• 0k
  • 0
スモールビジネスのコツ \ 2013年11月14日

起業する際に避けるべき10つの行動

起業という道を選ぶのはそう簡単ではありません。想像も出来ないほどの努力と行動力、そして勇気が必要です。起業は、未知なる冒険のスタート地点といえるでしょう。その過程でミスは誰でも起こりうることですが、事業の基礎をしっかりと築いておくことで、万が一、ミスがあっても、より迅速に回復ができるでしょう。

重大な失敗から身を守るには、事前に準備と計画をきちんとしておくことが重要です。以下、ビジネスを失敗に導く恐れがある、避けるべき10つのことを紹介します:

ターゲット顧客について調査しない

あなたの見込み顧客について、できるだけ多くの情報を集めることで、より効果的なマーケティング活動が展開できます。どこに出かけて、どのメディアを好み、収入はどれくらいかなど、消費者としての習慣や行動について理解しておきましょう。

うわべだけの事業計画

確実で信頼できる計画なしにビジネスを始めるのは、妄想といっても過言ではありません。支出の見通し、マーケティングプラン、顧客や競合他社の分析、そして「どのように利益を生み出すか」という事業計画の中でも最も重要なプランなしには、ビジネスは成り立ちません。きちんとした調査やデータに基づいた計画がないと、継続的に事業を運営していくことは不可能です。

ビジネスプランを掲げるサラリーマン

友人や家族に借金

これは大抵、ビジネスを悲惨な結末へと導きます。素晴らしいアイディアと、きちんとした事業計画があれば、専門機関からローンや出資を受けることができるはず。大切な人間関係を危険にさらしたいですか?たとえ相手から申し出があったとしても、誘惑に負けず、賢く長期的な判断をしてください。

短期的な利益を期待

新規事業が黒字になるまでに、大抵2年かかるといわれています。事業を始めたばかりの頃は、収入より支出のほうが多くなる傾向にあるため、この時期を乗り切るのに十分な資本金があることを確認しましょう。こうすることで、起業したての苦しい時期を乗り切ることができるだけでなく、モチベーションの低下を防ぐ役割もあります。

万札が4枚並んでいる

顧客視点に立てていない

今日の経済は人を中心に動いています。顧客の問題解決と彼らが最も関心のある部分に、利益が存在するものです。顧客の生活に欠かせない“価値”を提供することで、顧客ロイヤリティを保ち、あなたのサービスを喜んで他人に勧めてくれる人が増えてくるでしょう。

テストを軽視する

事業を成長させるために、何が効果的かを測るたった一つの方法は、計画・テスト・結果分析することです。そしてこの過程を、管理しやすい方法で、まずは小さなグループに対して行いましょう。大切な資金を、ランダムな広告やマスマーケティングに費やす前に、まずさまざまな戦略を試験的にテストし、そのフィードバックを基にして、意思決定を行いましょう。

データを分析するビジネスマン

自身の法律上&会計上の知識に頼る

あなたが企業法と会計に関して長年の経験を持っていない限り、事業の存続に関わる重要な部分を、自身の判断のみに任せるべきではありません。専門家が存在するのには、理由があるのです。

口約束を信用してしまう

友好的なビジネスリレーションシップを築くことは良いことです。しかし、金銭が関わってくる場合は、自身を守るためにも、契約書を交わすことを徹底しましょう。契約書はただ単に形式ばったものではありません。契約書に判を押す場合は、内容を全て理解した上でそれに同意したことを確認してください。

契約書に署名する二人

一人で全業務をこなそうとする

新規事業においては、多くのことに注意を払う必要があります。小規模な事業を計画していても、パートタイムであれ、援助が必要だということに気が付くでしょう。あなた自身が事業アイディアの拡大や重要な取引に集中できるよう、あなたのニーズに合った優秀な人を探しましょう。

ビジネスのために家族や友人との関係を犠牲に

起業家の中には、24時間ビジネスのことを考えてしまい、ついつい家族や親しい友人との関係を重荷と感じてしまう方も多いはず。しかし、大変なときこそ、大切な人からのサポートは必要です。健康的な私生活を維持することは、あなたの幸せにとっても重要です。そうでなければ、結果的に、私生活が仕事にまで影響を与えることになりかねません。

半分に割れたハート型のチョコレート


今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい