Loading...
  • 0k
  • 0
スモールビジネスのコツ \ 2016年12月15日

勝てる市場を狙おう!顧客ターゲット設定法

Facebookのように、月間アクティブユーザー数が16億5,000万人という、地球上のスマートフォン・ユーザーの多くが顧客である状況であっても、事業を成功させるためにはターゲット市場を定める必要があります。

起業したてのビジネスであればなおさら、上手に市場を見極め、時間とお金を節約する必要があるでしょう。より的確な顧客層にマーケティング活動のためのリソースを集中することができるからです。狙いを定めた顧客に、あなたの製品やサービスが必要であると伝わる ホームページを作成し、メッセージを届けましょう!

実はそんなに複雑に考える必要はありません。あなたのビジネスの標的をピンポイントで定めるため、これから説明する 6つのステップを実践してください。

ターゲットマーケティング

顧客ニーズ

顧客ニーズ

どのようなビジネスであっても、何かしらの問題を解決するために商品を提供しています。言い換えると、顧客とはあなたの商品で何かしらの問題を解決したい人々のことです。従って、どのようなニーズに対し、どんな商品を提供できるのかを、まず考える必要があります。

もし買い物代行サービスのビジネスだったらと考えてみましょう。あなたのターゲット顧客は、「毎日が忙しくて日用品の買い物をする時間がない」という共通の問題を抱えており、「30代以上」の購買力がある年齢層で、「必要なものを買い物リストに準備できる」人という仮説が立てられるはずです。1つの商品に複数のターゲット市場が隠れている場合があるので、仮説はどんどん立てて、それが正しいか試していくのがおすすめです。

顧客分析

顧客分析

現在取引をしているお客様について分析すると、共通の特徴が見えたりしませんか?

例えば、男性が多かったり、一定の年齢層に収まったり、職業、社会経済的な背景も浮かび上がってくるかもしれません。さらに、特にどのような特徴を持つ顧客と最も継続的な関係を続けられていますか?

あなたのコアなファン層がターゲットとすべき顧客で、市場を定める指標になります。共通の特徴を持っていないか顧客を分析して、カテゴリーに分けてみましょう。きっと新規顧客開拓のヒントが見えてくるはずです。

もし顧客がまだ一人もいない場合は、このステップを飛ばして次のステップに進んでください。

競合分析

競合分析

さらにターゲット市場への理解を深めるためには、ビジネス競合とその顧客に関して調査しましょう。 同じような顧客層に向かって自分の商品を売り込みたいのか、あるいは競合とは重ならないニッチ市場を開拓するのか?もし競合にはない特色を見つけることができたら、その差別化につながる特色を利用して、あなただけの市場を囲い込むチャンスが生まれるかもしれません。

いったんあなたのライバルを理解することができたのならば、おなじ商品で他のグループに売り込めないか、あるいは同じ商品で同じグループによりよい形で商売することができるかなどの質問を自分に投げかけてみましょう 。

差別化

差別化

競合分析をした後は、ターゲット市場にどのように売り込むかを考える段階です。

マーケティング活動とは、あなたの価値を高め、差別化を行うためのものです。そのためには顧客に「市場にある商品の中であなたの商品が一番優れている」と思ってもらう必要があります。「他と何が違うのか?」明快に回答できるように準備してください。

買い物代行サービスの例えに戻ります。単に近所でのお使い屋さんではなく、税関手続きを含めた海外から輸入代行業務を行えたらどうでしょうか?あるいは逆に、海外在住の邦人向けに日本でしか購入できない品物を配送するサービスも考えられるかもしれません。また、高齢者向けに絞って商品をそろえ、こまめに玄関先まで配送することに特化してもよいかもしれません。

差別化のための得意なポイントを決めて、伸ばしましょう!

ペルソナ

ペルソナ

よりターゲット顧客をイメージするためのツールとして、「ペルソナ」を設定してみましょう。ペルソナとは元来、古典劇において役者が用いた「仮面」のことですが、マーケティング用語では、商品にとって一番重要で象徴的な顧客モデルを指します。そのために、名前、年齢、性別、住所、職業、勤務先、年収、家族構成といった定量データだけではなく、ライフスタイル、価値観、消費行動や情報収集行動などの定性データを含めて、まるで実在するかのような人物モデル像を描きます。

ペルソナを定めると、どのようにオンラインから情報収集しており、どのような関心事があるのか、より具体的にイメージすることが可能です。例えば宣伝活動をするにも、「Facebookでかっこいい動画を使い、商品をアピールするのが効果的だ」などと、より具体的に活動計画をたてることが可能です。

宣伝活動

宣伝活動

顧客ニーズからペルソナの定義まで、十分にターゲット市場の狙いを定めることができたのならば、いよいよ宣伝活動の段階です。まずは、狙いの顧客がどういった場所に集まりやすいかを考えてみましょう。地元の商店街、Facebookの特定フォーラム、あるいはスターバックスでMacのキーボードを叩いている人たちでしょうか?

今ならより明確に、誰が見込み顧客で、それらの人々がどういう場で生活しているのかがイメージできるはずです。

  • あなたのペルソナがどのソーシャルメディアを頻繁に利用するか考えてみましょう。そしてそのイメージに合わせて、最適なSNSチャネルにコンテンツを投稿します。(オンライン広告も同じ要領で、考えてください)
  • 宣伝コンテンツには、競合とは違った差別化の特長を強調しましょう。特に、どのような顧客ニーズに応え、問題解決につながるのかを伝える必要があります。
  • もし紙のポスターを制作することが可能ならば、見込み顧客が集まる場所に貼りましょう。買い物代行サービスなら、実際買い物をするスーパーや薬局などが考えられます。
  • 宣伝コンテンツには、実際のお客様、あるいは定義したペルソナと近い人物を登場させましょう。見込み顧客が自分との関連性を見つけ、親しみを持ってもらうためです。

無料ホームページ


今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

Wixブログを購読 \  

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい