Loading...
  • 0k
  • 0
マーケティング \ 2014年9月7日

Twitterのビジネス活用術にまつわる5つの誤解

2億7000万人以上のアクティブユーザーを抱え、主要SNSの地位を長年維持し続け、さらに、多くの報道や公開討論、有名人のスキャンダルなどがTwitter上で飛び交う一方で、スモールビジネスの多くは、Twitter以外のソーシャルメディアに時間と労力を費やしているのが現状です。

この理由として、Twitterユーザーの多くがネット初心者であるという「うわさ」が広く浸透していることが挙げられます。Facebookとは異なり、Twitterは特定のタイプのウェブユーザーに受ける傾向があります。Twitterは万人受けとはいえませんが、たくさんの人がTwitterを愛用しているのも事実です。Twitterに夢中なユーザー層が多い中、ビジネス活用を試してみない手はありません。

ソーシャルメディアとして成功を収めているTwitterですが、ビジネスがその活用に踏み出せないのはなぜでしょう?今回は、Twitterに関する神話や、ビジネスオーナーがTwitterでやってしまいがちな誤りに焦点を当てて解説したいと思います。よくある誤解から、正しいマーケティング戦略を学び、Twitterをビジネスに活用する第一歩をお手伝いします。

Twitterのビジネス活用術にまつわる5つの誤解

誤解1. 140文字では何も伝えられない

これは最も一般的な間違いです。Twitterの字数制限と正しく付き合うには、140文字に納まらないメッセージには改善の余地がある、と考えることです。

成功しているTwitterアカウント(例えば、ソフトバンクの孫正義さんやダライ・ラマなど)を覗くと、教育や娯楽、激励、報告、質問、コミュニケーションを少ない文字数で上手く表現できています。一度あなたの表現方法を見直してみましょう。

誤解1. 140文字では何も伝えられない

誤解2. Twitterはハイテクやオンラインマーケティング関係者だけに利用されている

テクノロジー好きや、人脈作りに夢中なビジネスマンだけが、Twitterをコミュニケーションツールにしていると考えていませんか?こちらは現在もっとも人気なTwitterアカウントがランキングになっています。芸能人から人気キャラクター、メディア、企業アカウントなど、様々なジャンルの人が集っていることが分かります。

誤解2. Twitterはハイテクやオンラインマーケティング関係者だけに利用されている

誤解3. 成功するにはつぶやき続けなければならない

これは完全に誤解とは言い切れませんが、影響力のある「つぶやき」を目指すのであれば逆効果にもなり得るので注意が必要です。バランスのとれた頻度を保つのが、成功の秘訣です。

投稿のない日が続いたかと思えば、急に30秒間隔で連続投稿するのは、まるで暗闇に向かって叫んでいるようなものです。「つぶやき」の間隔をあけて(Bufferなど役立つツールがあります)、フォロワーのタイムラインを荒らさない頻度で投稿しましょう。

誤解3. 成功するにはつぶやき続けなければならない

誤解4. Twitterの効果を分析するのは不可能

スモールビジネスユーザーが使えるTwitter分析ツールは、数多く登場しています。あなたもこれらの便利なツールを使わない手はありません。Twitterのパフォーマンス分析は、このSNS戦略を改善する上で必要不可欠です。

Twitter独自が提供する分析ツールをはじめ、TwitterCounterTwitonomyCommun.itなど、他にもTwitterの動向を分析できる非公式アプリがたくさんありますので、一番使いやすいものを選んで活用しましょう。

これらのツールを使うことで、どんなツイートが最もエンゲージメントを生み出したのか、最も利益につながったか、またどのつぶやきが広く拡散されたかなどを知ることができます。そして、ユーザーのつぶやきを通して、自社商品の生の評判を知ることもできます。

誤解4. Twitterの効果を分析するのは不可能

誤解5. どれだけリツイートされたかが全て

リツイート(RTとも表記されます)はつぶやきのリーチを広げ、新しいフォロワーを開拓するのに効果的な方法ですが、膨大なつぶやきの中でリツイートしてもらうのは至難の業です。リツイートの効果ゆえに、Twitterを始めたばかりのユーザーは、どれだけリツイートを得られるかだけに注目しがちです。

しかし、Twitterでのほとんどのコミュニケーションは、特定のユーザーやグループとコミュニケーションをしたり、盛り上がっている会話に加わったり、またはフォロワーにディスカッションを促したり、個人レベルで行われます。このタイプの相互アクションで巻き込む人数は、リツイートよりは少ないしょうが、ブランドやビジネスがTwitter上で確固たる存在感を出すためには、リツイートと同じくらい効果的なコミュニケーション方法です。

オンラインビジネスを始める準備はいいですか?

Wixで無料ホームページを作成しましょう!


今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

Wixブログを購読 \  

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい