• 0k
  • 0
トレンド \ 2016年5月31日

明日から実践してみる?成功者の朝時間の過ごし方

「これをすれば、絶対にビジネスが上手くいく」という方程式は存在しません。ただそうはいっても、成功者には共通する習慣があるものです。その一つが早起き。世界で成功者と言われる人は早起きの人が多く、「成功に早起きは欠かせない」といっても過言ではありません。

そこで今回は、朝の過ごし方のヒントを、成功者の習慣と共にご紹介します。朝の数時間があなたの人生を変えるかもしれませんよ!

成功者の習慣

運動

体を動かす

朝は、筋肉の増強を助けるテストステロン値が高くなる傾向にあるので、エクササイズを行うのにぴったりです。人によって、ランニング、ヨガ、筋トレなど、エクササイズの内容は様々ですが、1日の始めにエクササイズを行うことで心身のバランスをとることができます。

夜に比べて、朝は急な予定が入りにくいので、毎日同じ時間にエクササイズを継続することができ、習慣化できるというメリットもあります。

朝、運動をしてる成功者

リチャード・ブランソン(ヴァージン・グループ創設者)
朝5時頃に起床。
朝食の前に、泳いだり、カイトサーフィン、テニスをするのが日課。

ジャック・ドーシー(Twitter創業者)
朝5時30分に起床。
瞑想をした後、約9.6キロのマラソンを行うのが日課。

カフェイン断ち

朝食を摂る

慌ただしい朝。眠気を覚ますために、コーヒーを1杯だけ飲み、出社していませんか?コーヒーだけでは、必要なエネルギーをとることはできません。朝食は、1日の食事の中で最も重要とよく言われます。栄養バランスに気をつけた質の高い食事を行うようにしましょう。そうすることで、脳に栄養がいきわたり、効率良く、エネルギッシュに仕事を行うことができるようになります。

成功者はどんな朝食を食べているの?

キャサリン・パワー(クリーク・メディア・グループ共同創業者兼CEO)
卵を載せたトースト、アボカド添え

澤田道隆(花王社長)
食パン、野菜サラダ、卵焼きとソーセージ、ヨーグルトなど。
バランスに気をつけている。

マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者兼CEO)
朝食に何を食べるか、どんな服を着るのかというような小さい決断は時間の無駄という考えから、あるものを食べる。

禅の時間

瞑想をする時間を持つ

仕事を一度始めてしまうと、停止ボタンはどこにもありません。目まぐるしく、色々な事が動いていきます。スティーブ・ジョブズや、ビル・ゲイツなどの多くの成功者は、朝に瞑想を行うなど、リラックスする時間を取る人が多いです。

病の90%はストレスからくると言われています。こうした時間をとることで、日中バタバタしていたとしても、ストレスを感じることなく、余裕をもって物事に対応できるようになります。瞑想する際には、「今日が自分の人生で最後の日だとしたら、何をすべきか?」考えてみましょう。自分のやりたい事や、やるべき事が見えてくるはずです。

難しい仕事を終わらせる

重要で難しい仕事を、先に終わらせる

仕事をしていると、色々な課題が舞い込んできます。時間が経つにつれて疲れが出てきて、どうしても集中力が途切れてしまうのは、人間であれば当然のことです。

早朝、頭が冴えた状態で、集中的に重要な仕事に取組み終わらせることができれば、効率良く1日の時間を過ごすことができるようになります。重要な仕事を朝の内に終わらせることができた達成感で、その後のモチベーションも高まりそうです。

あなたも、明日から早起きしてみませんか?
今より2時間早く起きれば、年間730時間使うことができる時間が増えますよ!

無料のホームページを作ろう

(参考)
10 Morning Rituals of Successful Entrepreneurs
The Breakfast Habits Of Insanely Successful People

ライター: Wix Team
Wix

今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email