Loading...
  • 0k
  • 0
トレンド \ 2014年2月27日

ソーシャルメディアを利用して理想の仕事に就くための入門ガイド

就職活動や転職活動をしたことがある方なら、自分のスキルや経験、理想の給与に合ったポジションを見つけることが、そう簡単ではないことを知っているでしょう。そんな時は、まず「自分は正しい場所を見ているのか?」を自問する必要があります。特に、景気が思わしくない経済状況の中で、職を探すのであれば、自分のクリエイティビティを振り絞り、従来の求職活動とは違うやり方で就職活動に挑む必要があるかもしれません。

今の時代、幸いにも就職へのチャンスを大きく広げてくれる可能性を秘めたソーシャルメディアが普及しています。FacebookやTwitter、LinkedInなどで、ソーシャルメディアを活用することで、希望の就職先がよりスムーズに見つかることも夢ではありません。さあ、ソーシャルメディアを上手く使って仕事を見つけるコツを学びましょう。

ソーシャルメディアを介して仕事を見つけよう

 

ステップ1:自分のソーシャルフィードを見直そう

就職活動用に改めて、新しくソーシャルメディアのプロフィールを作る必要はありません。しかし、履歴書にプラスになるように、既存のプロフィールの微調整は必要です。ここでは、そのために役立つガイドラインをいくつかご紹介します。

  • 希望する業界についての投稿をしよう。仕事や業界に関する出来事について投稿し、関心の強さや知識をアピールできるプロフィールを作りましょう。オンライン上での交流を盛り上げるためにも、話題のニュース記事やブログをチェックし、自分のプロフィールに、そのリンクと自分の意見を加えて投稿しましょう。
  • コンテンツを整理しよう。まだまだ信じられない人も多いかもしれませんが、人事担当者の中には候補者の人物像を把握するために、ソーシャルメディアのプロフィールを確認する場合もあります。良い印象を与えたいのなら、一般の人もしくは将来の上司に見られて恥ずかしいような写真、動画、文章は削除しましょう。
  • 会話に加わろう。ソーシャルネットワークには、あなたと同じ興味・関心を持つ、又は仕事をしている経験豊富なプロや業界の有名人がたくさん存在します。希望の分野でアクティブなソーシャルメディアユーザーを見つけ、彼らとそのフォロワーたちと繋がる方法を探しましょう。会話に加わる時は、敬意と誠意は示すのを忘れずに。自分のプロフィールに、見知らぬ人が宣伝目的で、ずかずかと入り込んでくることを好ましく思う人はいません。
  • 求職中であることを発信しよう。ソーシャルメディアで自分が求職中であることを投稿し、仕事への熱意を伝えましょう。無関係な仕事を紹介されるのを避けるためにも、興味を持っている職種やポジションなどを掲載しておきましょう。ポジティブで好感度が持てる文章で投稿しましょう。

 

ステップ2:積極的に仕事を検索しよう

FacebookやTwitterには、仕事を探している人に役立つページやグループ、個人アカウントが多数存在します。まずは、そこから求めている情報を探し出し、フォローすることから始めましょう。この作業は、長い時間と手間を要しますが、以下ではその時間短縮に役立つポイントをご紹介します。

  • Googleで検索しよう。FacebookやTwitterのソーシャルメディア上の検索ツールのみに頼るよりも、Googleの検索エンジンで「Facebook エンジニア 仕事」 、または「IT 仕事 Twitter 」 などのキーワードを入力してみましょう。面白い発見があるかもしれません。
  • 採用担当者や人材派遣会社をフォローする。ソーシャルアカウントで採用専用のページを開設している企業や人材派遣会社が増えています。募集中の仕事を紹介したり、就職活動に役立つ情報を発信している担当者が多いので、興味のある企業や業界の採用アカウントをフォローして、アップデート情報を確認しましょう。

Twitter公式採用アカウント

  • ソーシャル対応の履歴書を準備しよう。履歴書をアップロードしたり、いっそのこと、オンラインの履歴書を作成し、志望している会社や人材会社のソーシャルページなどでやり取りをする際に、オンライン履歴書のリンクを送ってもいいでしょう(これは従来の正式な応募方法に代わるものではなく、そのプロセスの補足として使うべきです)。

 

ステップ3:LinkedInを始めよう

LinkedInは、主に採用担当者と求職者の両方が、お互いをビジネス目的で結びつける目的で使用されている点で、他のソーシャルメディアとは少し異なります。特に米国では、LinkedInを活用して、希望の仕事に就いたという事例が多くあります。このソーシャルメディア上では、プロフェッショナルで、採用担当者の印象に残るプロフィールを作ることが重要です。以下、そのための簡単な手順とポイントをご紹介します。

  • キーワードを使おう。自分のLinkedInのプロフィールを作成する前に、あなたの分野で活躍している専門家のプロフィールを見て、どのような用語やキーワードを使うべきか、または避けるべきか見極めましょう。
  • 読みやすい文章にしよう。長すぎない文章で、詳しく説明しましょう。短く、簡潔な文章でスキルやこれまでの職歴を説明します。必要な情報が全てきちんと含まれているか確認しましょう。採用担当者は、あなたがその職に適任かどうか知りたいだけで、あなたの人生の物語を読みたいわけではありません。
  • 推薦状を依頼しよう。LinkedInでは、過去に一緒に働いていた同僚や上司とつながり、彼らにあなたのスキルを推薦してもらったり、推薦文を書いてもらうことができます。履歴書では知ることができない、新しい観点を加えることができるので、この機能は非常に重要です。素晴らしい推薦文を数行でコメントしてくれる上司などに依頼するのが理想的です。
  • 人とつながろう。LinkedInでは、他のユーザーとの繋がりを促す機能があることに注目してください。将来の上司や同僚が、あなたの人脈を見て、その業界の共通の友人や知り合いがいることを知れば、親近感が沸くだけでなく、共通の話題で盛り上がれることまちがいなし。スパム扱いになたないようにしながら、価値のある人脈を築いていくのには、多少時間がかかりますが、やるべき価値があるでしょう。
  • 充実したコンテンツを追加しよう。LinkedIn上では、あなたの素晴らしい職歴を載せられるだけでなく、出版した本、資格、賞、成績などといった項目を追加することができます。アピールすべきものがあれば、ぜひ追加しましょう。これらの項目は、プロフィールの編集画面の右側にある追加メニューから編集できます。

まずは手始めにWixのLinkedInページでどんな使い方をしているか参考にしてみてください。

WixのLinkedInページ


今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

Wixブログを購読 \  

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい