知らないともったいないFacebookの新機能5選



移り変わりの激しいインターネットの世界で、Facebookは老舗といって良い存在です。このソーシャルメディア界のレジェンドは、ユーザーのために改良と刷新を繰り返しています。


多くの人に認知されているFacebookを利用して、コミュニティを活性化させたり、ホームページのトラフィックの増加につなげたいと思うのであれば、Facebookの最新機能をフル活用すべきでしょう。


今回は、是非試してもらいたいFacebookの5つの新機能をご紹介します!



アイテムを保存し、あとで読む


Facebookのニュースフィードに興味深い投稿が現れたけど、読む時間がないという苦い経験をしたことはありませんか?


実は、Facebookには保存してあとで読むという機能があります。文字通り、興味深い投稿を保存しておいて、時間がある時にあとで読むことが可能なFacebook上のブックマーク機能です。Wixチームも良く利用しているイチオシの機能、是非使ってみてください。





Facebookにネットショップを追加


こちらは現在テスト中の機能で、一部ユーザーにしか開放されていませんが、じきにすべてのユーザーに公開される予定です。


ビジネスアカウントのFacebookページに、ページから製品を直接販売できる「ショップ」セクションが配置できます。この機能でFacebookは、Stripeという決済処理ベンダーと提携して商品の売買を可能にしています(物理的な商品に限られており、サービスやデジタル商品は未対応)。


もしネットショップの開設がまだであれば、デザインから運営までワンストップで対応するWixストアも、是非お試しください。





コメント欄への動画投稿


コメント欄に動画を投稿できることをご存じでしたか?数か月前に導入されたばかりの新機能です。


スマートフォンのメッセージアプリなどではすでに登場している機能なので、いままでFacebookに導入されていなかったことが、逆に信じられない方もいらっしゃるかもしれません。





インスタント記事


2016年4月に開発者向けカンファレンスで発表された、インスタント記事。インターネットメディアなどがFacebook内で記事やブログを配信する機能です。


スマートフォンのFacebookアプリ画面用に最適化されたインスタント記事は、独自フォーマットによって読み込み速度が速く、専用のニュースリーダーと同等のユーザー体験を提供します。


記事公開時には、毎回事前にFacebookに申請を行う必要があるなど手間がかかりますが、より良い閲覧体験をもたらすことで、記事へのクリック数やシェア数が実際に増えたという効果が報告されています。



Facebook広告の新フォーマット、キャンバス


ユーザーにとっても、広告主にとっても魅力的な広告プラットフォームを目指し、Facebook広告の新フォーマットであるキャンバスが登場しました!


キャンバス機能の発想はシンプルです。ユーザーが気に入った広告をクリックした際、Facebookからは離れる事なく、最速で最適化されたコンテンツが閲覧できます。フルスクリーン画面でストレスなく閲覧できるのはもちろん、気に入った商品購入までも可能にします。


また、 動画、画像、テキストやCTAボタン(Call To Actionの略)と組み合わせて広告を作成できるので、ブランドや商品をカタログ感覚で紹介したり、訪問者をよりエンゲージすることのできるインタラクティブなコンテンツを提供することが可能になりました。



無料で使えるFacebookやWixを上手に使って、マーケティング活動に役立てましょう!





ライター: Wix Team



#Facebook #Facebook広告 #ソーシャルメディア #新機能

ja03.png