ついに決定!有名雑誌の表紙を撮影するのは、この3名



Wixと雑誌出版社 コンデナストがタッグを組み、世界規模で行われた写真家向けのポートフォリオコンテスト。いよいよ結果発表です。


優勝者3名には、世界的有名雑誌であるヴァニティ・フェア、コンデナスト・トラベラー、そしてブライズマガジンの表紙を撮影する「貴重な体験」がプレゼントされます。


まずは、各雑誌編集者チームが、たくさんのポートフォリオの中から優勝者を選んでいる審査過程の動画をご覧ください!





優勝者の紹介


コンデナスト・トラベラーの表紙撮影:

ニコラス・ラー


中国生まれのニコラスは、わずか2歳の時、家族でカリフォルニア州に移住してきました。


低所得者が多く、暴力がはびこる地域で育ったニコラスにとって、写真撮影は唯一心休まる趣味で、撮影に没頭したと言います。 「家族が貧しかったということもあり、旅をするなんて選択肢は若い頃の私にはありませんでした。でも今は、撮影のために世界中を飛び回っています。信じて突き進めば、何であれ実現することができると身をもって感じています」


ポートフォリオサイト作成で心がけていることは何ですか?

最新の作品を常にサイトにアップしておくことです。コンテンツを自由自在に手早く更新できるというのが、Wixを選んだ理由の一つでもあります。


ニコラスのポートフォリオサイトを見る






ヴァニティ・フェアの表紙撮影アシスト:

トニー・サルバジオ


「写真家のスタイル、写真のエレガンスで、作品を評価しています」と話すのは、ヴァニティフェアの写真ディレクタ―、スーザン・ホワイト。


その基準に従い、何千というサイトから優勝者に選ばれたのが、5年前からプロの写真家として活動を始めたテキサス出身のストリートフォトグラファー、トニー・サルバジオでした。


エンタテイメント、セレブリティを扱った高級カルチャー誌として有名なヴァニティフェアと、ストリートフォトグラファーは一見ミスマッチに思えますが、トニーのセンスに編集チームは目をみはりました。


トニー曰く「人への興味が、ことさらに強いみたいだ。人を観察し、その人たちがいる環境に自ら入って撮影するのが大好きなんだ。」


トニーのポートフォリオサイトを見る






ブライズマガジンの表紙撮影:

マックス・モンゴメリー


「ファッション雑誌なので、ファッションに理解がある写真家が必要」とブライズマガジンのクリエティブディレクタ―であるジェニファー・ウォルターは語ります。


優勝者のマックスは父親がカメラマンだったということもあり、小さい頃から写真に自然に接する機会がありました。13歳の時には父親からカメラをプレゼントされ、18歳で世界的に活躍するペルー出身のフォトグラファー、マリオ・テスティーノのアシスタントとなりました。


それ以来、マックスは、モデルのハイディ・クルムやカルメラ・ローズ、シンガーソングライターのデュア・リパなど、多くのセレブリティの撮影を行っています。


ポートフォリオサイト作成のポイントは?

作品を際立たせるための、最高のウェブ構築プラットフォームを見つけてください。私にとって、それはWixでした。また、高画質の写真をアップすることも重要です。






最後になりますが、素晴らしいポートフォリオを応募くださった全てのコンテスト参加者に、心よりお礼を申し上げます。


全ての応募作品をご覧になりたい方はこちら、日本の優秀作品をご覧になりたい方はこちらをクリックください。





Wixでポートフォリオサイトを作り、あなたの作品を世界に届けましょう。

ライター: Wix Team



#ヴァニティフェア #コンテスト #コンデナストトラベラー #ブライズマガジン #ポートフォリオ #ポートフォリオサイト #写真

ja03.png