自分に合うホームページテンプレートを選ぶコツ



ホームページ テンプレートを利用することは、サイトを作成する最も効率的な方法の一つです。ウェブデザインの知識がゼロでも、無料でプロ並みのホームページを作ることができ、大幅に時間と労力を節約することができます。でも、テンプレートの数が多すぎて、どのテンプレートが自分に一番合っているのか迷っていませんか?


そんなあなたのために、ホームページテンプレートを選ぶ際のコツをご紹介します。以下のポイントを押さえて、ニーズに合った最適なテンプレートを選んでください♪



テンプレートの業界に合わせて選ぶ


多くのテンプレートは特定のテーマに沿ってデザインされています。フォトグラファーレストランウェディングミュージシャンアーティスト非営利団体ヨガインストラクターなど、数えきれないほどのテーマでテンプレートが用意されています。


それぞれのテンプレートは、サイト運営者のニーズを考慮し、ビジネスタイプやサービスに合わせて制作されていますので、あなたの貴重な時間をぐんっと節約することができます。





雰囲気に合ったテンプレートを


理想のテンプレートは、色やフォント、アイコンなどをなるべく変更せずにそのまま使えるようなテンプレートです。あなたのターゲット顧客にはどんな画像や雰囲気が受け入れられるかを考えて、それに合ったテンプレートを選択しましょう。


あなたの顧客にはビンテージ調のデザインが人気ですか?どんな色の受けがいいと思いますか?また、ターゲットの年齢層は?これらを一度考えてから、テンプレート選びに取り掛かりましょう。



インテリアデザイナーのテンプレートを利用したISJ marktさんのホームページ



サイトのコンテンツで選ぶ


業種によってサイトに必要なコンテンツは異なります。ニュースサイトはテキストを多用するスペースやアーカイブページ、コンサルティング会社なら提供しているサービスを明記するツール、または俳優やミュージシャン用のサイトなら、動画を表示するツールが必要です。さて、あなたはどんなコンテンツが必要ですか?


あなたが必要なコンテンツのアップロード、編集が簡単にできるテンプレートを選びましょう。そのためには、テンプレートを選び始める前に、まず必要なコンテンツを準備することから始めるのが得策です。



パーティーレンタルテンプレートを利用したシーズナルウインドさんのホームページ



全体に目を通す


トップページだけを見て、利用するテンプレートを決めるのはおすすめできません。各ページにアクセスしてテンプレート全体の流れを理解しましょう。


ホームページ作成において最も重要なことの一つに、シンプルで直感的にナビゲートできることが挙げられます。そのため、各ページ間の流れをよく理解したうえで、テンプレートを選ぶことが大切になります。



オンラインフォトテンプレートを利用したポチ屋さんのホームページ



どれだけ労力をつぎ込むか


既にデザインされたテンプレートを編集してサイトを作成する方法は、一から自分でサイトを構築するよりも10倍も簡単ですが、テンプレートを編集するといっても、そのレベルはさまざまです。


最低限の編集作業しか必要ないテンプレートが希望か、または高機能だけど編集する箇所が多いテンプレートが希望かを、なるべく早い段階で決めることをおすすめします。


編集が簡単なテンプレートは大抵4~5ページで構成され、カスタマイズできるコンテンツがそれほど多くありません。より簡単なベーシックなサイトが必要な場合は、過去の記事「かっこいい縦長スクロールサイトの作り方」を参考に、シングルページのテンプレートでサイトを作成することをおすすめします。


より自由にサイトを作成したい方は、白紙テンプレートを使うという手もあります。作成のステップはこちらをご覧ください。



気に入るテンプレートは見つかりましたか?

デザイナーが作成したテンプレートを使い、あなただけのホームぺ―ジを作りましょう☆



ライター: Wix Team



#ウェブデザイン #デザインインスピレーション #ホームページテンプレート

ja03.png