マーケティングにおける7つの大罪



競争の激しいこの世界で、質の高い製品だけにこだわるだけでは充分ではありません。賢いビジネスオーナーを目指すには、製品やサービスの販売方法を知る必要性があります。これが、マーケティングがビジネスを成功に導く役割を果たす理由です。あなたがターゲットとするマーケットを決めたら、市場調査、ターゲットユーザーの特定、視覚的アイデンティティの構築を行うとともに、独自のホームページの作成も不可欠です。


中小企業のオーナーとして、成功への道のりは山あり谷ありだと感じているかもしれません。しかし、その道のりの中で起きる過ちはあなたが現在行っているマーケティング施策を見直すだけで簡単に避けることができるのです。あなたのソーシャルメディアマーケティングからあなたのビジネスのパートナーシップに至るまで、決して犯してはならない7つの致命的な失敗をまとめました。当てはまっていないか確認してみましょう。


01. 怠惰


“これは反響がよかったから、今年もやろう!”


あるキャンペーンが前年度に好調だったので、もう一度やろうという思考に陥るのは簡単です。しかし、オーディエンスはあなたが思っているよりも賢く、あなたの再利用したアイデアに気づいてしまうでしょう。よって、怠けず、毎年時間を投資し、新しくユニークで独創的なキャンペーンを作り上げるよう心がけましょう。


02. 嫉妬


“最近の競合他社はどうだろう?”


競合他社のアイデアをコピーすることは問題の発生に繋がります。まずは法的な問題です。大胆なコピーや盗作をすると、訴訟につながる可能性があり、これは決して会社にとっては良いイメージではありません。次に画像について言うと、あなたのオーディエンスは、あなたのコピーした偽のアイデアに気づかないかもしれません。そして、オーディエンスはあなたのその偽のアイデアを引き続きあなたのブランドと関連づけるでしょう。模倣より悪いことはありません。あなたのロイヤルカスタマーとなるどころか、あなたの信頼性を失うことに繋がります。


他のビジネスとの違いを受け入れてみませんか?ユニークな、そして焦点を当てることのできるあなたのビジネスのポイントを2、3個選んで下さい。そして、これらのポイントを強調し、あなたのブランドが競合他社との間にどのような差別化を図ることができるか示しましょう。無料配送サービスがありますか?あなたの製品は手作りですか?適切な価格設定ですか?さぁ、あなたのオーディエンスへあなたのビジネスの長所を伝えましょう。



03. 強欲


”ブランドイメージと違うけど、「いいね」が沢山もらえるようにこのオプションを使ってみよう”


あなたのマーケティングは、ブランド認知度を高めること、売上を増やすことという2つの主要な目標に基づく必要があります。そして、いくつかリサーチした後、戦略を決め、それに沿って進めていく必要性があります。 ” ブランド “の一貫性を維持するために、あなたが最初に設定したブランドイメージを保ち、あなたが設定したガイドラインに従いましょう。もちろん、ソーシャルメディアはあなたの目標を達成するために役立ちますが、これらは最終手段ではないことを覚えておいて下さい。


04. 欲望


”可能な限り多くの企業と提携しよう”


既存ブランドは、ゲストブログやパートナーシップを取り入れるなどしてリーチ拡大への手法を常に検討しています。あなたのブランドが認識されるまで遠くないはずです。その時が来れば素晴らしい機会があなたのもとへ舞い込んでくるでしょう。


素晴らしい機会が舞い込んできたら、あなたのその見込みあるパートナーについて充分な時間を取り考慮しましょう。この広告はあなたのブランドに有益をもたらすでしょうか?あなたのオーディエンスは受け入れてくれるでしょう?あなたのブランドは今まで同様、又はそれ以上の価値を見出すことができるでしょうか?これらは、あなたがパートナーシップとして長期契約に同意する前にあなたが自問すべき質問です。甘い言葉に惑わされることなく、リサーチすることを怠らず合理的に決断するようにしましょう。



05.憤怒


”メルマガをできる限り多くの人に送ろう”


これはスパムが考案された由来です。 あなたがオンライン又はオフラインで広告を宣伝する際は、オーディエンスを慎重に選択する必要性があります。あなたのメルマガ購読者リストの全員へ送付することは魅力的に感じますが、それはやめましょう!読者の好みに合わせて受信者リストを作成すると良いです。


Eメールマーケティングは無料なのだから運試しとして購読者全員に送付してもいいのではないか。と納得することは簡単ですが、これに伴う唯一のリスクは、貴重な購読者を失うことです。 “送信”ボタンをクリックする前に、受信者を慎重に選択しましょう。開封率とクリック率の両方へ与える影響に驚く結果が出るかもしれません。


06. 傲慢


“言うまでもなく、私のアイデアは素晴らしい”


あなたのロゴ作成、ウェブサイト作成、広告キャンペーン作成は、あなたがビジネスオーナーとして、100%関わることです。優れた結果を達成するためには、数時間にわたるリサーチ、分析、無数の試行錯誤は必要です。よって、あなたがビジネスの全ての要素に深く関わることは驚くことではありません。しかし、一歩下がりより大きなビジョンを見る時期を知ることは重要です。


あなたはあなたのサービスや製品を購入する側でなく、それは見込み客が取る行動です。よってあなたがターゲットとするオーディエンスの意見はとても貴重です。当然のことながら、オーディエンスはあなたの製品やサービスを異なる視点で見ます。サービスや製品が生まれる過程を見ることはなく、最終的に完成したものを目にします。そのためオーディエンスから厳しい意見を貰うこともあるかもしれません。しかし、彼らの意見に耳を傾けることでオーディエンスが期待していることへの理解に繋がり、あなたの製品やサービスをどのように改善するか手助けとなる手段になります。


07.貪欲


”ナイキのイメージモデルをしていたこのアスリートを起用しよう”


アスリートやナイキには一切問題ありません。多額を費やし有名人を起用することは、必ずしも成功するマーケティングキャンペーンを保証することではないと示しています。一般的に、成功したアイデアは基本的なものがほとんどです。あなたの予算がまだ残っている間に素晴らしい結果を達成しましょう!あなたのブランドイメージを確立し、あなたのブランドに対し誠実でいることに加え、あなたの投資収益率についても考えてみてください。焦らずゆっくりと成長しましょう。


あなたのビジネスを立ち上げる準備ができましたか? まずは、Wixでホームページを作成しましょう!



ライター: Wix Team





#スモールビジネスのコツ #マーケティング

ja03.png