Loading...
  • 0k
  • 0
ウェブデザイン \ 2014年9月2日

ホームページを台無しにする絶対やってはいけないWebデザイン

ウェブページは、美的センスや機能性など、様々な観点からデザインされています。流行りすたりもありますが、その中でも特にホームページの質や訪問者に大きな影響を与えるものをあります。

これからホームページを作成する方も、既にお持ちの方も使える、辛口チェックリストを作成しました。こちらを参考に、成功するウェブデザインの法則を身に付けてください。

ホームページを台無しにする絶対やってはいけないWebデザイン

一貫性がない

さっそく、例を見てみましょう。メニュータイトルにご注目ください。半分は英語と日本語で書かれていますが、半分は英語のみで表記されています(以下の画像をご参照ください)。この書き方では読む人のリズムを乱し、デザイン知識のない人でも違和感を覚えます。英語のみで表記する場合は、大文字か小文字かもきちんと統一しましょう。これは大変よくあるミスですが、修正も簡単です。

改善方法:ウェブサイトの細部まで、一貫性をチェックしましょう。これはメニューだけに当てはまることではありません。ページタイトルや段落内でも一貫性を保つことで、あなたのホームページは総合的に良くなります。

表記に一貫性がない

文字が読みにくい

ホームページでは、目的に応じて様々なことを伝えることができます。しかし、どんなに伝えようとしても、文字が見にくければ何も伝わりません。

ご自身のホームページで確認してみてください。目がチカチカする色の文字や見えないほど小さい文字はありませんか。読みやすさ抜群のサイトは、他の何にも勝るのです。

改善方法:読みづらい文字がないか探してみましょう。小さすぎたり、大きすぎたり、背景色と文字色の相性がよくない(例:白地にクリーム文字色)などありませんか。また、フォントは良くても文章が難解、なんていう場合もあります。とにかく読みづらい箇所を見つけて修正しましょう。友人にホームページを見せて、第三者の視点で意見をもらえると確かですね。

文字が読みにくい

リンク先が正しくない

たいていのホームページには、リンクが貼られていますが、全く予期しないページに飛んでしまったことはありませんか。訪問者はストレスを感じ、マイナス評価を下しかねません。リンク先のURLやリンクボタンを押して、どこにも飛ばなかったり、無関係なページに飛んでしまうようなサイトは、重大なミスを犯しているといえます。

改善方法:サイト中の全てのリンクURL、リンクボタン、その他の機能も含め、正常に動作することを確認しましょう。特に、SNSのアイコンなど、ホームページテンプレートの既存リンクはきちんと見直し、正しいURLを指定してください。割当てたリンク先がない場合は、リンク機能自体を消してしまいましょう。

リンクが正しくない

フッターまでが遠い

不要なスペースはありませんか?ページやコンテンツの一番下からフッターまでの距離が、必要以上に離れているサイトをよく見かけますが、この無駄なスペースは削ってしましましょう。

改善方法:サイト内の各ページをチェックしましょう。もしフッターまでのスペースが小指の長さより広ければ、修正の余地があります。

フッターまでが遠い

写真や画像が明瞭でない

ピンボケしている写真や、素人が撮影したのがバレバレな画像を載せているとしたら、要注意です。ホームページ上の画像は全て、最高のクオリティでないと、そのサイトのプロフェッショナル度はガタ落ちです。

自己紹介ページの写真であろうと、商品イメージであろうと、ハイクオリティかつ明瞭な写真以外は載せないことです。特に商品写真については注意が必要です。

改善方法:全ての写真、画像を確認しましょう。十分なクオリティを満たしていない画像があれば、取り替えるか、改めて撮影しましょう。手間をかけた分、結果となって返ってきます。

画像が明瞭でない

ショッピングカートが見つけられない

商品を販売しているECサイトを運営しているなら、カート機能があることと思います。しかし、そのカート自体が見つけにくいところに配置されていると、カート機能はないも同然です。お客様が商品の購入手続きに進めず、お手上げ状態になり、別のサイトで買い物をされてしまっては売上が上がりません。

改善方法:カートを見やすいところに配置しましょう!サイトの全ページで、上部に固定しておくのが良策です。

ショッピングカートが見つけられない

大音量で音楽が再生される

ページを開くと同時に、自動で音楽が流れるサイトがありますが、これは訪問者のほとんどが迷惑と感じると言わざるを得ません。誰がどこでホームページを開くか分かりません。公共の場やオフィスだったらどうでしょう。たいていの場合、驚いて一刻も早くページを閉じようとするはずです。

改善方法:どうしても音楽を自動再生させたければ、停止ボタンを見つけやすいところに配置し、すぐ押せるようにしておきましょう。

大音量で音楽が再生される

欲しい情報が簡単に見つけられない

情報を見つけやすいサイトは、情報量が適切に調節されています。大量の情報を掲載したい場合は、1ページにまとめた縦長のスクロールページは向いていません。

一方、ページ数は50ページもあるのに情報量が少ないサイトは、内容がないのと等しく、訪問者はがっかりしてしまいます。

改善方法:一般的に、情報量は少なめが良いとされています。訪問者が求めるであろう情報は載せつつも、情報過多に気をつけましょう。どんな情報を載せるかを決めたら、それに合わせてサイト内のフロー(流れ)を決めましょう。どんな順序で情報を提供するかは、他のユーザーのサイト作成例を参考にしてみてください。

欲しい情報が簡単に見つけられない

アニメーション効果の多用

アニメーションは、訪問者を「おっ!」と思わせる効果を、ホームページに追加してくれる素晴らしい機能です。しかし、その素晴らしさゆえに、むやみやたらに使ったり、やり過ぎてしまうことが多いのも事実です。

改善方法:アニメーションの使いすぎに気づいたら、最も焦点を当てたいコンテンツを決め、それ以外はアニメーションを外しましょう。アニメーションの動きをゆっくりにするのも効果的です。

アニメーション効果の多用

最後に:全てを見直しましょう

心配になったら、友人にチェックしてもらうのがおすすめです!ずっと自分のサイトをみていると、自分では気づきにくくなっていることも。ホームページをチェックしてもらい、使いづらかった箇所や読みづらい文章などを教えてもらいましょう。

プロフェッショナルで美しいホームページを作成する準備は整いましたか?さっそく豊富なデザインから、好きな無料テンプレートを選びましょう >>

>>> Wix公式ブログを購読して、今後もあなたの役に立つWebデザインのヒントを受け取りましょう <<<


今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

Wixブログを購読 \  

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい