジナルホームページを作ろう #ホームページテンプレート

ja03.png