• 72k
  • 5
スモールビジネスのコツ \ 2017年3月7日

Facebook広告を成功させるためのポイント:Wix 達人インタビュー

友人の近況やニュースの確認などにも、ソーシャルメディアを利用することが当たり前になった今、ホームページの宣伝にソーシャルメディアを使わない手はありません。

SNSの代表的な存在であるFacebookは、オンラインビジネスにとって、特に強力な広告プラットフォームです。ユーザー離れが囁かれてはいますが、それでもまだFacebookの月間利用者は世界中で18億人以上に達し、日本でも2700万人以上が利用している巨大メディアです。

ホームページの宣伝をFacebookで行うには具体的にどうすればよいか、知りたくないですか?Facebook広告を実施する際に注意したいポイントなども含めて、Facebook広告のスペシャリスト・サムにインタビューしてきました。

記事中で冒頭のクイズの正解も発表しますので、お楽しみに!

Facebook広告の達人

 

Q1. どうしてWixでは、Facebook広告を利用しているのですか?
他のオンライン広告と比較し、Facebook広告が優れている点は何だと思いますか?

Facebookを使いこなしている方は、オンラインメディアの価値を理解し、インターネットを使いこなす能力がある方だと思います。Facebook広告を使うことで、そういった潜在顧客へリーチすることができるようになります。

またFacebookのビッグデータを利用することで、よりWixに興味を持ってくれそうなユーザーに的を絞って広告を表示することが可能なので、他のオンライン広告と比較し、費用対効果が高いと思います。

Q2. Facebookのビッグデータとは、どのようなデータですか?

地域、年齢、性別、言語の他、趣味、オンライン上の行動パターンに至るまで、多様なユーザーのデータです。

Q3. もしスモールビジネス市場(中小企業)に対して宣伝する場合、その手順はどのようになりますか?

まず目的を設定し、ターゲットとする市場や競合状況を調査するところから始めます。次に実際のオンライン広告を作成し、広告対象とするターゲットオーディエンスを設定します。最後に効率的な予算の割り振りを計画すれば、終了です。

Facebook広告手順

Q4. もう少し詳しくお願いします。

分かりました。各手順ごとに説明します。

①目的を設定
目的とは、Facebook広告を実施することによって達成したい内容です。

あなたは、Facebookページへの「いいね!」を増やしたいのでしょうか、それとも、ホームページへのトラフィック数を増加させたいのでしょうか?目的によって、作る広告も変わってきます。目的をしっかり設定できたら、対象となるターゲット市場を調査します。

②広告作成
目的とターゲット市場に合ったオンライン広告を作成します。それによって広告の種類も決まります。

例えば、ホームページの特定コンテンツへ誘導する場合は、画像を表示する広告が最も一般的です。広告の種類は多様なので、テストをし、ターゲットが敏感に反応する最適なもの探りましょう!

③ターゲット設定
ターゲットオーディエンスをどうするかは、ステップ1で調査したターゲット市場情報が鍵となります。

地域、年齢、性別、言語、趣味、関心、教育、行動などのさまざまなカテゴリーの属性データから広告対象とするターゲットオーディエンスを設定することが可能です。

④予算設定
Facebookでは、「1日の予算」と「通算予算」の2種類の予算オプションが用意されています。1日の予算はその名のとおり1日の支出を指定額内におさまるように自動調整できます。

一方通算予算は、オンライン広告の掲載期間で総費用が指定した額内におさまるように調整されます。

Q5. コンテンツ作成とターゲット設定がポイントのようですね。その他に注意すべき点は何ですか?

Facebookのプラットフォームは、デスクトップからモバイルを中心に考える方向に向かっています。実際、Facebookのアクセスの92%がモバイルからというデータが公式に発表されていますし、モバイルで広告を見る方のほうが多いと思います。

そのような前提を念頭に、広告を配置する場所を決めましょう。たとえば、ニュースフィード (ユーザーのタイムライン)や、PCやタブレットのブラウザー画面の右側にあるサイドメニュー、タブレットやスマートフォンのFacebookアプリ、Instagramなどへ出稿することができます。

また広告の種類にもバリエーションがあります。画像広告ではランディング先にとぶ前にユーザーに画像を拡大して見せるものや、そのままランディングページへとぶものがあります。

動画広告もあり、ユーザーの反応が高いと人気が高まっています。カルーセル広告は、数枚の画像をスライドさせ、見せる広告です。複数の商品を紹介する際に利用することが多い手法です。

さらにFacebook独自の広告メニューとしてキャンバスと呼ばれるものもあります。簡単に言うとFacebook内にランディングページを作り、それを利用する方法です。こちらは、ページの読み込み速度が速い点が魅力です。

Wixでは、ニュースフィードへの広告を主に活用しています。そして予算のほとんどは、画像広告に投入されています。ランディングページにとぶ前にユーザーに画像を拡大して見せる方の画像広告です。

動画広告も試しましたが、新規ユーザー獲得数を伸ばすことはできませんでした。失敗の要因は、モバイル向けの動画広告にせず、デスクトップ上の動画広告として作成したからかもしれません。

いずれにせよ、これはあくまでもWixの結果であり、あなたのビジネスに最適な広告パターンは何か、色々テストをしてみてください。

Q6. 実際の広告は、どのような点に注意して作成していますか?作る際のポイントを教えてください。

Facebook広告を作る際は、以下の6つの点を考慮してしてください。

  1. 短いテキスト
    明快で、シンプルなこと。
  2. 商品がしっかり分かるビジュアル
     何の商品が簡単に認識できること。(Wixの場合はブラウザーやPC)
  3. 全体的に目立つ広告
    しっかりとした構成の広告。画像は、高画質であること。
  4. 高コントラスト
    背景に気をつけ、主役(商品)を際立たせること。
  5. 読みやすい文字
    画像上の文字がはっきり見やすいこと。
  6. ユーザー目線&ストーリー性
    ユーザー目線のメッセージ、もしくはユーザーの感情に訴えかけることができるメッセージ。
    広告画像の向こう側の背景をユーザーが想像を広げて、感じることができること。

冒頭のクイズですが、一番効果があったのは『④』の広告です。
この例のように、上記の基準を多く満たしている広告を作ることで、より多くの新規ユーザーを獲得することができます!

Facebook広告作り方のポイント

Q7. 最後に、予算設定のコツを教えてください。

Facebookの予算設定方法は大きく分けて、①Facebookが自動的に調整してくれるやり方と、②目的に応じて細かく手動で調整するやる方の二つが存在します。

Facebook広告にまだ慣れていない方は、目的の設定が間違っていないか注意しながら、①の自動調整から試すことをおすすめします。この方法は、時間的な余裕がない人にもぴったりな方法です。

Facebook広告にチャレンジしてみませんか?
まずはWixで、本格ホームページを作成しましょう!

ホームページ作成ならWix

ライター: Wix Team
Wix

今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email