• 0k
  • 0
デザイン インスピレーション \ 2014年7月29日

画像の使い方を参考にしたい最新デザイントレンド

ホームページに画像を載せたい場合、まずは現在の画像を使ったデザイントレンドに目を向けてみましょう。画像の使い方次第で、サイトのユーザーエクスペリエンス、そして売上にも直接的な影響も及ぼします。

今回は、画像の使い方を参考にしたい最新のデザイントレンドとそれを上手く取り入れているWixサイトの実例をを6つご紹介します!

画像の使い方に関する最新ウェブデザイントレンド

モノクロ・単色の画像

ウェブデザイナーの間では、色使いまでミニマルなデザインが非常に人気です。様々な色を多様するのではなく、モノクロや単色の使いで、色の濃さや同系色の色合いを用いてデザインすることで、クリーンですっきりとしたデザインにまとめることができます。バランスの良い、落ち着いた雰囲気を出してくれるので、強調したいコンテンツをより引き立てることができます。

Winn Education >>

Winn Education

賢いインフォグラフィック

インフォグラフィックは、役立つ情報や核となるメッセージを画像にして伝えてくれ、現在ウェブデザインでもよく使われる人気コンテンツです。簡潔かつ効果的に、情報を整理して伝える素晴らしい手段です。

テキストと画像の両方の良さを組み合わせることで、単に文章で説明するよりも、訪問者が興味を持って情報を読み進めてくれることでしょう。

Ben Meirovitz >>

Ben Meirovitz

大きなヒーロー画像

なぜヒーローなのかは不明ですが、ウェブページが読み込まれた際に一番最初に目に付くエリアは「ヒーローエリア」、そしてこのエリアに使用される画像は「ヒーロー画像」と呼ばれ、多くの画像やテキストを詰め込むのではなく、余白を上手く利用して、すっきりと統一感があり、伝えたいことが明確なデザインを心がけましょう。

具体的には、複数の写真やギャラリーを多様するのではなく、静止画像を一つだけ用意して、必要不可欠なものだけを残すのがポイントです。

Brown Owl Creative >>

Brown Owl Creative

リアルな画像が共感を生む

ウェブに精通した消費者やユーザーは、実際の生活とはかけ離れたファンタジーのようなストック画像に違和感を感じてしまうでしょう。ストック素材写真などのモデルが完璧なポーズで微笑んでいる写真などは、いかにもイメージ画像ですと言っているようで、サイト訪問者の興味を引きません。

逆に、ストック写真ではなく、自分と同じような消費者の姿やシチュエーションを映したリアルな写真を使うことで、親近感のあるサイトになり、顧客の信頼を勝ち取ることができるでしょう。

Reseau Sentinelles >>

Reseau Sentinelles

加工された画像

Instagramが登場してから早4年が経ちますが、フィルタなどで加工された写真の人気は依然として衰える様子はありません。まるで夢の中にいるような雰囲気の写真や、ビンテージ風の写真など、まだまだウェブ上で使われることが多く、特にホームページの背景やメイン画像として使うことで、雰囲気のある素敵なサイトが完成します。

Wixホームページビルダーには、最先端の画像エディタを搭載しており、多数のフィルタやエフェクトの中から選んで、画像を編集することができます。画像加工が今までにないほど簡単になったのです!

Naven Baby >>

Naven Baby

ベクター画像

少し技術的な要素を含む説明となりますが、通常の画像が小さな色の点(ピクセル)を集めて構成されているのに対して、ベクター画像は、線で囲まれた部分を塗りつぶすように画像が構成されています。これは、画質とその読み込み速度に良い影響を与えます。

これら技術的な利点に加えて、ベクター画像は、デザインにも大きく違いを生み出します(その良い例として、以下のホームページをご覧下さい)。ベクター画像を用いたイラスト風のデザインは、背景画像やサイト内の装飾コンテンツに最適です。ベクター画像の作成、編集には、画像編集ツール(その一例がこちら)が必要となり、Wixエディタにアップロードする前にJPEG形式で画像を保存する必要があります。

Plus on Hold >>

Plus on Hold

 


今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email