• 108k
  • 13
トレンド \ 2017年4月26日

最新版!新たに追加された、注目のFacebook 新機能まとめ

全世界のアクティブユーザー数から見ても、Facebookが未だにSNS界でダントツの存在であることに疑いの余地はありません。

自社サイトを既に作成済みで、サイトとFacebookを連携させている場合、サイトへのトラフィックを増やすためにFacebookを利用しない手はありません。

今回は、最近追加されたFacebookの新機能をまとめてご紹介します。まとめを見て、是非ビジネスに活かせる機能はないか確認してみてください。

Messenger Day :ストーリー機能

3月17日にリリースされたMessenger Day(メッセンジャーデイ)は、SnapchatやInstagramのストーリー機能のように、時限式に24時間で消える画像や動画を共有できる機能です。

もちろん、インパクトのある5,000種類以上のフレームやスタンプなどの装飾を画像に貼り、装飾することもできます。既存のサービスと違う点は、Facebookメッセンジャー内にストーリー機能を組み込んだことです。

Facebookユーザーであればメッセンジャー機能を使っている方も多いと思いますが、普段使っている延長で Messenger Dayを使って頂く事が可能です。

デコレーションをした写真や動画で、その時どんな気分か、何をしたいのかを友達に伝えましょう。例えば、ハンバーガーをほおばる姿を自撮りし、フレームやスタンプで装飾、友達やグループ間でシェアするといった事ができます。

従来のテキストや絵文字に限られたメッセージとは違ったコミュニケーションが期待できますよ!

360度写真 VR端末に対応

Facebookの360度写真は、スマートフォンの傾き(PCではマウスの動き)に応じて、パノラマ写真や360度写真を眺め、その没入感を楽しむ新機能です。WixのFacebookぺージでもよく利用しています。

さらにPCやスマートフォンからだけでなく、オキュラスやサムスンのVRヘッドセットを利用して、VR(仮想現実)環境で鑑賞することも可能です。

パノラマや360度撮影は通常より手間がかかってしまいますが、360度写真に向いているコンテンツを配信したい場合は、通常の動画や写真のようにFacebook上にそのまま共有できるので是非、チャレンジしてみてください。

360度写真

Workplace:企業向けコミュニケーション・プラットフォーム

Facebook社内用に開発されたWorkplace(ワークプレイス)は当初、従業員がFacebook内の専門家やスペシャリストとつながるためのツールでしたが、昨年10月、世界規模での提供が開始されました。

見た目はまったくFacebookそのままで、ニュースフィードやチャット、ライブ動画機能などが備わっています。

ビジネス資料をリアルタイムで共有、業務に関する情報をニュースフィードとしてアップデートできるため、たとえ時差がある環境でも、効率的にコミュニケーションできます。

でも、Workplaceの一番便利な機能は、Multi-Company Groups(マルチカンパニーグループス)といって、別の企業ともグループを作成することができる機能です。別々の企業で働くメンバーが、同じプロジェクトを進めていく際、重宝します。

Workplaceは、操作感がFacebookと似ているので、特別なトレーニングなく使用できるのも大きなメリットです。

Facebook Live 2.0:ライブ動画配信

スマートフォン上で、Facebookから手軽なライブ動画配信を可能にしたのがFacebook Live(ライブ)です。

さらにFacebookがLive APIを公開したことによって、どんなデバイスからでも動画がストリーミングできるようになりました。

例えば、OBS やWirecast、XSplit のようにLive APIをサポートしているライブ配信ソフトを利用すれば、YouTubeやTwitchなどと同時配信することが可能です。PCからの動画配信方法については、こちらをご確認ください。

また、Facebook Live マップから世界中で配信されているLive動画をリアルタイムで探すこともできます。様々なLive動画作成例を見て、自分はどんな動画が作成可能か、ビジネスで利用できないか、考えてみてください。

グループビデオチャット:メッセンジャー待望の新機能!

Facebookメッセンジャーでは、世界で毎日2.45億回ものビデオ通話が発生しています。「グループで通話できたらどんなに便利だろう」と思ったことがある方もいるかもしれませんね。

ユーザーが待ち望んでいたその機能がついに誕生しました。それが、グループビデオチャットです。通話はビデオであれば同時に最大6人まで表示することができ、音声のみであれば最大50人まで参加可能です。

またビデオ通話中に、テキストやスタンプ、絵文字などを送信することもでき、様々なコミュニケーションも楽しめます。

動画広告:ブランド向上狙い

PCからスマートフォンへのトラフィック移行に伴い、Facebook上での宣伝は企業にとって当たり前のものになりつつあります。その傾向はFacebookが動画機能を強化したことによりさらに拍車がかかりました。

Facebookでは毎月約1億回の動画が再生されているため、以下のような種類の動画広告をターゲット・ユーザーのニュースフィードに表示することで大きな効果が期待できます。

  • インストリーム広告
    インストリーム広告を使うことで、その人が持つデバイスに関わらず、適切な対象者に広告を表示できるようになります。
  • CM(ベータテスト中)
    米国の一部ページ(フォロワー数が2,000以上で、ベータプログラムへ参加登録済)で限定的に実施しているサービスです。
    ライブ配信中に15秒間の広告を流すことができ、ライブ配信している企業は広告を入れることで、収益を得ることが可能です。

動画広告

インスタントゲーム:懐かしのパックマンで遊べる!

Facebookメッセンジャーで返信を待っている手持ち無沙汰な時間は何をしていますか?パックマン、スペースインベーダーなどの懐かしのインスタントゲームをプレイし、暇つぶしをしてみては?

さすがに同時プレイはできませんが、お気に入りのゲームで友人と得点を競うことだって可能です。ゲームの起動方法はこちらをご覧ください。

ホームページ作成ならWix

ライター: Wix Team
Wix

今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email