Loading...
  • 0k
  • 0
マーケティング \ 2014年3月11日

LinkedInをビジネスに活用するための10のポイント

LinkedInは、世界中のビジネスマン同士、または企業と人材を繋げるビジネスに特化したSNSとして有名です。LinkedInを使って、多くの人々が仕事探したり、人脈を増やしたり、様々な業種のビジネスネットワークを拡大するための貴重なツールとして、米国を中心に世界中で活用されています。LinkedInのメンバーは世界で2億7千万人、日本は100万人以上と発表しています。

LinkedIn上では、フリーランサーやクリエイター、起業したばかりのビジネス、さらにはアーティスト達が、他のソーシャルネットワークとは異なるオーディエンスに向けて、自分のスキルやサービスを紹介することができます。あなたのビジネスやキャリアにとってプラスになるソーシャルメディア「LinkedIn」活用の10のポイントをご紹介します。

LinkedInをビジネスに活用するための10のポイント

 

1. 会社ページを作成:

個人プロフィールとは異なり、LinkedInの会社ページは、企業が自社の事業、ブランド、製品とサービス、そして求人情報をアピールできるように設定されています。中小企業にとっても、会社ページを活用して、個人のプロフィールと結びつけることで効果的に使うことができます。個人プロフィールよりも、会社として様々な情報を発信することができます。例として、Wixの会社ページをご覧ください。準備が整ったら、こちらから会社ページを作成してみましょう。

Wix.comのLinkedInページ

 

2. 個人プロフィール上で会社をアピール:

とはいっても、LinkedInの中心となるのは、個人のプロフィールです。企業を支える個人として、プロフェッショナルな印象を与えることができます。個人のプロフィール上で、ビジネスの詳細、重要なページ(企業用ホームページ、Facebookページ、ブログなど)へのリンクを忘れずに追加しましょう。

 

3. 定期的に情報を発信:

会社ページを通して、ビジネスの進展やニュース情報などを投稿して、ビジネスコミュニティに情報を発信しましょう。会社ページを定期的に、そして戦略的に更新することがポイントです。最近完了したプロジェクトや、メディアに掲載された内容、クリエイティブなアイディア、新機能や新製品など、ビジネスに関する最新情報を更新しましょう。

 

4. 高品質のビジュアルコンテンツを投稿:

LinkedIn上にアップロードする会社のロゴやプロフィール画像などのビジュアルコンテンツは、高画質であることを確認しましょう。LinkedInは、特に視覚的なSNSというわけではないので、設定できる画像部分は、上手く利用し賢く画像を使いこなすことが重要です。例えば、情報を投稿する際は、一緒に投稿する画像を編集することができます。ナショナルジオグラフィックのLinkedInページは、画像を上手く使って訪問者を引き込むページが出来上がっています。

National GeographicのLinkedInページ

 

5. グループを作成:

LinkedInの優れたソーシャル機能として、同じ興味を持つユーザー同士でグループを作り始ることができます。あなたのビジネスに関連するトピックについて、LinkedInグループを立ち上げ、議論を盛り上げ、グループのメンバーにあなたのビジネスを確実に知らせることができます。

 

6. 既存のグループに積極的に参加:

独自のコミュニティを作成するだけでは、ソーシャルメディアの世界では十分ではありません。既存のグループに積極的に参加して、他のユーザーと交流を図りましょう。この目的は、あなたのビジネスについて多数のグループにスパムのように宣伝するのではなく、実のあるディスカッションを通して、真のビジネス関係を築くことです。

 

7. 社員やパートナーと協力する:

チームや企業の一員として仕事をしているなら、LinkedIn上で知り合いユーザーを見つけ、彼らを巻き込みながら、より多くの注目を集めましょう。会社ページが、多くのプロフェッショナルな人材にフォローされていることで、ビジネスへの信頼性がぐんっと上がります。

 

8. 賢く投稿:

会社のホームページやブログのコンテンツと同様に、LinkedInに投稿するコンテンツを考えましょう。会社の概要やアップデートの投稿文、そして個人プロフィールに追加するビジネスの紹介文などは、統一感のあるものにし、最適化する必要があります。ここで重要な二つのポイントは、得意とする事柄を強調するキーワードを使用することと、あなたがその分野のプロだとアピールできる内容を簡潔に書くことです。

 

9. 他のメンバーと積極的に交流:

ビジネスに関する話題が多く飛び交うといっても、LinkedInもソーシャルネットワークの一つです。ここで成功するためには、他のユーザーと交流する必要があります。LinkedInの良いところは、関心のある会社で働いている人や、繋がりたい人との人脈をみることができ、自分が関わりたい人々にターゲットを絞って交流することが可能な点です。あなたのつながり(人脈)を閲覧し、どんな人達とのつながりがあるのかを確認してみましょう。ビジネスに繋がる貴重なキーパーソンを見つけられるかもしれません。

LinkedInをビジネスに活用するための10のポイント

10. 常に情報収集を忘れずに:

その他のマーケティング媒体同様、真剣にLinkedInを理解し、自分にとって一番の利用方法は何かを真剣に探ることで、上手く利用できる手段が見つかるはずです。大衆向けのネットワークではないので、なんとなくLinkedInを使い始める人が多いように思いますが、このソーシャルメディアで結果を出したいなら、他のソーシャルメディア戦略に、LinkedInの活用法も組み込んで、実践する必要があるでしょう。まずは、LinkedInの最新ニュースを定期的にチェックし、主な機能や使い方を理解し、他のユーザーや会社ページのプロフィールから、LinkedInの上手な使い方を学びましょう。


今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

Wixブログを購読 \  

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい