• 115k
  • 13
マーケティング \ 2017年8月2日

Facebook カバー写真:注目度が5倍上がるオシャレな画像作成のコツ

Facebookページでまず目にするのが「カバー写真」と呼ばれる、プロフィールの上部に表示される大きな写真です。

ホームページを作成する際やYouTubeチャンネルを作る時、トップ画像にこだわるのと同じように、Facebookのカバー写真も、印象的でブランドに合った画像を作りましょう。ビジネスに関連がある画像にしたり、ロゴやキャッチフレーズを入れてみたり、様々な工夫を凝らすことができます。

Facebookが推奨しているカバー写真のガイドラインをご紹介すると共に、ブランドに合ったカバー写真作成のコツをご紹介します。

1. カバー写真に最適なサイズ

まず、Facebookページのカバー写真表示サイズをご覧ください。パソコンとスマートフォンで表示サイズが異なります。

パソコン: 幅820ピクセル × 高さ312ピクセル
スマートフォン: 幅640ピクセル × 高さ360ピクセル

カバー写真に最低限必要な画像サイズは幅399ピクセル × 高さ150ピクセルで、画像は自動的に最適化されますが、Facebookが推奨している最適サイズは幅851ピクセルx高さ315ピクセルなので、これを基準に考えてください。

2. カバー写真の選び方

Facebookのプロフィール写真はPCで170× 170ピクセル、スマートフォンで128× 128ピクセルと限られたスペースでしか表示されませんが、カバー写真は面積がかなりあるので、様々な表現を行うことができます。

早速、代表的なパターンをいくつか見ていきましょう!例をみながら、自分のビジネスに応用できる点がないか考えてみてください。

(1) カバー写真に看板商品を!

一番定番なのが、ブランディングの観点から看板商品をカバー写真に使うパターンです。かく言うWixのFacebookページもこのパターンで、いつも「ホームページ作成」をテーマにカバー写真を作っています。

WixのFacebookカバー写真

Wix以外にも目玉商品をカバー写真に採用する企業は多く、コカ・コーラの他任天堂や映像ストリーミング配信会社Netflixも最新のカバー動画機能を採用して一押しの作品をアピールしています。

商品を強調したFacebookカバー写真

 

(2) 季節感をカバー写真でアピール!

多くのレストランでは、季節に合わせて特別メニューが楽しめますが、Facebookカバー写真もこの手法を採用することが可能です。

Starbucks(スターバックス)では2017年7月末現在までに53枚ものカバー写真を投稿していますが、その多くは季節感を表現したものが多いです。また、キリンビールも季節に合った爽やかなカバー写真を採用しています。

季節感をもつFacebookカバー写真

(3) カバー写真でキャンペーンへの参加を呼びかけよう!

割引キャンペーンや特別プレゼントを実施している場合、カバー写真はアピールするのに絶好のスペースです。

2012年、オバマ元大統領は、大統領選挙で再選を目指すため、選挙戦に向け、資金調達のためのキャンペーンを行いました。キャンペーンの内容は、少額の寄付することで、大統領とのディナーが当たるチャンスがあたる「Dinner with Obama(訳:オバマ大統領と夕食を)」というものでした。そしてなんと!Facebookページのカバー写真に、そのキャンペーンのイメージ写真を掲載し、話題を集めたのです。

UNICEFのFacebookページもいつも、最も注目してもらいたい活動の写真をカバー画像として採用し、キャンペーンを推進しています。

カバー写真でキャンペーンをPRする場合、ランディングページのリンクをカバー写真に貼る事をお忘れなく!

Unicefのキャンペーン用Facebookカバー写真

(4) カバー写真にもロゴを配置!

ブランドと密接な関わりを持つロゴ は、カバー写真の題材にぴったりな存在です。「元気ハツラツ!」のオロナミンCやルイ・ヴィトンのFacebookカバー写真は、まさしくロゴをモチーフにしたものです。

また、百貨店のTarget(ターゲット)のように、さりげなくロゴをモチーフにしている会社もあります。

ロゴが強調されたFacebookカバー写真

3. カバー写真を作ることができるおススメ無料ツール

最後に、フォトショップなどのプロのツールがなくても、凝ったデザインのFacebookカバー写真を作ることができるおススメ(無料)ツールを3つご紹介します。

(1) Canva

ソーシャルメディアマネージャーの救世主ともいえる存在、Canva。Facebookカバー写真専用のテンプレートが用意されており、画像のアップロード、テキストの追加など、簡単な作業であっという間に素敵なカバー写真が出来上がります。日本語対応している点も◎!

(2) Fotor

こちらもCanva同様、簡単にカバー写真が作れるツールです。既に画像サイズも調整済みで、あなたはデザインを行うのみ。テンプレートの種類が豊富で、季節感のある画像もさっと作成することができます。

(3) PicMonkey

アパレルやコスメなど、オシャレなブランドは、このPicMonkeyを一度試してみると良いかもしれません。画像加工により、インスタグラム風のオシャレなカバー写真を作ることができます。

オリジナルカバー写真を、今すぐ作ってみませんか?
Facebookページには、ホームページのURLを必ず掲載してくださいね。

ユーザー数1億人突破のWixで作るホームページ


今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email