• 0k
  • 0
ウェブデザイン \ 2013年7月19日

ホームページ作成の5つの失敗例

「誰でも簡単にホームページを作成できる」のは事実です。Wixを使えば、Webデザインやプログラミングの知識がなくても、Wixにログインして容易にオリジナルホームページを作成できます。

しかし、ホームページ作成がまったくの初めての場合、ルールに従ってホームページ作成を行うのが得策でしょう。最初からWebデザインについて知っている人はいませんので、ご心配なく!初めてのホームページ作りに役立つヒントや裏ワザを、Wixがお伝えします。

早速ですが、今回はホームページ作成でよくある失敗例を5つご紹介します。

ホームページ作成でよくある5つの失敗例

分かりにくいナビゲーション

 

サイト訪問者が必要な情報をホームページ上で見つけられないのは、サイトのナビゲーションに問題があります。リンクが見つけづらい、ボタンが見にくい、または不自然なところにボタンが配置されている、などが例に挙げられます。

各ページ間のつながりや、コンテンツ間のナビゲーションは、論理的で直感的に操作できるよう、配置されている必要があります。必要な情報に、なるべく少ないクリック数でたどり着けるよう心がけてホームページを作りましょう。そして、全てのページになるべく簡単にアクセスできるような設計にしましょう。

ホームページのナビゲーションメニューが変な位置に配置されている

ホームページに情報が多すぎる

 

「ホーム」はサイト訪問者が一番最初に見るページです。ここでサイトの第一印象をガツンと残し、確実に次のページへ読み進めてもらえるようにしましょう。ホームページに情報を詰め込みすぎて、何を伝えたいのか明確でない場合、せっかく来てくれたサイト訪問者を逃してしまうことになります。

最近のWebデザインのトレンドとしては、「Less Is More(より少ないほど、より豊か)」という傾向があります。コンテンツを多く掲載してもよいのですが、それらをできるだけシンプルに、そして分かりやすく掲載することが大切です。テキストを多用しすぎずに、もし複数の画像を使いたい場合は、スライドギャラリーを活用して、画像を一つずつ表示することをおすすめします。

ホームページに情報が多すぎると訪問者の直帰率が上がってしまう

行動喚起フレーズがない

 

行動喚起フレーズ(Call-to-Action)とは、サイト訪問者に問合せや購入などをしてもらうために、その行動を促すフレーズです。たいていはボタンやリンクが用いられます。もちろん、サイトの目的によって、行動喚起フレーズは多種多様です。サイト訪問者に何を期待するのか(購入、ダウンロード、登録、購読、閲覧、他人とシェア、フォローなど)、サイトの目的は何なのかを明確にしましょう。そして行動喚起フレーズを目立つようにはっきりと配置しましょう。

オンラインコンテンツにおいて、ユーモアや機知に富んだ表現は効果的ですが、行動喚起フレーズの場合は、できるだけシンプルで直接的な表現を使うことをおすすめします。訪問者に期待する行動をスムーズに促すことが第一目的、ということを忘れないでください。

ホームページで行動喚起フレーズ Call To Action ボタンがないと顧客を逃してしまう可能性があります

コンテンツが古い

 

ホームページは作ったものの、公開したときのまま放置していませんか? ビジネスが今もきちんと続いており、オンラインでもアクティブに活動していることを訪問者に知らせましょう! サイト訪問者は、ウェブサイトから問合せをしたらきちんと返事が来るのか、すぐに対応してくれるのかを知りたがっています。もしあなたのサイトに古いコンテンツしか載っていなければ、訪問者はウェブサイトから問い合わせるのを諦めてしまうでしょう。

またウェブサイトのコンテンツを定期的に更新することは、検索エンジンのランキングにも影響を与えます。コンテンツがより新しいほど、より頻繁にGoogleにインデックスされます。たとえあなたのホームページが、オンライン版の名刺の役割でしかなくても、最低限、コピーライト(Copyright)の年号だけでも毎年更新するように心がけましょう。

ホームページのコンテンツが古いとビジネスの印象も悪くなります

校正なしで公開

 

Wixを使えば誰でも簡単にホームページが作成できるのは事実ですが、その分、慎重にスペルミスや文字揃え、リンク先など、見落としがちな細かい箇所を公開前にチェックするのは非常に重要です。全てのページをまずは自分で細部までチェックするのはもちろん、他人にも一度確認してをもらいコメントをもらいましょう。

こうすることで、入力ミスの問題だけではなく、ホームページを初めて見る人の新鮮な目線でしか気が付かない、レイアウトやコンテンツについての貴重なフィードバックが得られるでしょう。ホームページの公開前には、ぜひ一度友達や家族の手を借りてみてはいかがでしょうか。

ホームページを公開する前には必ず誰かに誤字脱字など細部まで校正してもらいましょう

今すぐ Wixブログ を
無料購読しよう!

Wixブログを購読しよう 役立つ情報をいち早くゲット!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email

Wixブログを購読 \ 

WebデザインやWix新機能についての
最新情報を無料でお届けします!

正しいメールアドレスを
入力して下さい

正しいメールアドレスを
入力して下さい Email already exists

正しいメールアドレスを
入力して下さい Invalid email