21枚の魅力的な空撮写真があなたを刺激する!


今日では、地上数百メートルもの高さから世界を見渡せる方法が沢山あります。たとえば、飛行機に乗っている時、好きな写真家のポートフォリオサイトを閲覧している時、ドローンを操作している時など、普段見ることの出来ない新しい世界をこのような形で目にしたことがあるはずです。


ここ数年、ドローンを使用した空撮写真は、人気の高いトレンドとして認知されています。急速に進化しているテクノロジーとアクセシブルな機器により、写真家は以前に比べてより広範囲なシーンの撮影が可能になり、空撮撮影のスタイルとジャンルのバリエーションも広範囲になっています。

今回は、Wixフォトグラファー7名の印象的な空撮写真をご紹介します。彼らの作品は、独自スタイルを貫き、オリジナリティ溢れる空撮写真で群を抜いています。空撮写真の世界に興味がある方、インスピレーションを見つけてみましょう!



大胆なポップカラー

Max Loewさんは、2年前に独学で写真家としてのキャリアを歩み始めました。わずか2年の間に彼は驚くような創造性を発揮し、企業ブランドとのコラボレーションへの活動も活発になるまでに成長している実力派フォトグラファーです。






多面性を表現

David Maxeyさんのオンタリオ湖の写真をご覧ください。彼は様々な方向からこの湖を捉えており、それぞれの写真は同じ被写体ですが全く新しい視点が写しだされ、あらゆる側面で異なる美しさを見つけられることを私たちに教えてくれています。

彼の素敵なWebサイトに関して言うと、WixアートストアをフォトグラフィーWebサイトのメインギャラリーとして使用しており、オーディエンスが彼の作品をデジタルまたはプリントとして購入できる工夫をしています。






優れた構図

ライカ写真家のNikk Laさんは、大都市の魅力を空撮写真を通じて表現しています。ドローンが許可されていないエリアでの撮影を実現させるため、なんとヘリコプターを使って撮影しており、彼は並外れた情熱と行動力の持ち主と言えるでしょう。その結果、独自スタイルを確立し、彼はInstagram上で最高の写真家の一人としてオーディエンスから認められています。

彼の才能はオンラインの世界だけでは留まらず、 Apple、Netflix、Disneyなど、数多くの有名ブランドとコラボレーションしています。






空撮動画

Dmitry Tkachenkoさんは、ドローンを使用した森林、海、都市の空撮写真だけでなく、動画も同時に撮影し、迫力ある作品を見せてくれます。


ドローンを使用しない地上撮影も行うマルチ写真家の彼は、360度写真やタイムラプスで建物を中心とする作品も手掛けています。






アイデンティティの表現

写真作品と写真家を関連付けることができるほど印象的な写真を撮る写真家。Joshua Jensen-Nagleさんはその稀少な写真家の中の1人です。彼の捉えるビーチの空撮写真は他の写真家だけでなく旅行者へもインスピレーションを与えるほど素晴らしい写真とアイデンティティを表現している作品となっています。彼の作品の美しい音色は、あなたのフォトグラフィーWebサイトのカラースキームを考えるときの刺激の源になるでしょう。






トラベルフォトグラファー

トラベルフォトグラファーのSantino Martinezさん。彼が旅先で見つけた様々なスポットをドローンを使用し、見事に捉えています。また、ドローンと手持ちのハンドヘルドカメラを組み合わせ、彼の冒険を動画に収めます。そして、何万人もの人々と彼の経験を共有することができるソーシャルメディアに重点を置いており、その中でも、タテ型動画に特化したInstagramストーリーIGTVを上手に活用しています。






光が魔法へ変身

Arthur Janinさんの作品は、外見的に退屈なシーンであっても視点を変えるだけで魅力的なシーンへと変身できることを証明しています。彼自身の言葉「光が魔法に変身する」をモットーに、光、色、形を組み合わせて印象的な作品へと姿を変えています。

彼は何十年も前から写真に対する情熱を持ち続け、時間の経過とともに肖像画、風景、ストリート、スポーツ、都市など、多様なジャンルの写真で秀でることができるスキルを身に付けた経験豊富な写真家です。






あなたの空撮写真をポートフォリオサイトを作成して世界に発信しましょう!


ライター: Wix Team





#Wixフォトグラファー #インスピレーション #写真家

ja03.png