• 0k
  • 0
スモールビジネスのコツ \ 2016年9月14日

説得できるプレゼンテーション:成功させる7つの鉄則

あなたがどんな仕事をしていたとしても、ビジネスの場でプレゼンテーションを行う機会はあると思います。例えばホームページのリニューアルを行う場合、新規コンテンツ作成など、周りの人の協力が欠かせません。周りをいかに説得し、巻き込んでいけるかが重要な鍵となります。

会議やセミナーなどのフォーマルな場に限らず、廊下での数分の会話で企画や商品を売り込むチャンスが生まれることも。限られた時間の中でいかに相手の興味を引出し、納得をしてもらえるか、まさに 『プレゼンテーション力』 が求められます。

では、どんな事に注意すれば成功するプレゼンテーションを行うことができるのでしょうか?7つの鉄則をご紹介します。

説得力のあるプレゼンテーション術

聞き手にあったストーリー

聞き手に合ったストーリー

あらゆる聞き手に効果があるプレゼンテーションの「ストーリー」は存在しません。営業部門を前にし行ったプレゼンテーションが成功したとしても、全く同じプレゼンテーションがサポート部門にうけるとは限らないのです。

確かにプレゼンテーションの筋書きで、共通のコアとなるコンテンツ(会社紹介や商品紹介など)は抽出できますが、聞き手に合わせて伝える要点や順序を調整し、柔軟にカスタマイズするようにしましょう。

他にも、声のトーン、引用する具体例など、聞き手によって調整可能な項目を考えてください。聞き手と自分の関係、専門知識への理解なども考慮することで、効果的な演出とストーリーを構成することが可能になります。

信頼第一

利益先行ではなく、信頼が第一

信頼関係を構築し、長期的な関係を維持するためには、単純に企画や製品を売りつけるのではなく、考え方やアイディアに共感してもらうように心掛けましょう。

プレゼンテーションのストーリーを組み立てる際は、直近の目に見える話題だけでなく、より先の課題まで考慮する必要があります。そこまで考えることで、聞き手に安心感を与えるプレゼンテーションを行うことができます。

分かりやすい言い回し

分かりやすい言い回し

一つの部署に長く勤めていたり、ある一定のグループ内だけで仕事をしていると気づかない内に、普段使っている言葉が専門用語ということが多々あります。外部の一般人には、専門用語は全く通じないということを念頭におくようにしてください。

プレゼンテーションの内容は、誰が聞いても分かるようにする必要があります。業界用語の使用は極力避けましょう。分かりやすい言い回しで話ができているか確認するには、部署外の人に一度、プレゼンテーションを聞いてもらうのが一番です。

聞き手の記憶に残る工夫

聞き手の記憶に残る工夫

伝えたストーリーを聞き手が第三者へ語り始めたら、あなたのプレゼンテーションが成功した証拠です。聞き手が話し手に変身したということは、聞き手があなたのプレゼンテーションを理解し、伝えたメッセージを自分のものにした証拠だからです。聞き手の記憶に残るようなプレゼンテーションを行うためには、次のような工夫が効果的です。

ストーリー化: 「起承転結」や「三段論法」を活用して、ストーリーを組み立てましょう。一般的に人は、物語形式の話の方が記憶に残る傾向にあります。

関連付け:相手との距離を縮めるためにも、なるべく聞き手に直接関連する話題を話しましょう。共感もより得られやすくなります。

タイミングを計る

タイミングを計る

ジョークと同じで、最初に話のオチを出すことは避けますしょう。もちろん、ダラダラと前置きを続けても、聞き手の興味が薄れてしまう恐れがあります。

一番伝えたいコトを言う瞬間、まさしくタイミングがプレゼンテーションの成功の鍵となります。タイミングには正解がないので難しいですが、聞き手の反応を見ることによって、そのタイミングを図る力を養うことは可能です。

文字化する

文字化する

プレゼンテーションを成功させたいなら、箇条書きにしろ、話す内容を全て原稿に文字化する作業は重要です。下書きを行うことは、自分の考えを整理し、効果的に伝える工夫をするために大切な準備プロセスです。

リハーサルと自然体

リハーサルと自然体

下書きの重要性と同じ観点から、プレゼンテーションの成功にはリハーサルが大事です。本番と同様に声を出して練習することは、実践的な練習による上達を目指すだけでなく、コンテンツそのものの強化にもつながります。

実際声に出すと、不思議と文字段階では気にならなかった言い回しが奇妙に聞こえたり、明確ではない点に気付かされることがあります。文字による下書きから、声によるプレゼンテーションへと洗練させましょう。

さらに、原稿を機械的に読んでいないかチェックしてみましょう。緊張する場面ではなかなか難しいかもしれませんが、聞き手の関心をつなぐためにはナチュラルな話し方でプレゼンする必要があります。

ホームページ作成ならWix

マーケティングや、ホームページ作成に役立つ情報を週3回、無料でお届けします。
購読を希望される方は、メールアドレスを登録ください。>>

ライター: Wix Team
Wix

今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email