• 52k
  • 12
マーケティング \ 2018年12月18日

2019年の最新SEO事情:着目すべき10のトレンド

Googleなどの検索エンジンは、私たちの検索語句に関連性のあるページがより上位に表示されるように順序付けし、適切なページを表示してくれます。このように利便性の高い検索エンジンは、私たちの生活にもはや欠かせないライフラインとなりつつあると言えるでしょう。

SEO (検索エンジン最適化) とは、Googleなどの検索エンジンでユーザーがあなたのビジネスに関連する用語を使って検索した際に、あなたのホームページが検索結果上位に表示されるための一連の取り組みです。検索結果上位に表示されることは、より多くのユーザーがあなたのホームページを目にすることになり、実際にビジネスを利用してくれる顧客獲得増加が見込めるでしょう。

検索エンジンは、私たちが求めている結果をより具体的に、そして明確に表示するため日々進化しており、2019年も大きな進歩を遂げると予想されます。今回は、2019年のSEO対策に向けて、一足先にSEOトレンドをご紹介します。あなたのウェブサイトがランキング上位に表示されることを目指し、10のSEOトレンドまとめをご覧ください!

01.モバイル版サイトの重要性

2018年3月、Googleは「モバイルファーストインデックス」の展開を開始しました。モバイルファーストインデックスとは、Webサイトのモバイル版が、デスクトップ版より優先的にインデックスされることを意味します。つまり、検索エンジンが検索結果ページで表示する順位を決定する際に、モバイル版サイトが優先的に評価の対象となるということです。モバイル版のないWebサイトはデスクトップ版を基にインデックスされるため、検索ページの順位下落につながるリスクがあると懸念されています。

更にGoogleは、モバイルファーストインデックスを追うように、「スピードアップデート」の導入を発表しました。「スピードアップデート」とは、デスクトップ検索で対象となっていたページの読み込み速度を、モバイル検索でもランキング要素の1つとして使用するということです。このことからも、モバイル版サイトの重要性がお分かりいただけるのではないでしょうか。

このトレンド傾向に乗るには
Wixでホームページ作成をした場合、デスクトップ版サイトを作成すると同時に、モバイル版サイトを自動的に作成する機能を備えています。モバイルエディタからあなたのWebサイトのモバイル版サイトを編集することができるので、モバイルファーストインデックスに対応できます。

モバイル版サイトの編集では、デスクトップ版にはあってモバイル版では不要な要素を隠したり、画像ファイルの種類をPNGからJPEGへ切り替えるなどし、モバイル版サイトの読み込み速度を改善する工夫ができます。優れたモバイル版サイトを完成させるために、7つのチェック項目も併せて確認しましょう。

02.強調スニペット

「スニペット」と聞いたことはありますか?検索エンジンの検索結果ページに表示される数行のテキストで、通常、設定しているメタディスクリプションが表示され、検索者がWebサイトの概要を把握するための要素となる部分です。また、このスニペットとは別に、ユーザーの検索キーワードが質問であると判断された場合に、検索結果画面の上部に回答となる情報を「強調スニペット」としてボックスで表示される仕組みがあります。例えば、パスタペーストを5分で作るには?SEOとは?など検索者の検索キーワードの回答が表示されます。

このトレンド傾向に乗るには
強調スニペットは、より上を行くキーワードリサーチが必要かもしれません。適切なキーワードを見つけるために、goodkeywordのようなキーワード検索ツールを活用するとよいでしょう。キーワードを見つけたら、あなたのサイトページを明確に表すためにそのキーワードを盛り込んで記述します。ユーザーのためにどんなコンテンツが必要かを意識し、ユーザーの質問に対して簡潔な回答を提供できるコンテンツを心がけましょう。

03.動画マーケティングに着目

Googleはデスクトップの検索結果ページに、より広範に3つの動画コンテンツが表示される動画カルーセルの導入を公表しました。文字でのコンテンツの他に、動画によるマーケティングの重要性が高まっていると言えるのではないでしょうか。

このトレンド傾向に乗るには
動画カルーセルに参入するには、キーワードリサーチがカギとなります。いくつかの適切なキーワードを見つけ、ユーザーの好奇心を読み取った検索キーワードへと定式化し、動画タイトルやディスクリプションへ反映させましょう。ヒント:ニーズが高まっている「ハウツー動画」は、動画カルーセルに表示されやすい傾向があるようです。

04.被リンクで信頼性の獲得

インターネットがあなたのビジネスブランドの信頼性をどのように認識しているか、そしてGoogleがどのようにあなたのサイトを評価しているか気になったことはありませんか?ブランドとしての信頼性を得るための方法の1つに、被リンクがあります。外部サイトからあなたのサイトへ結びつけるハイパーリンクの意味で、いわば信頼を兼ねた投票のような意味あいにも受け取れるでしょう。被リンクが多いほどWeb上での存在感が増すと言われており、グーグルから高い評価を受ける傾向にあります。

被リンクは量より質ですが、取得するリンクの量もランキングアルゴリズムに反映されます。特に、複数のドメインからリンクされている場合です。これは、様々な分野のサイトがあなたのサイトを支持し、また、ユーザーへ質の高さを提供しているとGoogleに示すことができるからです。

このトレンド傾向に乗るには
アウトリーチマーケティングは、ブロガーやオンライン雑誌などを通じて、あらゆるタイプのコンテンツを増幅できるため、被リンク獲得に優れた仕組みと言われています。また、SNSを通じての被リンクはSEOにおいて強いシグナルとは認識されませんが、サイトへのトラフィック流入においてはプラスの影響を与える可能性があります。優良な被リンクを得るための参考記事をご覧ください。

05.優良コンテンツの制作

Web上にコンテンツを公開すると、ボットがそのページを見つけ、検索エンジンにあなたのサイトが検索者にとって有益なソースであることを認識できるよう索引付けします。

検索エンジンの上位表示を狙うためには、コンテンツの量だけでなく質の高さも重要です。多くのSEO専門家は、Googleの2018年8月1日に行われた広範なコアアルゴリズムの実施により、E-A-Tを意識したWebサイト作りがより良い評価に繋がると推測しています。E-A-Tとは、専門性/信頼性/権威性を意味し、Googleが公開する検索品質評価ガイドラインで定義しているWebサイトを評価する基準の1つです。

このトレンド傾向に乗るには
ユーザーファーストの概念を持つE-A-Tのために、サイト訪問者へ有益な情報をブログで提供したり魅力的な動画資料の提供をするなど意識してみましょう。また、サイトのコンテンツ内では、サイト訪問者がスムーズな閲覧ができるよう、あなたのWebサイト内での内部リンクを貼ることを忘れないでください。そうすることで、検索エンジンボットが全てのサイトページの情報をより簡単に取得することができます。

06.ウェブサイトのセキュリティ強化

Google Chromeユーザーの方は、最近、URLバーの左隅に小さなメッセージやロックアイコンの表示にお気づきかもしれません。これらのメッセージは、HTTPを使っている全てのWebサイトにおいて、アドレスバーに「非安全」(not secure)の文字を表示することをGoogleが2018年7月発表したセキュリティアップデートの表われです。

特に2018年5月25日に実施された、EU圏内居住者の個人データ保護の強化を意図とした規制GDPR (一般データ保護規則)に基づいています。 HTTPSに直接関係しているわけではありませんが、インターネットのセキュリティについて深刻化する全体的な傾向を指しています。

このトレンド傾向に乗るには
Wixは、あなたのサイトだけでなくあなたの顧客データの保護も第一に考え、自動的にあなたのサイトをHTTPSサイトに切り替えています。HTTPSサイトのURLは緑の鍵のアイコンでブラウザ上に表示され、Googleにもあなたのサイト訪問者にもあなたのサイトが安全だということを示します。SSLやHTTPSについての詳細はこちらの記事をご覧ください。

07. クリック率の改善

検索ランキングを決定するためGoogleが開発した人工知能プログラム「ランクブレイン」は、検索者のクエリを処理し、関連トピックとの関係を理解する役目を果たしています。ランキングの優先順位を決定する要因は、サイト滞在時間とクリック率 (CTR) と言われています。 ランクブレインがGoogleの主要なアルゴリズムである限り、これらの要因に着目することは重要性が高いと言えるでしょう。

このトレンド傾向に乗るには
あなたのサイトをクリックするユーザーを増やすには、魅力的なタイトルタグとディスクリプションがカギとなります。あなたの特定のトピックを検索者がクリックすることにより自然と検索順位の向上へ繋がります。コンテンツやタイトルタグ、ディスクリプションへより具体的なキーワードを使用することで、より明確な検索意図をターゲットにすることができ、そして、より多くの検索者による検索結果のクリックを促します。
Googleアナリティクスを使用し、トラフィック、サイト滞在時間、訪問者数、直帰率など数値で確認することができます。

メタタグ

08.LSIキーワードの追加

LSIキーワードとは日本語では共起語と呼ばれるもので、あるキーワードが含まれている文章の中に頻出する単語のことを指します。コンテンツテーマのキーワードだけでなく、Googleがそのキーワードと関連性が高いと判断しているキーワードをコンテンツに使用することで、あなたのサイトページが検索クエリに適した答えを提供できるということを認識するために役立ちます。

このトレンド傾向に乗るには
まずは、LSIキーワードを見つけましょう。あなたのサイトのターゲットキーワードを単純にGoogle検索します。そして、検索結果ページの下部にある「関連する検索キーワード」に表示されているキーワードに着目しましょう。また、LSIGraphのような無料のツールを使用するのもよいでしょう。こちらのツールは英語ですが、日本語でも検索が可能です。

LSIキーワードを見つけたら、メインのキーワードと同様の箇所、例えば、SEOのタイトルやディスクリプション、ヘディングタグ、URL、テキスト中に追加しましょう。メインキーワードとLSIキーワードを完全に置き換えるのではなく、あなたのサイトを別のフレーズで表現し、あなたのサイトが最も検索者に適しているサイトであることをGoogleが認識度を高めることを目的とします。
また、WixではSEO対策を万全にするため、検索ランキングの向上に役立つ無料ツールWix SEO Wizをご用意しています。Wix SEO WizはSEO対策の手順を案内してくれる、いわばSEOのパーソナルアシスタントで、あなたに合ったSEOプランを作成します。検索上位に位置するための必要な作業工程が含まれているので、非常に役に立ちます。

WixのSEO対策

09.音声検索クエリへ着目

2020年までにウェブブラウジングの30%がスクリーンレス化することが予想されています。音声操作機能付きデバイスの増加に伴い、人々がウェブサイトを検索する方法にも変化が訪れています。検索エンジンから情報を得るために、わざわざ単語を入力する必要なく運転中や料理中など、 声に出して簡易的に検索して検索結果を読み上げる機能が普及しつつあります。

このトレンド傾向に乗るには
大抵の場合、文字をタイプするより音声入力の方がてっとり早いので、音声検索の場合の検索用語は、タイプするときと比べてより長く具体的になる傾向があります。 このような理由からもSEO戦略にはロングテールキーワードを活用する意義があり、トレンドの音声検索クエリに対応する必要性もあるのです。

10. アマゾンとYoutubeのための最適化

ある消費者調査によれば、通常56%の消費者は、インターネットで検索する前にアマゾンへダイレクトにアクセスするという結果があるそうです。これは、電子商取引のオーナーにとって、注目すべき重要な統計でしょう。つまり、アマゾンはあなたの商品を多くの人に目にしてもらう絶好の場所と言えるでしょう。

注目すべきもう1つのプラットフォームはYoutubeです。多くの人々はGoogle検索エンジンで動画を探すのではなく、Youtubeへダイレクトにアクセスし、目当ての動画を探します。2021年までに、オンライン動画はすべてのオンライントラフィックの80%を占めることが予想されます。Youtubeを活用した動画マーケティングに目を向ける重要性もあると言えるのではないでしょうか。

このトレンド傾向に乗るには
あなたのWebサイトへのトラフィック流入を得る別の戦略として、アマゾンを見込客獲得ツールとして活用します。アマゾンへの最適化を行うことは、あなたのブランド露出を高める機会となり、アマゾンの消費者をあなたのサイトへ誘導できるチャンスへと繋がるでしょう。
SEOに関して言うと、GoogleのSEO対策の考え方と大きく異なるわけではありません。アマゾンの関心は、アマゾンユーザーを製品へと繋げ、閲覧者を買い物客へと育成することです。より明確で、よりターゲットを絞れば、Eコマース検索エンジンによりあなたの製品が潜在的顧客の検索時に表示される可能性が高くなるでしょう。

YouTubeのSEOに関して言うと、ボットは、実際に動画を視覚的に”見る”ことができないので、動画を描写するテキストを設置することで、動画を認識します。テキストの設置場所は動画タイトルとディスクリプションが適切な場所と言えるでしょう。
また、ユーザーが気になるであろう内容を「よくある質問」ページやブログ投稿のヘッダーへ記載することで、Googleがあなたのコンテンツを良い結果へと結びつけます。「よくある質問」ページに、顧客から頻繁に問合せのある製品に関してのチュートリアルを動画で提供、または、パスタペーストの作り方を動画で提供するなど工夫してみてはどうでしょうか。動画を作成したら、あなたのビジネスYouTubeチャンネルにアップロード!

Webサイトを作成し、あなたの創造性をあなたのオーディエンスに発信するため「公開」ボタンをクリック!ご紹介した10のトレンドを参考に、2019年のSEOトレンド最先端を進みましょう!

あなたのビジネスを見つけてもらうには?Wixであなたの魅力的なホームページを作成しましょう!

ライター: Wix Team

今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

メールは既に存在します

正しいメールアドレスを
入力して下さい

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

メールは既に存在します

正しいメールアドレスを
入力して下さい