Wixストーリー第15話: 写真家・尾関裕士さん



今回ご紹介するWixストーリーは、写真家の尾関裕士さん。尾関さんは広告代理店やコマーシャルフォトスタジオに在籍後、現在フリーランスとして雑誌や広告の写真を手がける写真家さんです。


コマーシャルフォト以外にも、生前遺影やマタニティフォト、記念日のお写真など、ポートレート写真を中心とした『キズナグラフ』を運営されています。Wixサイトの裏に秘められた想いをさっそく伺ってみましょう。





— 写真家としての活動


人物写真に軸足を置いて長年にわたり雑誌や広告の仕事をしてきましたが、あるきっかけから、ひとりひとりの方に直接喜んで頂ける手応えのある仕事と感じ、「生前遺影」をはじめとする、一般の方ご依頼のポートレイトを手がけるようになりました。


そこから「キズナが描く写真」キズナグラフという発想が生まれました。ご依頼者本人が納得し、ご家族にはやすらぎをあたえるような、その人らしい表情や絵柄、さらには感動と驚きを持って受けとめられるような、ご自身も気づかなかった豊かな側面を写真に定着できるよう、じっくりご相談しながら楽しい雰囲気で進めていくことを心がけています。





誰でも写真をとられるのは多少の緊張をともなうものですが、ヘアメイクさんを交えた会話などでリラックスしていただくようにしています。ディスプレイに浮かんだ画像を見るにつれ表情もほぐれ、自信に満ちて、ひときわ輝き出す!そんな方が沢山いらっしゃいます。それはそれは年齢などの枠を超えたものを感じます。


そんな瞬間に立ち会うことができ、「すごく楽しかった!」と言って頂けることはこのうえない喜びです。


— 自分でホームページを作ろうと思ったきっかけ


もともとパソコンに強い方ではないのですが、写真家としてのホームページを以前につくっていたものが、OSとソフトのバージョンが合わなくなって改訂できなくなり、外部に依頼するかどうか迷っていたときにWixに出会い、さっそく触ってみると操作が容易で、あまりのフレンドリーさにどんどん作り込んでいく自分がいました。それで、今回の新しいプロジェクトに合わせて新たに立ち上げることにしました。





— ビジネスにとってホームページとは


ビジュアルを扱うサービスで、広く潜在顧客に呼びかけたいので、大変に重要な位置を占めていると思います。



— Wix を使っていて楽しいと感じる瞬間


テンプレートが業種ごとに的確でわかりやすく、しかも格好良く洗練されているところと、操作自体が想像以上に直感的にできること。


— 業界内の課題とその課題解決にWixが役立った点


平均的なギャランティの大幅な値下がり。Wixさんのデザイン性の高さをうまく活用することで、高級志向の開拓に繋げることが可能ではないかと期待するところです。


ライター: Wix Team



#Wixストーリー #ウェブデザイン #オリジナルホームページを作ろう

ja03.png