在宅勤務:生産的に働く10のコツ


自宅を就業場所として仕事をしている時、集中力の持続が難しい!予定していた作業のほとんどが達成できていない!といった経験はありませんか?

この記事では在宅勤務をしている方に役立つ、集中力と生産性を維持する10のポイントを紹介しています。


01. スケジュール管理

”午前11時に起床し、コーヒーを淹れる。その後、パソコンを持ってベッドに戻る。なかなか集中できないまま仕事をしているふりをして、午後3時までベットで過ごす。もちろん、この間はずっとパジャマのまま。” お気づきの通り、これでは生産性が高い働き方とは言えませんよね? そこで、効果的に仕事を進めるためにスケジュール管理をしましょう。 特に、締め切りがあるプロジェクトをかかえている場合など、責任を持ち期日を守るためにも時間管理は大事なタスクの1つと言えます。例えば午前9時から午後5時まで仕事、又はあなたが朝方タイプであれば、午前7時から仕事を始めてみてはどうでしょうか?

1日の中であなたが確実に時間を確保できる時間帯を見つけましょう。この時間帯に家の清掃やお菓子作りをしたくなる誘惑に負けないよう、オフィス勤務のように時間枠内で業務をこなすことをイメージしてみましょう。スケジュールを立てることで、その時間は生産的な時間だと認識でき、業務を先延ばしにすることはなくなるはずです。朝遅くまで寝ていることがないよう、また仕事がおろそかにならないよう、規則正しいライフスタイルを意識することでその日の業務の終わりに、達成感を感じることができるでしょう。


02. 普段着へ着替える

あなたが人と会う予定や外出の予定を立てていない場合でも、午前中の間に普段着へ着替えることを心がけましょう。ネクタイやスーツを着用する必要はありません。パジャマから私服へ着替えることで、仕事に対する意欲が湧いてくるはずです。



03. 期限を決める

自営型のビジネスはあなた自身がボスです。誰からも時間の指示を受けない代わりに、自分に厳しくなる必要があります。そこで、自分自身を駆り立てるためにも毎日の達成目標を設定し、その目標への期限を決めてみましょう。目標を達成するごとに自分へのご褒美を考えるのも効果的かもしれません。例えば、プロジェクトの納期後に以前から欲しかったスニーカーを購入してみたり!そうすることにより、自分自身のモチベーション向上に繋がるでしょう。



04. デイリータスク

その日に成し遂げる必要があるタスクを書き出してみましょう。タスクを整理することで、目標達成に向けて行動しやすくなるでしょう。たとえば、Webサイトの作成を始める、プレゼンテーションの準備を終える、ソーシャルメディア用の投稿を3つ考えるなど、自分のデイリータスクを設定してみましょう。前日の夕方ごろに翌日のタスクリストを書く習慣をつければ、翌朝目を覚ましてから即時にタスクへ取り掛かることができます。


05. SNSから離れる

フェイスブックやインスタグラムなどのソーシャルメディアを閲覧することは生活の一部となり、SNSの投稿をスクロールすることが習慣的になっている方は多いと思います。SNSを閲覧しているだけであっという間に1時間経過!なんてことありますよね?業務に集中するためにも、個人のSNSは通知オフやログアウトしておくことをおすすめします。 また、メールでも同様のことが言えます。ある調査によると、私たちは1日平均74回メールを確認するという結果が出たそうです。そこで、メールの確認と返信する時間を午前、午後、夕方など特定の時間にするようにしてみましょう。そうすることで、業務へ集中でき生産的な時間を過ごすことができるでしょう。



06. 適度な休憩

適度に休憩をはさむことは、あなたの集中力を高めることに繋がります。あなたが生産的な時間を過ごした時や、デイリータスクの1つを達成した時、Eメールの受信トレイを半分確認し終えた時など、切りの良いタイミングでコーヒーブレイクやストレッチ、瞑想するなど休憩をはさむと良いでしょう。 もちろん、ランチ休憩をとることもお忘れなく!



07. ワークスペース

効果的に働くためにあなたの自宅にワークスペースを確保することをお勧めします。1部屋まるまる用意する必要はなく、その日の作業を開始するために早起きし、ダイニングテーブルを片付け、ワークスペースを確保するなど最低限のスペースで十分です。そうすることで、このワークスペースに居る間は仕事の時間だと認識できるようになり、家の掃除や夕飯の献立など仕事とは関係ないことが頭をよぎることなく、より生産的な仕事ができるでしょう。



08. 仕事とプライベートの境界線

自宅で仕事をすることは時間が柔軟でフレキシブルであるというイメージを持っている方が多いかもしれません。仕事の時間と家族や友人とのプライベートの時間に境界線を引くようにしてみましょう。そうすることにより、相手はあなたが自宅で仕事をしているという認識を持つことができ、時間にお構いなしに電話をかけてくることがなくなるでしょう。個人事業主やフリーランサーなど自宅で勤務する方の全員がいつでも都合が良いということではありません。境界線を引くことにより、あなた自身が仕事の時間を尊重できるようになるでしょう。



09. 社交的な時間

在宅勤務だと少し閉鎖的に感じてしまうことがあるかもしれません。仕事後には友人とご飯を食べたり、ヨガに通ったり、オンラインコミュニティで同じ趣味の人と交流したりと、社交的な時間を作ってみましょう。 友人や家族とプライベートで過ごす時間は、仕事モードを完全にオフにすることができ仕事とプライベートにメリハリをつけることができます。



10. 自宅以外の場所で気分転換


自宅ではなく他の場所で仕事をしたいときもありますよね?そういう時は、Wi-fi利用が可能なカフェや図書館に行くのも良いでしょう。気分転換として時には家庭的な雰囲気から離れ、カフェで流れている音楽を聴いたり、飾ってある絵を眺めているだけでもインスピレーションを受けることができ、新しいアイデアが浮かんでくるかもしれません。

どのような方法があなたに最適でしょうか?紹介したヒントを参考に、最善な仕事環境を作りましょう。



仕事への意欲が湧いてきましたか?

オンラインプレゼンスを高めたい!という方はWixで素敵なWebサイトを作成しましょう!


ライター: Wix Team





#スモールビジネスのコツ #生産性 #自宅で仕事

ja03.png