• 0k
  • 0
スモールビジネスのコツ \ 2013年11月19日

苦手な上司と上手に仕事をする6つのコツ

上司となんとなく気が合わない – それは、誰もが一度は経験したことがある問題でしょう。毎朝の支度をしながら、今日はあの上司とどんなコミュニケーションが待っているのかと考えるだけで、気が滅入ってしまいますね。しかし、諦めるのはまだ早い!今回は、苦手な上司と仕事をするうえで、日々のストレスを軽減し、解決策を見出すためのヒントをご紹介します。

自己分析

“宿敵”との人間関係を通して、思った以上に自分のことについて、多くを学ぶことができます。単に「合わない」と決め付けるのでははく、具体的に、上司のどんなところが苦手で、その点が嫌いな自分はどんな人間なのかを、一度考えてみましょう。問題は上司の性格なのか、それともあなた自身の性格なのか、状況を客観的に注意深く分析し、問題の中核を明確にしましょう。そうすることで、状況を自分の意識で改善できるのか、または上司に問題があるのか、頭と気持ちの整理がつくはずです。

自己分析

思いをぶつける

上司にミーティングをリクエストし、どんなスタイルで仕事を一緒にしていくのが良いか、一度話し合ってみましょう。上司の仕事スタイルや、自分に期待していることなどを、お互いに理解しましょう。また、自分が抱える上司に対する悩みについても、どこなく打ち明け、シンプルな改善策を提案してみるのもおすすめです。「こうしたらより効率的になるのでは?」という観点で、あなたのニーズをさりげなく伝えてみては?

話し合う

小さなことにくよくよしない

上司がとる行動の一つ一つが、イライラを増加させ、問題を必要以上に大きくしているかもしれません。単に上司の話し方が気になるのか、仕事の成果をなかなか認めてくれないのか、または小さな行動が塵に積もって、大きな影響を与えているのかもしれません。あなたの力で、全てをコントロールするのが不可能な、些細なことは意外と多いものです。人と一緒に生活していくうえで、違った価値観を持つ人と関わるのは、避けて通れない道!と諦めて、忘れ去ってしまうのも一つの手です。

小さなことにくよくよしない

大事態にはひるまず立ち向かう

あなたが誠意をもって上司との関係を改善しようとしても、一向に改善の傾向がない、過去数年において昇格や昇給の相談に取り合ってくれない、もしくは差別やハラスメントに苦しんでいる…というときは、ひるまずに立ち向かう勇気も必要です。以下を参考に、上手く状況に対応しましょう。

大事態には立ち向かう

上司とのやり取りを記録

これはいざというときに役立ちます。社内で上司より上の人に報告したり、法的措置が必要な場合に、上司とのやり取りを書き出す必要があります。また、こうすることで上司の行動パターンがより明確になり、どんな状況で上司が怒るのか、また自分たちの間で敏感な話題は何なのかを把握することができます。そして、書き出してみることで、一種のストレス発散にもなります。

上司とのやり取りを記録しておく

「さようなら」も必要

基本的に、これは最後の手段であって、いつでも最善の手段というわけではありません。転職を繰り返すのは、履歴書上でもあまり印象が良いものではありませんし、仕事を変えたからといって良い上司に恵まれる保証はありません。しかし、もし転職の決意をしたのなら、現上司との関係を良いまま退職できるよう心がけ、新しい職場での面接の段階で、次の上司について良く理解してから、転職を決めましょう。


今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい