Loading...
  • 0k
  • 0
スモールビジネスのコツ \ 2016年2月12日

製品を売るためのマーケティングの視点とは?

ビジネスを成長させ、ヒット商品を世に送り出すには、マーケティングが欠かせません。ブランディング、メルマガの送信、ソーシャルメディアマーケティングなど、様々な方法がありますが、マーケティング方法や、ツールのみを考えるのではなく、どのような視点で商品を売っていくのかということも重要なポイントです

今回は、商品に付加価値をつけて、消費者にアピールする方法をご紹介します。

製品を売るためのマーケティングの視点とは?

1

経営ビジョンを共有しましょう

商品にストーリーを与えるには、会社設立の経緯や、経営理念を語るのが一番です。どのような信念を基に会社を経営し、どんなこだわりと熱意を持って商品を作っているのかを表現することで、商品が “ただの物” ではなくなります。あなたの熱い思いを語ることで、商品に愛着をもってもらうことができるはずです。

人の顔が見える商品説明を

人の顔が見える商品説明を

マーケティング活動は、「顔」が見える形で行うことで安心させることができます。商品であっても、結局は人によって作り出され、販売されているからです。人間を前面に出すことにより、「感情に訴えかけるメッセージ」が初めて可能になるのです。

広告で社内の人を使ってみたり、ホームページ上に役員紹介や社員が働いている姿を掲載してみたり (Wixもこちらのページで行っています)、ソーシャルメディアを使って、顧客とコミュニケーションをとってみたり。顧客も人間であり、人とのコミュニケーションを求めていることを忘れないようにしてください。

人の顔が見える商品説明

口コミを最大の武器と心得よ

口コミを最大の武器と心得よ

デートや会食に使うレストランを探す時、あなたは何を参考にしますか?口コミを読む方も多いのではないでしょうか?サービスマーケティングにおいては、口コミや賛同者の存在はとても重要ですが、商品をマーケティングする際も「お客様の声」が大きな力を発揮してくれます。

製品レビューでは、スペックだけでなく、製品を使った感想であったり、それが生活にどのような影響を与えたのかなど、たくさんの声が掲載されています。第三者を介した情報のほうが、当事者が直接伝えた情報よりも影響が大きくなるという心理効果(ウィンザー効果)もあり、良い口コミは広告よりも効果があります。

インターネット上の様々なプラットフォームで自分の会社や商品の口コミを検索してみましょう。そして、良い口コミであればお礼をいったり、悪い口コミであれば、原因を考え、解決法を提示したりと、積極的にコミュニケーションをとってみましょう。そうすることで、消費者の声を大切にしている会社だということを分かってもらうことができます。

心理的な満足をストーリーテリングで

心理的な満足をストーリーテリングで

商品の購入では、その場しのぎの満足では終わらないことを示す必要があります。その場合、ストーリーテリングという方法を使ってください。潜在顧客には商品を購入することで、生活がどのように変わるのか、ストーリー形式で語るのが効果的なのです。

例えば、あなたの会社が「ランプ」を販売している会社だとしましょう。機能のみをアピールするのではなく、美しいデザインのランプの購入で、あなたの部屋にどのような効果をもたらすのか語ってください。居心地の良い空間を想像させることで、その商品が売れやすくなるはずです。

心理的な満足をストーリーテリングで

付加価値を販売するつもりでセールスを

付加価値を販売するつもりでセールスを

商品を宣伝する際、その商品には付加価値をつけて販売する必要があります。新品のポルシェ。それは確かに美しい商品だと思いますが、それを購入することで消費者は車というだけでなく、「洗練されたスタイル」「社会的な地位」つまりは、「贅沢」という価値観を購入することになります。

マーケティング戦略を立てる上で、商品の仕様のみを考えるのではなく、消費者のどのような感情に働きかけることができるのか、どのような価値観を販売することができるのか、考えながら戦略をたててみましょう。

商品を販売するには、まずホームページ作成から。
プロ並みのサイトを自分で作りたい方はこちらからどうぞ。


今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

Wixブログを購読 \  

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい