Facebook チャットボットとは?注目の理由と企業の活用例


2016年、FacebookやLINEなどの主要メッセージングアプリで、チャットボットプラットフォームのオープン化が行われ、様々な企業でチャットボットを採用する事例が増えています。

チャットボットとは、「チャット」と「ボット(ロボット)」を組み合わせた造語で、単純なアルゴリズムからAI(人工知能)まで、コンピューターによる自動会話プログラムです。

今回はチャットボットが注目される理由や、実際の企業の活用例をご紹介したいと思います。


なぜ今、チャットボットに注目が集まるのか?


一昔前まで、コンピューターを利用した自動会話プログラムと言えば、「人工無能」と揶揄されるようなギミック的なものばかりでした。

ですが、AppleのSiriやGoogleアシスタントなど、最近のAIアシスタントは、タイマーやアラームの設定、天気やカレンダーの予定確認まで、パーソナルアシスタントとして日常で活用できるレベルまで進化しています。

ボットを利用するメリットはパーソナルアシスタント以外にもあります。例えばネットショッピングだったら、ユーザー情報や購買履歴を利用し、特定の商品をおススメしたり、会話中に適切なタイミングで「カートへ」や「予約する」などのCTAボタンを表示することも可能です。

また、サポートの効率化・顧客満足度向上という意味でもチャットボットを利用しない手はありません。単純な問い合わせの受付はチャットボットに任せ、それ以外の複雑な問い合わせは人が対応する形を取る事も可能です。

ユーザーは、まるで生身の人間とチャット(会話)しているような感覚を体験することができますし、チャットボットを使えば、返事が遅れたり、漏れる心配もなくなります。


チャットボットの作成

開発の始め方

Facebook メッセンジャーボットを作成するためには、開発するプラットフォームをまず決める必要があります。

Facebookが提供するツールを使う事も可能ですが、機能が多すぎては初心者には複雑過ぎるかもしれません。プログラミング経験がない方は、ChatfuelOnSequelBotsifyMotion.aiなどの他のボット開発ツールからお好みを選ぶことをおすすめします。(詳しくはこちらの記事をご覧ください)

いずれかのツールでアカウントを作成したら、あとは指定したFacebookページにアカウントを接続するだけです。


開発ツールでは、ビジネスに合ったウェルカムメッセージを考え、その後、回答テキスト、画像、リンク、登録フォームなど会話中何を表示するか決めていきましょう。


代表事例

より具体的にチャットボットの活用法をイメージしてもらうために、Facebookチャットボットの活用例をご紹介します。

(1) ショッピング バーバリーのボットは、アニメーションGIFや絵文字を使用したものです。これにより、顧客はより楽しいショッピング体験を楽しむことができます。 メッセンジャーの中で、バーバリーの新製品を紹介し、顧客はその商品を直接カートに入れ、買い物をすることができます。



(2)旅行 一流旅館・ホテルの予約サイト「relux」のReluxボットは、エリアや日程、利用人数を入力することで、条件に合わせた旅館やホテルの情報を教えてくれます。

(3) 求人 バイト求人サイト「フロムエーナビ」のメインキャラクターと話している気分になれるパン田一郎(ぱんだいちろう)ボットです。会話形式で好みの求人条件を入力していくと、条件に合った求人情報を返信してくれます。



(4) ニュース 毎日新聞ボットは、Facebookメッセンジャーで自分好みのニュースを届けてもらう事ができるサービスです。

チャットボットの簡単な質問に答えることからはじまり、最新ニュースや記事ランキング、ホットワードなどからニュースを読むことができます。使えば使うほど、よりユーザーにとって関心が高いニュースが届くようになります。

(5) 天気 Ponchoボットは、会話型の天気予報サービス。指定した地域の時間帯における天気をプッシュ形式で配信してくれます。

紹介したチャットボットをお試しいただくと分かると思いますが、会話形式で進める事ができるため、スムーズでストレスなく欲しい情報を得ることができます。

Facebookチャットボットを使って、未来へ挑戦する準備はできましたか? Wix でも、ホームページ上でライブチャットを行う事ができるアプリをホームページ上でを用意しています。まだ試した事がない方は、是非お試しを!


▼まだホームページをお持ちでない方はこちらから▼



ライター: Wix Team



#Facebook #ソーシャルメディア #チャットボット

ja03.png