• 0k
  • 0
マーケティング \ 2014年3月22日

あなたのビジネスにはどれが最適?主要ソーシャルメディアを徹底比較!

ソーシャルメディアは、オンラインマーケティング戦略の中でもパワフルなプラットフォームと考えられています。ビジネスに関心のある顧客と直接コミュニケーションが可能で、これまでのマーケティング手法に比べ、少ない費用で始めることができます。

しかし、ソーシャルアカウントの運営と改善に要する業務は意外と多く、次々と登場するソーシャルネットワーク全てに時間を費やしていては、逆効果を招いてしまいかねません。

時間と労力を浅く広く分散させる前に、各ソーシャルメディアのメリットとデメリットを理解し、あなたに最適なネットワークを選びましょう。代表的なソーシャルメディアを比較した今回の記事は、あなたのビジネスにとって最適なソーシャルメディアを選ぶ手助けとなるはずです。

ソーシャルメディア徹底比較

Facebook(フェイスブック)

基本情報

こちらは、もはや説明する必要もありません。Facebookは、世界中の人々をつなげ、コンテンツを共有することができるソーシャルネットワークの代表格です。Facebookを利用している企業は、ファンに対して最新ニュースやキャンペーン等を発信したり、オンラインコンテストを開催したりすることができます。また、厳選したターゲットユーザーに対して、Facebook上で表示される広告キャンペーンを作成することもできます。

Facebookは、ユーザー同士が交流することを目的に設計されました。「いいね」や「シェア」ボタンは、Facebook上だけでなく、世界中のウェブサイト上で、一日に220億回以上もユーザーの目に触れられているんです!

利用者はだれ?

Facebookの月間アクティブユーザー数は、12億2800万人!そのうちの9億4500万人は、モバイル機器から世界一のソーシャルネットワークにアクセスすると言います。インターネットに費やす時間のうちの15.8%がFacebookを閲覧しているというなかで、他のソーシャルネットワークに比べてよりアクティブなユーザーが多いのは事実でしょう。

使い始めるには?

まずは、企業・ブランド用にFacebookページを作成しましょう。個人プロフィールでビジネスの宣伝をする行為は、あまり好印象でない上に、マーケティングプラットフォームとして活用するには機能的にも十分ではありません。

素敵なFacebookページが完成したら、ターゲットとするFacebookユーザーに最適な投稿スケジュールを立てる必要があります。一日に何回投稿すべきか?エンゲージメントを高める時間帯はあるか?写真を投稿するのと、文章だけの投稿では、どちらの反応が良いか?フォーマルな口調と、フレンドリーな口調では、どちらが最適か?これらの質問の答えを熟考することが、Facebook上で成功を収める鍵となります。

Facebookの活用法については、以下の記事もご参照ください。

ソーシャルメディア徹底比較:WixのFacebookページ日本語

Twitter(ツイッター)

基本情報

Twitterにおいて、最も特徴的なのが、140文字という文字制限でしょう。ここに投稿されるアップデートは、簡潔なものが多いです。画像やビデオなどを投稿できるオプションもありますが、外部サイトへのリンクを含む文章を中心とした投稿がいまだに主要です。

幅広いオーディエンスに対して、あなたのメッセージを発信したいなら、Twitterが最適かもしれません。このインフォグラフィックによると、Facebookを含むその他のソーシャルネットワークを上回り、回答者の約49%がTwitter上で企業とコミュニケーションをとりたいと回答しています。

利用者はだれ?

Twitterは、月間アクティブユーザー2億4100万人のアクティブユーザーを抱え、一日に5億件ものツイートが誕生しています。Twitterユーザーの76%が、モバイル端末からアクセスしており、いつでもどこでも利用できる、タイムリーなコミュニケーションをするネットワークと言えるでしょう。

使い始めるには?

まずは、Twitterで利用されるハッシュタグやリツイート、@ツイートなど、特有の用語や使い方を学びましょう。これらはTwitterでエンゲージメントを高めるために役立つ用語ですので、知っていて損はありません。

また、覚えておきたい大事なポイントは、一つのツイートの寿命は非常に短い点です。つまり、ツイートの可視性を高めるためにも、頻繁に投稿をツイートする必要があります。

そして、ビジネスがTwitterを利用する上で、最も価値のある機能の一つは、ビジネスに関するキーワードを検索して、人々がどんな会話をしているのかを分析することができる点です。競合他社とユーザーがどんなやり取りをしているのかを調べることで、自社のツイートを向上する手がかりを掴むこともできます。Twitter管理ツールなどを利用して、関連する検索キーワードを理解することが重要です。

Twitterの活用法については、以下の記事もご参照ください。

ソーシャルメディア徹底比較:WixのTwitterページ

Google+(グーグルプラス

基本情報

検索エンジンの代表格であるGoogleは、最近、そのソーシャルネットワーク機能Googleプラスに非常に力を入れ、Facebookに対抗しています。Googleプラスが始まったばかりのころは、Facebookに押されぎみでしたが、最近またユーザー数が増え始めているGoogleプラス。そのパワーを過小評価すると危険かもしれません。

Googleの影響は、ビジネスに直接関わってきます。Googleプラスで人々と繋がることで、検索結果にも影響があるので、これはGoogleプラスを活用する大きなメリットになります。

利用者はだれ?

Googleプラスは、5.5億人近くの月間アクティブユーザーが存在します。統計結果によると、男性のユーザーが多く、職業別で利用者が多いのは、学生、IT系、ブロガーや写真家などクリエイティブな職業が多いようです。

使い始めるには?

Facebookと同じく、Googleプラスも個人と企業のアカウントを区別しています。企業として利用するなら、企業ページを作成しましょう。Googleがソーシャルネットワークが関与するので、当然、検索エンジン最適化(SEO)の観点から、アップロードするコンテンツを考えることが必要です。自分の投稿やプロフィールの概要は、関連する検索キーワードを含む文章を用いる必要があります。

また、Googleプラス・コミュニティも活発に利用されていますので、ビジネスに関連のあるアクティブなコミュニティを見つけ、賢くコミュニティ内のメンバーと会話をしましょう。Googleプラスコミュニティを運営する上で、最も大切なことは、メンバーに価値を提供することが運営の軸になる、という大原則を理解することです。自社製品やサービスを売り込んだり、スパム的に情報を発信する行為は、ソーシャルメディアでは全く効果がありません。

ちなみに、WixのGoogleプラスコミュニティでは、皆さまのWixサイトをレビューしております。ホームページが完成された方は、ぜひサイトをご紹介ください!

ソーシャルメディア徹底比較:Wix JapanのGoogleプラスページ

LinkedIn(リンクトイン)

基本情報

LinkedInはソーシャルネットワークの中でも、プロフェッショナルなビジネスパーソンを中心に利用されており、良い人材やビジネスパートナーを見つけるのによく利用されています。しかし、様々な業種において、人脈を広げ、ネットワーキングを行う場としても利用されています。

小売業など、LinkedInの活用があまり向いていない業界もありますが、テクノロジーサービスや、フリーランサー、コンサルティング会社、クリエイターなどは、LinkedInを利用することで多くの恩恵を得ることができます。

利用者はだれ?

LinkedInは、プロフェッショナルなビジネスパーソンを主要ターゲットとしているため、ユーザーの年齢層は比較的高い傾向にあります。ニッチなネットワークにしては、多くのユーザーを抱え(2億8000万人!)、そのうちの75%は、一週間のうち4時間以下、LinkedInを閲覧しています。

使い始めるには?

LinkedInの使い方は、その目的によって大きく二つに分けられます。フリーランサーとしてあなた個人を宣伝したいのか(この場合、あなたの職歴などを上手く表現したパワフルな個人プロフィールの作成に力を入れましょう)、または企業として自社ブランドを宣伝したいのか(この場合は、企業ページを作成しましょう)。

LinkedInを使って効果的なマーケティングを行うためのガイドもご覧下さい。

Wix.comのLinkedInページ

Pinterest(ピンタレスト)

基本情報

昨年11月に遂に日本語版が登場したPinterest。画像コンテンツを共有し、それをさらに多くの人に共有してもらうことに焦点をあてたこのソーシャルメディアは、インスピレーションとアイディアが満載のネットワークです。素敵なアートや、美味しそうでつい挑戦したくなるレシピ、そしてDIYプロジェクトなど、Pinterestはユーザーに、美しいコンテンツを広げる場として利用されています。

多くの企業が、Pinterestの視覚的な機能を利用して、製品やサービスを宣伝しています。他のソーシャルメディアと比較しても、Pinterestはeコマースショッピングを促進し、オンラインビジネスにとって非常に大きな価値をもたらしてくれるでしょう。

利用者はだれ?

Pinterestは、7000万人のユーザーを抱え、その対部分を女性が占めています。アメリカでは、約3分の1の女性がPinterestを利用しているというデータも出ています。

もう一つ、Pinterestに関する興味深い豆知識として、モバイル機器で利用している人口がパソコンのそれよりも3倍となっていることです。

使い始めるには?

Pinterestは画像があなたのメッセージを全て伝えてくれると言っても過言ではありません。つまり、Pinterestで成功するためには、美しい画像をピンボード(Pinterestの中でのフォトアルバムのようなもの)に頻繁に投稿する必要があります。写真、イラスト、グラフィックデザインなど、ハッとするほど美しい、魅力的な視覚的コンテンツの作成に力をいれましょう。

ソーシャルメディア徹底比較:WixのPinterestページ

Instagram(インスタグラム)

基本情報

Instagramは、他のソーシャルメディアよりも顕著に、世代を代表するアプリとして知られるようになりました。このモバイルベースのソーシャルメディアは、スマートフォン利用者が、撮った写真を簡単に友達同士で共有することができます。日常生活の一部を、フィルターを使って写真加工することで、より美しく表現できるのが、Instagramの魅力ではないでしょうか。

Instagramを利用している企業は、オリジナリティー溢れる、クリエイティブな写真を投稿することで、ユーザーの注目を得ることができます。こちらでいくつか企業の活用例をご紹介しています。

利用者はだれ?

Instagramは現在、1億5000万人のユーザーを抱え、そのうち70%は毎日このアプリを利用し、利用者は若い世代が中心で、90%以上を35歳以下のユーザーが占めています。

InstagramがFacebookに買収されたことで、Instagram上のコンテンツの可視性は大きく高まり、企業にとっても非常に魅力的なソーシャルネットワークとなっています。

使い始めるには?

定期的に美しい画像を投稿できるようにしましょう。Instagramに投稿できるような魅力的な写真コンテンツは十分ありますか?まずは、クリエイティビティを発揮して、コンテンツを考えることから始めましょう。

Instagramというオンラインコミュニティをより良く理解するためにも、人気の高いハッシュタグをチェックしてみましょう。ハッシュタグを利用することで、投稿がより多くの人の目に触れ、フォロワーを獲得しやすくなります。WixのInstagramページや他の企業の写真をチェックして、使われているハッシュタグを参考にしてみてください。

また、以下の記事もあわせてご参照ください。

ソーシャルメディア徹底比較:WixのInstagramページ


今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい